« ペテロの葬列 宮部みゆき | Main | エクスペンダブルズ3 »

『フューリー』

こちらの映画を見ることができました。
『フューリー』FURY

201411_p

メディア 映画
上映時間 135分
製作国 イギリス
公開情報 劇場公開(KADOKAWA)
初公開年月 2014/11/28

監督デヴィッド・エアー
演: ブラッド・ピット/ ドン・コリアー(ウォーダディー)
シャイア・ラブーフ/ ボイド・スワン(バイブル)
ローガン・ラーマン/ ノーマン・エリソン(新兵)
マイケル・ペーニャ/ トリニ・ガルシア(ゴルド)
ジョン・バーンサル/ グレイディ・トラビス(クーンアス)
ジェイソン・アイザックス/ ワゴナー大尉
スコット・イーストウッド/ マイルス軍曹

1945年4月。ドイツ軍が文字通りの総力戦で
最後の徹底抗戦を繰り広げていたヨーロッパ戦線。
戦況を優位に進める連合軍も、ドイツ軍の捨身の
反転攻勢に苦しめられていた。

そんな中、勇敢な3人の部下とともにシャーマン戦車
“フューリー号”を駆る歴戦の猛者ウォーダディーのもとに、
戦闘経験ゼロの新兵ノーマンが配属されてくる。

ろくに訓練も受けていないノーマンは、戦場の
極限状況にただただ圧倒されるばかり。
ウォーダディーはひよっこノーマンを手荒く
叱咤しながら、フューリーで敵陣深くへと進軍していく。

***********************************************
身も蓋もない作品なんですよね。
歴史物なので、史実は変えられないし、
あったことをなかったことにもできない。

それだけに、ブラッド・ピットがどう演じるのか、
興味がすごくありました。
戦争というものについて、戦うということについて、
当時と今の違いについて・・・。

変わらないんですよね。
人の命を奪う、と言うことについて、彼らも悩み、
そして病んでいく・・・。
見ていて辛くなります。

作中、新人に敵兵を殺させるシーンがあるんです。
必死に命乞いをする敵兵に拳銃を向け・・・
うん、辛いです。

ドイツ軍の侵攻を止める為、交差地に向かう彼ら。
ところが、ドイツ軍最強の戦車のせいで、味方の
戦車が一輛、また一輛と失われていく・・・。
最期の一輛となった「フューリー」と乗組員らは
決断を迫られる・・・。

途中でふと、「なぜこの話がわかったんだろう?」と
疑問に思いました。
状況から見ると「全員皆殺し」の展開な訳です。
ってか絶対、ね。
数百人のドイツ兵にたった一輛の戦車と5人の
乗組員で立ち向かう。それは無謀と言います(;^^)。

↑の謎は最期まで見れば分かるんですが、
どちらの立場に立ったとしても悲しい話です。

昨日の朝のNewsでKENJI GOTO氏の映像が流れました。
悲しいことですね。
いつになったら、戦争というもの、争いというものが
この世からなくなるんでしょうかね。
人の性(さが)と言ってしまえばそれまでですが。。。

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« ペテロの葬列 宮部みゆき | Main | エクスペンダブルズ3 »

映画2014」カテゴリの記事

Comments

これだけいろんな事が変わって来ている世の中で、なぜ何千年も前からやっている事を今でもやっているのか・・・?と疑問に思ってしまいます。
戦争なくなってほしいです。

Posted by: mahalobunny | February 02, 2015 at 06:31 PM

本当に戦争なくなって欲しいです。
そして、武器も全てなくなって欲しいです。

Posted by: nanamama | February 02, 2015 at 10:13 AM

戦争なくなってほしいですが、
無理なんでしょうね。

Posted by: オサムシ | February 02, 2015 at 06:47 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/61070455

Listed below are links to weblogs that reference 『フューリー』:

« ペテロの葬列 宮部みゆき | Main | エクスペンダブルズ3 »