« January 2015 | Main | March 2015 »

19 posts from February 2015

水族館ガール 木宮承太郎

イルカは哺乳類。空気呼吸。
つまり、浮いていられなくなれば・・・。

水族館ガール 木宮承太郎

読了です。

市役所に勤めて3年、突然水族館「アクアパーク」への
出向を命じられた由香。
イルカ課に配属になるが、そこには人間との
コミュニケーションは苦手な男・梶とイタズラ好きの
バンドウイルカがいた。

数々の失敗や挫折を繰り返しながらも、へこたれず、
動物たちと格闘する 女子飼育員の姿を描く
笑いと感動の青春お仕事ノベル。
「アクアリウムにようこそ」改題

*******************************

お仕事系小説もここまで来るか、って感じです。
過去、色々なお仕事系小説を読みました。
書店員・編集者・出版社営業・バスガイド・・・
美術館の学芸員なんてのもありましたっけね。

でも水族館、ってのは初めてだわ~。
それだけに面白そう、と手に取りました。
書店で見た時に気にはなってたんですよね~。
それが図書館に普通に並んでて・・・

まぁ読んで納得でしたけど(;^^)。

お仕事系小説にありがちな「若い女の子」
つっけんどんな男先輩・・・
書き分けられる筆力がないのなら、
仕事か、恋愛か、人生か・・・頼む絞ってくれ・・・

面白い本とそうでない本の違いはなにか?
このお仕事系小説に限って言うと、
「調べたことをただ書くだけではダメ」だと思う。
そして「何をクライマックスに持っていくか」かと。

今回のクライマックスでは「ライブ(ショー)」ですが
なんかね~、理屈こね回して、って感じなんですよね。
冒頭の文章は思わずググッと来ましたが、かなり
前半で出てきちゃうんですよね。

その涙をどうしてくれるの??って感じでした。
う~ん、不完全燃焼だわ・・・。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

旅屋おかえり 原田マハ

ほんと旅って不思議ですよね。
出かけてみると、いろんな発見がある。
新しい出会いがある。
出かけてみなくちゃ、何が起こるか分からない。
だから、とにかく出かけてみませんか。
心の洗濯、ひと休み。
それでは皆さんご一緒に。旅に出ようよ、明日から。
いいことあるよ、大丈夫!

「旅屋おかえり  原田マハ」

読了です。

あなたの旅、代行します!売れない崖っぷち
アラサータレント“おかえり”こと丘えりか。
スポンサーの名前を間違えて連呼したことが原因で
テレビの旅番組を打ち切られた彼女が始めたのは、
人の代わりに旅をする仕事だった―。

満開の桜を求めて秋田県角館へ、
依頼人の姪を探して愛媛県内子町へ。
おかえりは行く先々で出会った人々を笑顔に変えていく・・・
**********************************

図書館の文庫本棚に並んでいた本。
原田マハさんは「楽園のカンバス」や「カフーを待ちわびて」
の2作品を読んでいます。

発想が面白い、んですよね。
で最期まで大体私の希望に沿って進んでくれるので
ゆっくり読んでいきたい、と思う作家さんです。

今の日本のTV,旅番組か医療番組、ドラマなら刑事ものに
医療もの、とかなり偏った編成が多く、
いつ観ても同じような内容だな、と思いすぐ忘れていく・・
このTV番組もポカやって打ち切りになるんですが、
そこからの転換がすごい!

思わず泣きました~。
まさかの「旅屋」と言う職業。
成り立つのか??という疑問は誰しも持つはず。
が、意外と需要はあるものなんですね。

歳とっちゃって、旅に出られないから代わりに、
なんて頼まれちゃったら断れないし。

色々大変だけど、自分が本当に好きなことを
続けていく、これが結局一番良い事なのかなぁ。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

往復書簡 湊かなえ

卒業文集:十年後
宿題:二十年後
補習:十五年後
連絡網:一年後

往復書簡 湊かなえ

読了です。

過去の「事件」の真相が、手紙のやりとりで明かされる。
感動と驚きに満ちた、書簡形式の連作ミステリ

十年後の卒業文集:放送部・顔のケガ・結婚式
二十年後の宿題:夫・6人・優しさ
十五年後の補習:国際ボランティア・火事・二十日
一年後の連絡網:国際ボランティア・巻き爪・エビグラタン

***********************************

さ、相性がイマイチ、と思いつつ、
作品を量産されており、映像化もされているだけに、
図書館で見かける機会も多くつい手にとっちゃいます。

こちらは「二十年後の宿題」が吉永小百合さん主演で
映画化されましたね。
映画は見てないんですが、原作を読みました。
短編だったとは思わなかったけど(;^^)

過去の事件が現在明らかになる、と言う筋立ては
「忘れ物が届きます 大崎梢」と同じような感じですが、
こちらは「手紙」と言う形式を取っています。
だから、「白雪姫殺人事件」のオーソドックス版って
感じかな。

手紙って書かれます??
私はとんとご無沙汰ですね~。
会社の電話伝言メモは良く書きますけど(;^^)、
会社の業務依頼メモは良く書きますけど(;^^)
年賀状がせいぜい、ですかね。

そういえば昔は文通コーナーとか雑誌にあったけど
今はどうなんですか?あるんですかね??
恋愛の告白や仕事の依頼をLINEでする昨今、
手紙なんてのんびり&ゆったりはまどろっこしいのでは?

2015年、世界は、日本は信じられない位のスピードで
動いています。
速くなる事が悪い訳ではないけれど、
(遠距離でも移動が苦にならなくなったり)
余裕がないな、って思います。

皆さん、うまく世の中泳げてますか??


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (5) | TrackBack (0)

思いやりの心 江戸しぐさ 池田葉子

して気持ち良い、
されて気持ち良い、
見て気持ち良い、
いきで素敵なしぐさ 江戸しぐさ

「思いやりの心 江戸しぐさ 池田葉子」

読了です。

傘かしげ、会釈のまなざし、あいづちしぐさ、
三脱の教え、お心肥し、朝飯前、うかつ謝り、
頭越しのしぐさ、もったい大事、ねぎらいしぐさ…
江戸しぐさは、マナーの原点。

*********************************

昨日の「キッパリ!」と同様、
どうも心の栄養剤を求めている毎日、です(;^^)。

こちらは一時、TVCM(JT)で取り上げられてたので
ご覧になったことのある方もいるのかな、と。
「こぶし一つ浮かせ」なんてのは粋だなぁ、と思います。

今使っている電車はJRの武蔵野線なんですが、
今まで使っていた京葉線に比べ、車両が古い(;^^)。

どう違うか、と言うと京葉線の車両シートでは、
1席ずつ、凹みがついているんですよね~。
つまり「ワイドに座ろう」とすると気持ち悪い・・・。
ところが武蔵野線は「ワイドに座れちゃう」の。

おかげで7人定員のところ、座り方で6人とか5人で
満杯、かのような印象になっちゃいます。
まぁ、そこに「グリグリ」って感じで坐る方も
おりますが・・・。

そういえば、この間、帰りの電車に乗ったら、
微妙な匂いが・・・。ん?と思ったら
カップラーメンをズルズルと食べている女子高校生
発見!しかも2人!!並んで座って!!

以前、味噌汁を飲んでた学生に遭遇しましたが、
それ以上の衝撃でしたっ。
急ブレーキとか不測の事態を考えると、
決して好ましい行為とは言えないよなぁ、と
思うんですが、どうでしょ??


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

キッパリ! 上大岡トメ

脚に力を入れろ!
起き上がり、立ち上がり!
天高くコブシを突き上げよう!

だらだら地獄を抜け出すコツ、教えます、の
「キッパリ! たった5分間で自分を変える方法」
上大岡トメ

読了です。

今すぐできてかんたん、お気楽、
たいした覚悟もいらない、大金もかからない、
5分間で自分を変える60個の方法。

***********************************

冒頭のコレ↑。
毎週月曜日はコレ、やりたくなります(^o^)。
最近は寒いし、布団から出るのも厳しい。
家をでるとものの数分で鼻が出ます(;^^)。

気合!と思うものの、どうも入らない~、な
毎日を送っております。
まぁこの歳になってくると、色々出てきますのぉ。

方法は60個程。

◇脱いだ靴はそろえる

◇今日出したものは今日中にしまう

◇人と比べない

◇一日10回「ありがとう」と言う

◇自分の気持ちをコトバで伝える努力をする

簡単な事ばかりなんですが、
継続するのが結構たいへんだと思います。

心に余裕がなかったり、気づかなかったり、と
つい見逃し&見過ごしてしまう事も多く、
これができれば、そりゃキッパリするよなぁ、って。

ある意味「心の断捨離」。
部屋が散らかっていると心に余裕がなくなる、
部屋を整理することで、「心が整う」って感じと
似ているのかも。

ふぅ、世知辛い世の中、毎日ですが、
少しでも心に余裕を持つよう心がけたいです。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

おしかくさま 谷川直子

ウツ病で拒食症で不眠症の私。
ウツと診断されたから私はウツであることを
全身全霊で取り組んでいたわけで。

メソメソ泣いたり髪振り乱してモノを壊す、
いつまでも眠れない、
目的地手前の見知らぬ駅で電車から飛び降りたり、
道端にしゃがみこんで雨に濡れたまま何時間でも
うつむいている、など
狂気に満ちた行動はもはやとれなくなってきて、
病気の治癒は言ってみればある種の能力の喪失で
あって、例えそれがいかにネガティブな行動でも
できたことができなくなるという事に激しく焦ったりする・・・

どんな話やねん??の「おしかくさま 谷川直子」

読了です。

バツイチ子供なしの49歳・ミナミ。
先行き不安な彼女が見つけた希望とは!?

***********************************
図書館に並んでおり、何か勘違いをして
借りてみました(;^^)。
読んだことある作家さん??と思ってたんですが、
「初」だったようです。

「おしかくさん」とは「お金の神様」なんです。
白無地の紙をお札を同じ位のサイズに切った御札。
これを持ってパチンコしたら勝った~、みたいな。

お金というものに対し、正攻法で調べる父、
おしかくさまに感化されて、父を「使い」と思い込む
老齢の女性たち。
うつ病のミナミに彼女を見守る母と妹・・・。

お金、ってなんなんでしょうかね~。
古代のような魚や肉、と言った価値がある訳じゃなし、
価値のあるものの代替品にしてはもて遊ばれている
気がするんですけどね・・・。

文中に、やたら寄付について話が出てきます。
3.11の震災の後を書いているせいか、
「寄付を幾らにするか」でひたすら悩む登場人物たち。
芸能人は億の桁で寄付をするが、自分らは一般人。
5000円じゃ少ない・ケチと思われるかも、
1万円じゃ自分の生活が苦しい、
いやそもそも、一回だけの寄付でいい気分になる事が
気恥ずかしい・・・と。

う~ん、なんか支離滅裂なような、山がありそうで、
不発だったり・・・。
全然関連はないのに、何故か「嘘ばっかり!嘘ばっかり!
ウォータープルーフ嘘ばっかり!」の「スタッキング可能
が浮かび上がって来ましたわ~。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Continue reading "おしかくさま 谷川直子"

| | Comments (7) | TrackBack (0)

『ホビット 決戦の行方』

「指輪物語」の前日譚を描いたこちら
「ホビット」シリーズの最終作
『ホビット 決戦の行方』観てきました。

201412_a

THE HOBBIT: THE BATTLE OF THE FIVE ARMIES
メディア 映画
上映時間 144分
製作国 アメリカ/ニュージーランド
公開情報 劇場公開(ワーナー)
初公開年月 2014/12/13

魔法使いのガンダルフ、ホビット族のビルボとともに
過酷な旅を続けてきたトーリン率いる勇敢なドワーフ一行。
やがてエルフ族や“湖の町”の住人の協力で、
ついに恐るべき竜スマウグに奪われた王国と財宝の
奪還に成功する。

しかしエルフと湖の町の人々が協力への当然の
見返りとして財宝の分配を要求すると、トーリンは
これを頑なに拒否してしまう。
三者の対立が激しくなる中、衝突を回避しようと
行動に出るビルボだったが…。

***************************************
前回から間が空いちゃったのと、最近記憶の衰えが
激しいのとで、真剣になれなかったわぁ(^o^)。

それでも、さすが壮大な物語。
そのスケールの大きさと映像のすごさに気づくと
夢中になって144分があっという間、でした。

指輪がどうなっているのか?ビルボがどうなるのか?
など最初に「指輪物語」を見ていたせいで、
「まぁそうだろうなぁ」と安心してたせいもあるかも。

私はどちらかと言うと「指輪物語」の方が好きかなぁ。
シリーズ1の黒の騎士、とかホントワクワクしたもの。
「マイ プレシャス」と存在感がすごいゴラムもいる一方、
カッコいいメンズもたくさん出てきたし(^o^)。

今回はホビットとドワーフ、でしょ?
顔のアップは「うん、カッコいい」と思ってたのに
引きの映像になった途端、現実に戻る、って言うの?
(;^^)(;^^)(;^^)(;^^)(;^^)
そう思わせる効果的な映像はすごいけどね。

迫力ある映像は大画面で、と言いたいですが、
私の感想からすると、レンタルでも良し、って感じ?

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (5) | TrackBack (0)

明日の子供たち 有川浩

諦める前に、踏み出せ。
思い込みの壁を打ち砕け!!

明日の子供たち  有川浩

読了です。

児童養護施設に転職した元営業マンの
三田村慎平はやる気は人一倍ある新任職員。

愛想はないが涙もろい三年目の和泉和恵や、
理論派の熱血ベテラン猪俣吉行、
“問題のない子供"谷村奏子、
大人より大人びている17歳の平田久志・・・
想いがつらなり響く時、昨日と違う明日が待っている!

********************************************

有川さんの新刊です。
「キャロリング」ってのも出ているんですが、
こっちの方が順番待ちが短かったので、先に予約。

自分の住む市の図書館は5冊までしか予約できず、
いつもフルに予約本を登録してしまっています。

水曜22時のドラマ、「明日、☓☓がいない」、
見てた方います?
私は最初から食指が動かず見ていなかったのですが、
第1回放送からかなり荒れてしまいましたね。

こちらの本の中でも「↑」の事(だと思う)が
「多大なる勘違い」、と取り上げられていました。

問題のない子、奏子は
「施設に来たから、勉強ができる、食事の支度を
しなくてもご飯が食べられる、洋服も買えるし、
遊んだりできる」と言います。

大人びている子、久志は
「施設に来たから、今でも生きていられる」
と言います。

決して可哀想な子供ではない、と。

人それぞれ違う人生があり、生き方がある。
人それぞれ思う事があり、価値観がある。
他人がそのことを理解せず軽々しく口にする
「かわいそう」という言葉について、
今一度考えなおす必要があるのかもしれません。

相変わらず、の「有川節」炸裂!ですが、
期待は裏切りません。いい作品でした♪

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

ランチパスポート 千葉版

こんな本が出版されたので思わず購入。
ランチパスポート 千葉版


千葉市中央区のお店を掲載したグルメ本であると
同時に通常は700円以上で提供されているランチが
なんと540円で食べられるパスポートなんです。

3、4回使用すれば本代の元が取れます。
利用期間3ヵ月間(2015年2月2日(月)~4月30日(木)まで)
**************************************************

西千葉・千葉・蘇我 と言うかなりストライクな
行動範囲のお店、72件が紹介されています。
一番高くて\1,280のランチが540円になります。

飲食店も各種ジャンルから参加しており、中には
「ベーグル4個 800円が540円」なんてお店とか、
「ドーナツ2つにドリンク1杯で700~770円が540円」とか、
1人ランチが苦手な人でも、結構使い手があるのでは?
って感じです。

毎週末、英会話教室に通って早☓年。
レッスン時間より、その後のランチが楽しみだったりもする
今日この頃。
今、生徒さんは私を入れて3人。男性と女性ですが、
男性の生徒さんはレッスンが終わると家族サービスなので
女性の生徒とか、彼女が休みなら私独りでランチになります。

いくつかのお店をグルグル廻る、のが最近は多く、
新しいお店の開拓などあまりしてないんですよね。
でもこれ持って挑戦してみようかな?
残念なのは、土曜日ランチで使えるお店が少ない事。

この「ランチパスポート」本、全国50箇所以上で発刊されてます。
皆さんのお住まいの地域のはありますか??
ランチパスポート一覧

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2015年のバレンタインデー

はい、1年経ちました(;^^)。
この1年は色々な事がありましたので、
早くもあり、遅くもあり・・・。大変な1年でした。

バレンタインデーだから、とか義理だとか、
そういうことを考えなくても「誰かに何かもらう」
って嬉しくないですか?
大したものではなくても、誰かが自分の為に
☓☓してくれた、ってのは。

今回も会社や知人へと買い揃えました。

Dscn5218

今回は
 左:代官山シェ・リュイの「ミニョンショコラ」
 右:帝国ホテルの「ショコラアンサンブル」ですっ。

左は英会話のクラスで先生と生徒さんへ、
右は会社の自部署の人に。

いつもだと同じ価格帯のものを数種類買い求めるんですが、
今回は同じのにしちゃった・・・(;^^)。
2013年は私1人で8人に、
2014年は女性2人で5人分、
2015年は私1人で3人に。

う~ん、いかに人が減ったかが分かります(;^^)。
まぁ今の部署が人が少ない、と言うのもありますが。

そして最期に、今年もつい買ってしまいました♪
ゴディバのシンプルな「ゴールドアソート」と、


同じくゴディバの「フォンダンショコラ」


「限定」と言う言葉に弱いのは相変わらずです(;^^)。
そうそう、友人から「友チョコ」頂きました。

Dscn5224

「ベルメアール」さんの
左:マンディアン ブラン
右:パレショコラ ビーフジャーキー  です。

チョコにビーフジャーキー??(;^^)
考案する方も買う方も、眼の付け方違いますね~。
チョコ食べてホコっとした気分を味わいたいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

蓮丈那智フィールドファイルⅠ~Ⅳ 北森鴻

もう彼の新作は読めないんだよなぁ、と思って
できるだけ読むのを後回しにしていたんですが、
「なぜか新刊が出る」とのNewsを聞き、
「それじゃ読まないと」と手を出しましたっ!

蓮丈那智フィールドファイルシリーズ 北森鴻


Ⅰ.凶笑面 蓮丈那智フィールドファイル
鬼封会/凶笑面/不帰屋/双死神/邪宗仏

Ⅱ.触神仏 蓮丈那智フィールドファイルII
秘供養/大黒闇/死満瓊/触身仏/御蔭講

Ⅲ.写楽・考 蓮丈那智フィールドファイルⅢ
憑代忌/湖底祀/棄神祭/写楽・考

Ⅳ.邪馬台 蓮丈那智フィールドファイルIV
長編

*********************************

これが前々回の記事(ST伝説シリーズ)
語った「民俗学」ですっ。
最近ではないかなぁ?昔から伝わる話、とか
この地方で言い伝えられてきたもの、とか。

一般的な「桃太郎」「浦島太郎」「卑弥呼」など
それくらいしか触れる機会はない、かな??
しかも最近じゃ「結末」が違うらしいね(;^^)。

鬼は退治しちゃいけんらしいよ~(▼∀▼)ニヤリ
懲らしめて心を入れ替えたら仲良くなって終わり、
ってのが普通らしい・・・
いやぁ怖い世の中ですね。

まぁグリム童話なども「大人バージョン」と
「子供バージョン」があるらしいからね。
でも大人になったら子供でもいない限り、
昔話、ってあまり読まないよね??

ただ実はこういう話には当時、語られなかった
&語り継ぐ事を許されなかった真実が
隠されていたりするらしい・・・。

ミステリーだねぇ、こういうの結構好き(^o^)。

こういう本を見ると、道端の道祖神とか
「祀られている大岩」とか、「入らずの森」とか
「ここで何かあったのかな??」といらぬ邪推を
ついしてしまいます♪(* ̄ー ̄)vうふ。

そして、「日本の成り立ちのウラには思いっきり
巨大な謎がある」のだ、とワクワクしちゃいます。
話はね、やや難しいし、気づくと気が遠くなって
落ちて(寝て)しまいますが(;^^)・・・。
日本と言う国を見直すきっかけになると思います。

「もののけ姫」にも、映画以上の謎が実は
隠れているはず、と言うのは言い過ぎかしら?

実は最期の「卑弥呼」では、共著となっています。
連載途中で中断してしまった北森鴻氏の遺稿を
パートナーである浅野女史が完成させたそうです。

ただ、やはり書き手が変わっただけあって、
違和感は免れませんでしたが、単行本未収録作品と
プロットだけ残っていた題材でシリーズ5、が
昨年末(2014年12月)に刊行されました!
これはまだ借りられてないんですが、ここまで来たら
楽しみですっ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

『映画版ST 赤と白の捜査ファイル』

原作本も紹介しちゃったし、こりゃ早く
映画を観に行かないと~、と行って来ました。

『映画版ST 赤と白の捜査ファイル』

201501_stp

メディア 映画
上映時間 109分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(東宝)
初公開年月 2015/01/10

囚人の脱獄事件を引き起こした天才ハッカー鏑木徹の
焼死体が発見され、容疑者として警視庁科学特捜班
STリーダー赤城左門が逮捕されてしまう。

リーダー不在のSTは解散を余儀なくされるが、
そこへ拘置所から赤城が脱走したとの知らせが。
そして皮肉にも、赤城を捕まえるためにSTが
再結成されることに。

2日後に異動を控えた“キャップ”こと百合根友久も
捜査に参加する。赤城の無実を信じる彼は、
やがて事件のカギを握るあるコンピュータ・ウィルスの
存在に辿り着くが…。

************************************
TVドラマの集大成を映画で、と言うのは良くあります。
これもそうですから、まぁ気楽に観てきました。
記憶も新しいですし、「あぁそう、この空気」って(^o^)。

口が悪い赤城左門(ってかSTメンバー全員口悪い;^^)、
でも心は熱い、のよね~。もう結構感動しちゃいました。
また、そんなリーダーについていこうとするメンバー。
彼らがその専門分野で活躍する様は爽快ですね~。

逃亡する赤城左門に対し、プロファイルで逃亡先を
推理しようとする青山(志田未来)。
得意の聴覚で、拳銃とモデルガンの違いを見抜く翠。
嗅覚で、人間関係を推理し秘密情報を得る黒崎に、
現場に落ちていた土から隠れ家を推理する山吹。

そんな彼らに振り回される百合根も今回はすごい!
彼のスゴイところは、驕らない(おごらない)ところ。
そして、ちゃんと学習するところ。
クライマックスでは、赤城並の推理を披露し、
更にその上を行くかのような活躍でしたっ。

この作品は細かい部分を話しちゃうと興ざめ。
細かい伏線があり、冒頭のこれがこうつながるのか、
ここのこれが最期に効いてくるのね~、とか
若干「あざといかな」と思う事もなくはないけど、
うん、面白かったです。

クスクス笑って、大口開けて笑って、ドキドキして、
涙ぐんだりして・・・。
まぁ映画館で、とは言いませんがレンタルでどうぞ。
あ、ドラマを見てからの方が良いですけどね(^o^)。

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

Continue reading "『映画版ST 赤と白の捜査ファイル』"

| | Comments (5) | TrackBack (0)

ST 警視庁科学特捜班 今野敏:伝説

初期シリーズ3作、色シリーズ5作、そして伝説シリーズ3作、です。
ST 為朝伝説殺人ファイル
ST 桃太郎伝説殺人ファイル 警視庁科学特捜班
ST 沖ノ島伝説殺人ファイル 警視庁科学特捜班



読了です。

***********************************************
**************

◇為朝伝説:伊豆大島、奄美大島のダイビング事故と為朝伝説
◇桃太郎伝説:”モモタロウ”の文字と五芒星
◇沖ノ島伝説:古代からの社、宗像大社の神域

この「伝説シリーズ」ならいつまででも続けられるだろ、と思ってたけど
まさか、の3作で終わり。
いや実際続いている、と思ってたんですよね(;^^)。
3作読んで「さぁ次は」とwikiを覗いてみると・・・出てない。

エピソード0(ゼロ)的な作品は出ているんですが、
1冊だけだし。。。

さて、「桃太郎」はTVドラマのクライマックスで設定が
使われていました。原作とは最期は微妙に違うけど。
でも、最近「日本の古代」関係の本を読んでいたので、
為朝しかり、桃太郎しかり、面白かったですよ。

日本に昔から伝わるお話・言い伝え・伝説・・・口伝によって
伝えられている為、微妙な部分は違うけど、どうやら
日本には色々民族がいたらしい・・・。

それらから大和朝廷ができるまで、の過程は今となっては
民俗学の見地から色々推察してみるしかないのですが、
「発想の妙」と言うのに興味を持ちました。

あ、話が飛んだ(;^^)。
でも、こちらの本はいずれもそちらに比重はおいてませんので
「分かりにくいのは・・・」と思われる方は適当に飛ばして
読んでみてください(^o^)。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

ST 警視庁科学特捜班 今野敏:色

先週末に紹介した「ST]。
色シリーズも読破したので、ご紹介。
青/赤/黄/緑/黒

読了です。

************************************************
青:心霊番組・TV・青山
赤:インフルエンザ・古巣・赤城
黄:新興宗教・座禅・山吹
緑:バイオリン・指揮者・翠
黒:ワンクリック詐欺・中国人・黒崎

これらは多分ほとんどドラマでやったかな?
今となってはドラマの細かい中身を覚えてない(;^^)・・・。

何かに特化した能力がある、ってのは良いですよね。
自分と言うものに自信がない人にとっては、
大きな心の拠り所になるのでは?と。

ただこのSTの皆。
その特殊能力に対し、良い事ばかりではない、と言う
思いが強いようです。
例えば「絶対聴力」。かすかな音さえ聞き分ける翠は
その能力ゆえに「ピアノの中の弦のこすれる音から
全て聞こえてしまう」そうな。

で、まぁ警察キャリア、というだけでチーフになっている、
百合根氏は自己嫌悪の塊になったり、STのメンバー
への憧れ(と少しやっかみ)がわかりやすく、
すごい人のそばにいると大変、ってのがひしひしと
伝わってきます。

「黄」の巻。これはドラマも覚えているんですが、
小説の方がずっと面白かったです。
座禅を組むと言うこと、仏教の教え・・・
山根氏が教えてくれる、百合根が気づいていく事が
すみずみまでしみとおるような感じでした。

今日からまた寒さが厳しくなるそうです。
皆様、風邪など召しませんように・・・。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

ST 警視庁科学特捜班 今野敏:初期

法医学担当 赤城左門
第一科学担当 黒崎勇治
文書鑑定担当 青山翔
物理担当 結城翠
第二科学担当 山吹才蔵

ST 警視庁科学特捜班 今野敏


読了です。

多様化する現代犯罪に対応するため新設された
警視庁科学特捜班、略称ST。
繰り返される猟奇事件、捜査陣は典型的な淫楽殺人と
断定したが、STの青山は一人これに異を唱える。
プロファイリングで浮かび上がった犯人像の矛盾、
追い詰められた犯罪者の取った行動とは・・・

**************************************************

TVドラマ、面白かったんですよね。
で、意外と昔の作品だっただけに、すぐ借りられました~。

wikiに「初期シリーズ」とある3作をまずご紹介。
と言ってもさすがに13年前の作品・・・う~ん(;^^)。
でも13年、って大したことないな、って最近思う年頃です。

ついついドラマのキャストで本を読んでしまい、
「そっかぁ、青山は原作では男性だったのか・・・」と
志田未来ちゃんと起用したドラマ制作者、あっぱれ!
って感じ(^o^)。

元々は2時間ドラマでやったんですよね。
それを見て「意外と面白いじゃん」と思ってたら
連続ドラマ化。で「原作あるんだ」と知った次第です。

こちらのSTは「初期シリーズ」として今回の3作品。
「色シリーズ」として5作品、「伝説シリーズ」として3冊
出ているそうです。

意外と簡単に読めちゃうので、続いて読んでみようかなぁ。
ドラマを読んでいれば「あ、これあの回だな」と気づくし。
映画化もされたんですよね~、まだ観に行けてないけど。 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (5) | TrackBack (0)

あまからカルテット 柚木麻子

軽く読めるので、最近手に取る事が多い柚木さん。
こちらはやはり、
Dscn5014

こちらで「おすすめ」されていたので、読んでみました。
「あまからカルテット」 柚木麻子

読了です。

仲良し四人組の探偵小説。
女子中学校からの仲良し4人組、ピアノ講師の咲子、
編集者の薫子、美容部員の満里子、
料理上手な由香子。
アラサーの現在も仲良し進行中。
恋愛の荒波も、仕事の浮き沈みも、四人の絆で
乗り越えてみせる。

*****************************************

冒頭でおいなりさん、おいしそうだなぁ~、と思い、
ピアノ講師咲子の恋愛にウキウキし、
料理上手な由香子の作る甘食(マドレーヌ?)に、
そういえばあった、あった、と楽しくなり、
美容部員の満里子の恋愛に立ちふさがる
ハイボールに喉がついゴクリ。
新婚となった編集者の薫子に届いた辛くないラー油。
そういえば、沖縄のラー油、ってブームなったよなぁ、と
思いつつ、おせち、をめぐるクライマックス!

なかなかのラインナップでした。
アラサーの仕事のつまづき、って大変ですね。
不景気でレッスン生が減り、それでも子供の保護者に
見られたらいけないから、と遠くまで出張販売の
バイトをしたり・・・。

今、「問題のあるレストラン」、ってドラマをやってます。
(今夜10時から)
Photo

友人が「意外と面白い」と言うので、見てみたんですが、
「男尊女卑の会社」
「素っ裸になって謝らせる」
「新制服を20代・30代・40代の女性社員に着させる」
など、かなりとんがった表現になってたんですよね(;^^)

映像で見ちゃっているので、あまりにもあからさまで
デフォルメ(強調)しすぎな感があるんですけど・・・
誰かの実体験だったりするのかな??まさかね。

それよりは「小説」というオブラートに包んでいるせいか
こちらの方が「あるある!」と笑い飛ばしていけました。
面白かったですよぉ♪

色々大変な事は多いけど、もう少し、もう少しだけ
頑張ってみますかね、って気分にさせてくれる作品です。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

暗い越流 若竹七海

懐かしい、「若竹七海」さんの作品です。
若竹さんの本では「猫島シリーズ」が好きだけど、
それともう1つ「女探偵シリーズ」も好き。

葉村晶シリーズ
プレゼント(1996年5月 中央公論新社
依頼人は死んだ(2000年5月 文藝春秋
悪いうさぎ(2001年10月 文藝春秋

の3作を読んだのが「2012年」頃。
2015年になった今、3年も経ってたとは(;^^)。
元々1996~2001年の間の刊行ですので、
古いっちゃ古いんですがね。

ところが13年以上経過して、こちらの本に二編、
「葉村晶」作品が入っている、と言うこと。
読書メーターでもコアなファンが喜んでる&喜んでる。

暗い越流 若竹七海

読了です。

1.「蠅男(はえおとこ)」:葉村晶 尻もちは・・・
2.「暗い越流(えつりゅう)」:床上浸水に・・・
3.「幸せの家」 :ナチュラルな生活は・・・
4.「狂酔(きょうすい)」:救護院の炊き出しは・・
5.「道楽者の金庫」葉村晶:こけし収集は・・・

*************************************
旧作でもやたら現実的な葉村さん。
不思議なキャラクターですが、ぼやく一言が面白い。
女一人、色々お金を払って生活していかないと、って
バイトでも日雇いのような仕事でもなんでもこなす。
でもだからって、「古書店」で働かなくっても、ねぇ(;^^)
災難にも遭遇するし(;^^)。

昨今「イヤミス」などという言葉が流行っており、
後味の悪い、嫌な感じのミステリ、というジャンルが
できあがりつつあります。

若竹さんの作品は「コージー(居心地の良い)ミステリ」と
ちょっと毒をもった作品、の2つに分かれると思いますが、
「毒を持った」方がこの「イヤミス」に入るか、と言うと
そうではないんですよね~。

毒もあるし、後味も苦い。
でもこの苦さ、は嫌な感じではなくて、コーヒーを飲んで
「うん、苦い。でもおいしい」って思う感じなんですよね。
「イヤミス」は腐った牛乳を思いっきり呑んじゃったって
感じで・・・(;^^)なんて例えだ・・・。

私としては人間が持つ「毒」について書かれていても
「それも世の中よね」と思う人間ではありますが、
その毒が「なんか自分を染色してる?」と思うものは
No Thank you なんですよね。

さて、この「葉村晶」シリーズ、先述通り、13年ぶりの
復活、であった訳ですが、驚く事に、2014年中に
最新作がまた出たんですよね~。

さよならの手口(2014年11月 文春文庫)
「いきなり文庫」の一環らしいのですが、
これは嬉しい~(^o^)。
&こちらもコアなファンが騒いでおりますね。

刊行されてすぐに予約を入れたのですが、
手に入ったのは年明け。
さぁ、これから楽しんで読みます(^o^)。
そちらの記事はまた改めて・・・。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

エクスペンダブルズ3

今作は無理かなぁ、と思っていたけど、
何とか見ることができました。
」「」の両方を映画館で見てたので、
ちょっと悔しかったんですよね。

「エクスペンダブルズ3」THE EXPENDABLES 3

201410_expendables_3_poster

メディア 映画
上映時間 126分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ポニーキャニオン=松竹)
初公開年月 2014/11/01
出演:
シルヴェスター・スタローン/ バーニー・ロス
ジェイソン・ステイサム/ リー・クリスマス
アントニオ・バンデラス/ ガルゴ
ジェット・リー /イン・ヤン
ウェズリー・スナイプス/ ドク
ドルフ・ラングレン /ガンナー・ヤンセン
ケルシー・グラマー /ボナパルト
テリー・クルーズ /ヘイル・シーザー
ランディ・クートゥア /トール・ロード
ケラン・ラッツ /ロンダ・ラウジー ルナ
メル・ギブソン ストーンバンクス
ハリソン・フォード /ドラマー
アーノルド・シュワルツェネッガー /トレンチ

準備はいいか? 頂上決戦(ワールドシリーズ)。
CIAから下されたミッション:地球規模の捕獲作戦、始動!

***********************************
この映画は出てくるキャストを楽しむためにあります(^o^)。
↑かなり、知った名前があるのでは??
皆楽しんでいるのがすごい分かる~な映像となりました。

だから内容はどうでもいいじゃん♪
どうせドンパチ派手にやってハッピーエンドでおしまい、
なんだからね。ヾ(・・;)ォィォィ

今回も冒頭からクライマックスまですごいっす♪
爆走する列車からの人質救出作戦に、
埠頭でのコンテナを使っての銃撃戦。

ところが今回は「新旧対決シリーズ」ってな感じで、
ITを使いこなし、身のこなしも軽い(^o^)。
ロートルを鼻で笑いながらも&ロートルがからかっても
互いに協力しあい、強大な敵へ立ち向かう!

うん、面白かったっす♪

今回、音楽は「eminem」の「Berzerk」でしたっ。
これが良い感じ~。
思わず、i-pod touchくんに入れて聞いています。
気分が上がらない日はこれ聞いて気合入れて(=^ー゜)ノ

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

『フューリー』

こちらの映画を見ることができました。
『フューリー』FURY

201411_p

メディア 映画
上映時間 135分
製作国 イギリス
公開情報 劇場公開(KADOKAWA)
初公開年月 2014/11/28

監督デヴィッド・エアー
演: ブラッド・ピット/ ドン・コリアー(ウォーダディー)
シャイア・ラブーフ/ ボイド・スワン(バイブル)
ローガン・ラーマン/ ノーマン・エリソン(新兵)
マイケル・ペーニャ/ トリニ・ガルシア(ゴルド)
ジョン・バーンサル/ グレイディ・トラビス(クーンアス)
ジェイソン・アイザックス/ ワゴナー大尉
スコット・イーストウッド/ マイルス軍曹

1945年4月。ドイツ軍が文字通りの総力戦で
最後の徹底抗戦を繰り広げていたヨーロッパ戦線。
戦況を優位に進める連合軍も、ドイツ軍の捨身の
反転攻勢に苦しめられていた。

そんな中、勇敢な3人の部下とともにシャーマン戦車
“フューリー号”を駆る歴戦の猛者ウォーダディーのもとに、
戦闘経験ゼロの新兵ノーマンが配属されてくる。

ろくに訓練も受けていないノーマンは、戦場の
極限状況にただただ圧倒されるばかり。
ウォーダディーはひよっこノーマンを手荒く
叱咤しながら、フューリーで敵陣深くへと進軍していく。

***********************************************
身も蓋もない作品なんですよね。
歴史物なので、史実は変えられないし、
あったことをなかったことにもできない。

それだけに、ブラッド・ピットがどう演じるのか、
興味がすごくありました。
戦争というものについて、戦うということについて、
当時と今の違いについて・・・。

変わらないんですよね。
人の命を奪う、と言うことについて、彼らも悩み、
そして病んでいく・・・。
見ていて辛くなります。

作中、新人に敵兵を殺させるシーンがあるんです。
必死に命乞いをする敵兵に拳銃を向け・・・
うん、辛いです。

ドイツ軍の侵攻を止める為、交差地に向かう彼ら。
ところが、ドイツ軍最強の戦車のせいで、味方の
戦車が一輛、また一輛と失われていく・・・。
最期の一輛となった「フューリー」と乗組員らは
決断を迫られる・・・。

途中でふと、「なぜこの話がわかったんだろう?」と
疑問に思いました。
状況から見ると「全員皆殺し」の展開な訳です。
ってか絶対、ね。
数百人のドイツ兵にたった一輛の戦車と5人の
乗組員で立ち向かう。それは無謀と言います(;^^)。

↑の謎は最期まで見れば分かるんですが、
どちらの立場に立ったとしても悲しい話です。

昨日の朝のNewsでKENJI GOTO氏の映像が流れました。
悲しいことですね。
いつになったら、戦争というもの、争いというものが
この世からなくなるんでしょうかね。
人の性(さが)と言ってしまえばそれまでですが。。。

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« January 2015 | Main | March 2015 »