« 建築探偵桜井京介シリーズ2 篠田真由美 | Main | 千葉あるある 児島チューリップ »

流星ワゴン 重松清

悲しい夢、つらい夢、悪夢・・・いや違う「疲れる夢」だ・・・

流星ワゴン 重松清


読了です。

主人公の永田一雄の前に、止まった1台のワゴン車。
ワゴン車には橋本義明・健太親子が乗っており、
彼らはなぜか永田の抱えている問題をよく知っていた。

父の体調、自分のリストラ、妻の不貞、息子の
家庭内暴力・・。家庭&家族崩壊に「死にたい」と
漠然と考えていた永田に橋本は自分たちは死者だと
告げると、「たいせつな場所」へ連れて行った。

過去にさかのぼるたびに、永田はつまづいたきっかけを
知ることになり、苦しみながらも毅然と家族の問題解決に
体当たりしていく・・・

************************************************
昨日からドラマも始まりましたね~。

Photo

ドラマに先駆けて読んじゃいました(^o^)。
ドラマは日曜日の夜9時。「とんび」の枠なんですよね。
あれもボロボロと泣いたよなぁ~。懐かしい。

こちらはね。原作を読んだ限りではそこまで、じゃ
ないんだけど・・・;^^)。
初回2時間スペシャルだもんなぁ。
ゆっくり見たいと思います~。

なかなかすごい展開なんですよ(^o^)。
特に井川遥さん~。原作通り、なのかな??
その通り映像化しちゃったら、ビックリだわ。

どちらを先にするか、今回は「本」を先にしました♪
さて先週から一部の方にコメントが書き込めない状態です。
来週には解消すると思いますので不義理容赦下さい。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 建築探偵桜井京介シリーズ2 篠田真由美 | Main | 千葉あるある 児島チューリップ »

書籍☆☆」カテゴリの記事

Comments

重松清、って中学受験生の課題図書のように
入試に使われるんです。
なのにドラマでは中学受験否定?って我が家にはいがいでした。
井川遥さん、このあとどうなるのか気になっちゃいます。

Posted by: ジャランこ | January 19, 2015 at 11:44 PM

今クールも何もドラマ見てないです。
たまにNHKの「まっさん」見るくらいしか最近はドラマ見てないです。

Posted by: nanamama | January 19, 2015 at 10:19 PM

随分前に読んだのでストーリー忘れてしまいましたが・・・この作品でこの作者さん好きになったと思います。
ドラマ楽しみだわぁ〜♪

Posted by: mahalobunny | January 19, 2015 at 07:04 AM

そういや最近 夢見てないというか
記憶ないです。

Posted by: オサムシ | January 19, 2015 at 06:37 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/60845595

Listed below are links to weblogs that reference 流星ワゴン 重松清:

» 『流星ワゴン』 [観・読・聴・験 備忘録]
重松清 『流星ワゴン』(講談社文庫)、読了。 重松さんの代表作と言っても良いのではないでしょうか。 やっと本作を読みました。 思いのほか、重くて、現実を突きつけてくる作品でした。 もっとハートウォーミングな作品なのかと思ってました。 でも、苦しいだけではなく、いろいろ考えさせられた末に、 前向きになるように誘ってくれる作品だと思います。 死という事象をキーにして...... [Read More]

Tracked on January 19, 2015 at 11:47 PM

« 建築探偵桜井京介シリーズ2 篠田真由美 | Main | 千葉あるある 児島チューリップ »