« 渚にて 久世光彦 | Main | 忘れ物が届きます 大崎梢 »

花の鎖 湊かなえ

金曜夜のドラマ「Nのために」観てますか?
結構最初はドキドキo(@^◇^@)oワクワク、と観てた。
ただ最近ちょっと飽きてきた・・・(;^^)。

多分、今かつてない読書ブームに自分が襲われているせいか
「週1回、1時間」で遅々と進まない展開にイライラしてる
のかも。
特に本が原作のTVドラマ、って思っちゃうんですよね・・・。

本なら「最期まで読まないと眠れない!」とか、「今日はここで」
「止めたくないけど、読み終わっちゃうともったいないから残りは明日」
と自分でコントロールできるから。

「Nのために」はさすがに図書館では予約が多く、
「☓☓文庫、のキャンペーン冊子」で紹介されていたこちらを
借りて読んでみました。

花の鎖 湊かなえ

読了です。

毎年届く謎の花束。差出人のイニシャルは「K」。
元英語講師の梨花、結婚後、子供ができずに悩む美雪、
絵画講師の紗月。
3人の女性の人生に影を落とす謎の男「K」。
感動のミステリ。

たとえば、「花」 「雪」 「月」
「花」 「雪」 「月」について
「花」 「雪」 「月」、前夜
「花」 「雪」 「月」、動く
「花」 「雪」 「月」の願い
「花」 「雪」 「月」の決意

*****************************************
3人の女性の人生がどう関わってくるのか?
交わってくるのか?う~ん分かりづらい(;^^)。
謎がとけた瞬間、全てが分かってしまい、
そこで読むの止めようかと思っちゃいましたわ。

勿論謎がとけて「うん、スッキリ!」とは思った。
でもそれまでの入り組んだ複雑さがあまりにも
簡単にほどけてしまって、「え~、まだ最期まで
もうちょっとあるで?」と心配してしまった位。

今やっている「Nのために」もそうなんですよね。
複雑に複雑にしすぎて、わけが分からなくなって
謎解き部分には疲れきっているような気がします・・。

湊さんの作品とは相性が悪い、と常々思ってて
(友人は大絶賛するんですよね;^^)
で、それを『takoingは素直なんだよ』と言うんです)
どうしてずるしちゃいけないのかな?
ズルをそんな風に暴いちゃったら、誰もできなくなるじゃん、
と思っちゃうんですが・・・。

先般からちょこちょこ出している「商店街」ネタ。
商店街に住んでみたいなぁ、と言う想いがまた
強くなりましたわ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 渚にて 久世光彦 | Main | 忘れ物が届きます 大崎梢 »

書籍☆☆」カテゴリの記事

Comments

Nのドラマ観ています。
原作は、随分前に読んだんですが、TVを観て、こんなストーリーだったかなぁ〜!?と・・・。
もう一度読んでみたくなりました。
湊氏・・・私はなんとなく気持ち悪さを感じます。
でも、花の鎖もいずれ読んでみたいです。

Posted by: mahalobunny | December 07, 2014 at 12:02 AM

相性が悪いとはどういうことなのか、そのうち読んでみたいです(^~^)

Posted by: セイレーン | December 06, 2014 at 08:41 PM

最近中国のドラマにはまってしまい日本のドラマ見てません。
中国のドラマは今まで見たことがなく色々な意味で新鮮ではまっちゃってます。

ベトナムの陶磁器少しだけ買ってきましたよ。
ちょっと前の記事に購入したものの画像貼り付けてます。

Posted by: nanamama | December 05, 2014 at 10:00 PM

ドラマ 本当見なくなりました。

Posted by: オサムシ | December 05, 2014 at 06:52 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/60504722

Listed below are links to weblogs that reference 花の鎖 湊かなえ:

« 渚にて 久世光彦 | Main | 忘れ物が届きます 大崎梢 »