« 25年と2ヶ月前って・・・何してました?(;^^) | Main | 家守 歌野晶午 »

いっぺんさん 朱川湊人

願いは必ず叶う。ただし、いっぺんだけなあ――
の、「いっぺんさん  朱川湊人」

読了です。

一度だけ何でも願いを叶えてくれるという神様を
探しに友人と山に向かった少年は、本当に神様を
見つけることができるのか、そして、その後友人に
起きた悲しい出来事に対してとった少年の行動とは……

驚きと感動の傑作「いっぺんさん」はじめ、
少年と鳥使いの老人、ヤマガラのチュンスケとの
交流を描く「小さなふしぎ」、田舎に帰った作家が
海岸で出会った女の因縁話「磯幽霊」など、
ノスタルジーと恐怖が融和した朱川ワールド傑作集。

*************************************

最近知った作家さんですが、テイストの古さ加減というのか
雰囲気が昭和チックなところが好きで、少しずつ
読んでいます。
シリーズ物よりノンシリーズものの方が多いようで、
手にとった本を借りたり、とやっています。

こちらはちょっと昔の日本が舞台、って感じかな。
私と同年代の方には受け入れられやすいと思います。

一話目の「いっぺんさん」なんですが、もう感涙です。
分かっている展開、と言えるんですが、そこを読ませる、
そして泣かせる、ってのがにくいですね~。

いっぺんだけ願いを叶える・・・。
もちろん、願いがかけられるには条件があるんですが、
彼らが祈った願いとは・・・  うん、いい話でした。

そういえば今の子って自転車でどこまでも行ける!
と勘違いして出かけるとかないのかな??(;^^)。
以前知人(男)が、「自転車で千葉の海まで都内から行った」
と話していた事を聞き、ビックリしたんですよね。
千葉に近いとは言え、一応都内中央区在住の人間。
そこからチャリで海まで行くか?と思ったんですが・・・。

田舎の人間は車で移動する事が多く、自転車で
☓☓まで、とはそもそも考えないんですが、
街中の子は考えるのか~&やるのか~と。

そういや、先日の大学の同窓会。1個下の後輩で
「北海道までゲンチャリで、帰りは壊れて、途中から
ヒッチハイクで帰ってきた」ってのがいましたっけ(;^^)。

皆、冒険してますか??

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 25年と2ヶ月前って・・・何してました?(;^^) | Main | 家守 歌野晶午 »

書籍☆☆☆」カテゴリの記事

Comments

最近の子はあまり自転車乗らないかも。少なくてもnanagonは乗れるかどうかというレベルになっていると思います。

nanagonは歩いてどこまでいけるのかの方が気になるそうです。

Posted by: nanamama | December 17, 2014 at 09:19 PM

いっぺん 願いがかなうなら
何願うかな。いくつも願いがかなうと
いう願いはなしなんでしょうね。

Posted by: オサムシ | December 17, 2014 at 06:50 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/60653808

Listed below are links to weblogs that reference いっぺんさん 朱川湊人:

« 25年と2ヶ月前って・・・何してました?(;^^) | Main | 家守 歌野晶午 »