« 伏 贋作・里見八犬伝 桜庭一樹 | Main | 強運の持ち主 瀬尾まいこ »

南総里見八犬伝 平岩弓枝・佐田芳郎

昨日の本を読んだから、って訳じゃないですが、
千葉県の南にある「房総半島」。
そこを舞台にした「南総里見八犬伝」。
以前、映画にもなったんですよね。

1983年 薬師丸ひろ子主演で(^o^)。

南総里見八犬伝 平岩弓枝・佐田芳郎

読了です。

安房国。領主・里見義実の娘、伏姫は、
かつて義実によって処刑された悪女・玉梓(たまづさ)の
呪いによって、飼い犬の八房と夫婦になり
山の中で暮らすことになった。    

ある日、伏姫は仙童に「八房の子をはらんでいる」と
告げられ、身に覚えがないと思い詰めて自害。
そのとき、伏姫が持っていた数珠のうち
「仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌」の文字が浮き出た
8つの大玉が空高く飛び上がり、散り散りになり
遠く飛び去っていった・・・

***********************************

こちらは「省略版」でして。だって、原作は
全98巻、106冊の大作!なんですよね・・・(;^^)
30ねんかけて書き上げた作品、だけに
そう簡単には手が出せない。

で、こちらに手を出してみました(^O^)/。

映画もかなりコンパクトにまとめてあったけど
う~ん、もう忘れちゃったなぁ。30年以上前の話だし。

最近歴史物にもビビらずに手を出せるようになり、
さくっと読んでみることができるようになりました。
そうすると、意外とあの世界が今の自分にしっくりきて
「歳くったせい」だよな、と思いつつ(;^^)、
苦手なジャンルが減ったことに喜んでもいます。

考えてみれば若いアイドルが時代劇に出る、って
あの頃からあったんですね(;^^)。
最近は減りましたが、こういうので若い人にも
馴染んでもらうと良いのにね。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 伏 贋作・里見八犬伝 桜庭一樹 | Main | 強運の持ち主 瀬尾まいこ »

書籍☆☆」カテゴリの記事

Comments

千葉にそんな歴史があったとは知りませんでした(*^-^*)

Posted by: セイレーン | November 29, 2014 at 12:18 PM

「南総里見八犬伝」年がバレバレですが
NHKで辻村ジュサブローの人形劇みてました。
名作だったと思います。

Posted by: ジャランこ | November 28, 2014 at 10:16 PM

「里見城」は私の実家館山にあります
子供の頃はお城はなかったのですが
NHKの人形劇でブームになり建てられた新しいお城です
多分架空の城なのかも??

Posted by: もりぞ | November 28, 2014 at 10:13 PM

映画の原作になった鎌田なんちゃらさんの小説は読みました。
私史上に残る、トラウマ小説ですよ(^_^;)
まだ中学生だったので、エログロになれていなかった・・・
映画はその辺カットして作られてたようですが(^_^;)

Posted by: butaneko | November 28, 2014 at 07:59 PM

「南総里見八犬伝」、あまりの長さに断念してました。
これなら読めそうですね。

Posted by: nanamama | November 28, 2014 at 09:45 AM

原作はそんなに長いのですね。

Posted by: オサムシ | November 28, 2014 at 06:42 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/60504639

Listed below are links to weblogs that reference 南総里見八犬伝 平岩弓枝・佐田芳郎:

« 伏 贋作・里見八犬伝 桜庭一樹 | Main | 強運の持ち主 瀬尾まいこ »