« 白ゆき姫殺人事件 湊かなえ | Main | 『ふしぎな岬の物語』 »

『まほろ駅前狂騒曲』

まほろ駅前で便利屋やってます、な多田と、
押しかけの中学時代の同級生「行天」が奏でる

『まほろ駅前狂騒曲』

201410_3p

上映時間 124分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(東京テアトル=リトルモア)
初公開年月 2014/10/18
監督: 大森立嗣
出演: 瑛太(多田啓介) 松田龍平(行天春彦)

まほろ市で便利屋を営む多田啓介(瑛太)のところへ、
中学時代の同級生・行天春彦(松田龍平)が
転がり込んで3年目。

行天と凪子(本上まなみ)の娘はる(岩崎未来)を
預かって四苦八苦する中、まほろ市の裏組織の人間である
星(高良健吾)から、駅前で毎日のようにビラ配りをする
怪しい団体「家庭と健康食品協会」の調査を依頼される。

やがて、その協会は以前新興宗教団体だった事がわかり、
代表の小林(永瀬正敏)が行天の過去を知る人物だと
判明する。さらに調べを進める多田たちだが、
思わぬ形でバスジャック事件に巻き込まれていく。

**************************************
こちらも原作を読んだのは2014年の4月


まぁその頃は映画化、とは思ってなかったけど。
確かに映画にしないと尺足らないよなぁ(^o^)。

今回驚いたのが「永瀬正敏」氏!
201410_p

映画の役のせいかもしれないけど、劣化すごかったっす(;^^)。
子供の頃、新興宗教団体に両親と一緒に入信していて、
その形態と似た「自然野菜の会」を作り、配下を増やしていく。
その団体に行天もいた、って言うのが過去にありまして。

なんとなく不健康そうな感じにわざとしているんでしょうが、
一気に老け込んだような印象でした。

小説が長編なだけに、色々あるエピソードがちょろっとしか出てなくて
残念な感じではありますが、この雰囲気好きですね。
なんかまったりとして「人生そんなに急がなくてもいいんだよ」
って言われているような感じでね~。

小説も映画もなんかゆるゆるな感じ。
お好きな方はぜひどうぞ。

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 白ゆき姫殺人事件 湊かなえ | Main | 『ふしぎな岬の物語』 »

映画2014」カテゴリの記事

Comments

ゆるゆるな感じかぁ ゆるゆるな時にこの本を読むといいのかな

Posted by: セイレーン | November 26, 2014 at 10:40 PM

私は一年に一度テレビで見る人にびっくりする事がよくあります。太った〜!痩せた〜!老けた〜!って・・・。

ワイキキから離れればかなり金額は違いますよ。物によっては半額位の所もあります。
私は軍の中で買い物ができるので、アメリカ本土より安い物も沢山あります。住む所は確かに高いですが、私達は20年程前に購入したので、それほど影響はないですが、自分の物件を持っていないと家賃とかは辛いでしょうね。

Posted by: mahalobunny | November 25, 2014 at 10:49 PM

劣化・・・
自分がそうなのかな~って
思いたくないのですが
最近思ってしまうような出来事が頻発
そう思うことが劣化の証拠かな??

気持ちUPさせて頑張らないとダメですね~

Posted by: もりぞ | November 25, 2014 at 10:21 PM

最近、劣化にびっくりしたと言えば、
渡部篤郎かなぁ。
最初、だれかわからなかった(^_^;)
年取って、渋みが加わってかっこよくなる人と、
劣化する人と、差は何だろうなぁ(^_^;)

Posted by: butaneko | November 25, 2014 at 08:23 PM

本当に永瀬正敏さん、ふけましたね。
そして、ふくよかになりましたね。
かなり驚きです。

Posted by: nanamama | November 25, 2014 at 05:30 PM

昨日、ソウルから無事帰宅しました。
不在中訪問ありがとうございました☆

Posted by: オサムシ | November 25, 2014 at 06:49 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/60580980

Listed below are links to weblogs that reference 『まほろ駅前狂騒曲』:

« 白ゆき姫殺人事件 湊かなえ | Main | 『ふしぎな岬の物語』 »