« おひとりさまの老後 上野千鶴子 | Main | スリープ 乾くるみ »

ブードゥー・チャイルド 歌野晶午

「文春文庫 秋の100冊フェア」で紹介されていた
葉桜の季節~」で知った作家さん。
ちょっと興味をもったので、初期の作品を
探して読んでみました~。

「ブードゥー・チャイルド」 歌野晶午

読了です。

戦慄の殺人劇に天才少年探偵が挑む! 
ぼくには前世があるのです。チャーリー、
それがぼくの名前でした。
ある雨の晩、おなかをえぐられて、ぼくは死にました。

現世に蘇る前世でいちばん残酷な日。
戦慄の殺人劇の謎を描く新本格ミステリー

*************************************
トリック的なお話から始まっている方なんですね。
どうりで「葉桜の季節~」と同じ匂いがする訳だ。
&乾くるみ 氏と同じ臭いがする訳だ(;^^)。

15歳の少年が開いたサイト。
そこには彼が持つ「記憶」が記されている。
「前世の記憶」が・・・

結構ショッキングな書き出しで始まる物語。
ここに、父親、後妻、妹、父親の浮気相手と思われる
女性・・・らが絡みあい、後妻(義母)が殺される・・・

10月初旬に読んだんですけど、世の中は正に
ハロウィーン!う~ん、間違えたっす。
より一層怖く感じましたです、はい。

まぁ、「現地の言葉は覚えましょう」とか、色々
感想を書いている方もおりますが(;^^)、当時は
外国の方、って少なかったですよね。
私なんか、田舎の田舎育ち、ですから。
(ってか、未だに我が家の方は外国人に慣れてない)
それだけにお手伝いしましょうか?なんて気になれず
大変だったと同情はしますけどね・・・。

途中から、なんとなく先が読めて「まぁそっかな」と
いうのはご愛嬌。結構好きな作家さんかも。
こうやって新しい作家さんを開拓できるのは嬉しい。
読む本全部買ってる頃だったら絶対「対象外」の
作家さんですから(;^^)。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« おひとりさまの老後 上野千鶴子 | Main | スリープ 乾くるみ »

書籍☆☆」カテゴリの記事

Comments

ハロウィンにホラーというのも良いかもしれません。
でも映画は嫌かな(^^;

Posted by: セイレーン | November 22, 2014 at 10:37 PM

日本に帰省して、本屋さんに行く事はありますが、どーも購入する気になれず・・・。
読みたい本はいっぱいあるけれど、図書館で借りる!と決心して購入は見送っています。

Posted by: mahalobunny | November 21, 2014 at 10:05 PM

何となく金田一的なドロドロ感が感じれれて・・・
嫌いじゃないです
怖いホラーはダメなんですが
この手の話・・・ちょっと興味ありです

Posted by: もりぞ | November 21, 2014 at 12:57 PM

ここ1週間くらいnanagonが県図書館にはまってしまい毎日学校帰りに家と違う方向に行ってしまってます。
夜長になってきたので毎日のお迎えがnanamamaには億劫で・・・。

Posted by: nanamama | November 21, 2014 at 12:19 PM

歌野晶午 さんって知りませんでした。

Posted by: オサムシ | November 21, 2014 at 06:39 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/60474651

Listed below are links to weblogs that reference ブードゥー・チャイルド 歌野晶午:

« おひとりさまの老後 上野千鶴子 | Main | スリープ 乾くるみ »