« 『猿の惑星:新世紀ライジング』 | Main | セカンド・ラブ 乾くるみ »

肌色のポートレート 赤川次郎

杉原爽香〈41歳)の秋。
胃がん・肝臓がん・脳出血・脳溢血

肌色のポートレート 赤川次郎

読了です。

大規模な都市開発プロジェクトに携わる爽香は、
慣れない交渉に苦戦気味。
そんな折、関連企業の社員・小林京子が
二人組の男に誘拐される場面に遭遇し、
間一髪救出する。
そして彼女の口から語られた厄介な社内問題。

親族の死などの私生活に追われながらも、
思いとは裏腹に爽香は危険な騒動に巻き込まれていく…。
登場人物たちが年齢を重ねる大好評シリーズ第27弾!

***********************************************

はい、早いものでもう1年が経ちました。
(って、昨年は紹介してなかったわ(;^^)・・・)

41歳。不惑の年も過ぎてますが、彼女の場合、
もともとブレることがないからね~(^o^)。
話のわかる社長に、理解ある旦那、に囲まれて
良い人生送っているのぉ、とつくづく思います。

27年前、14歳だった頃から知っている彼女の成長は
微笑ましくもあり、うらやましくもあります。
27年間、かぁ。自分はどうなんだろう??と
思い返してみるんですが・・・あまり成長ないなぁ(;^^)。

先日、友人と話していて、私の場合、「結婚もしてないし、
子供がいる訳じゃない。子供の節目のお祝いがないから、
1年前も3年前も5年前もあまり変化がない」ということに
気付き、ちょっと愕然(;^^)。

いや思い返せば色々ありましたよ。
楽しいこと、嬉しい事、幸せなこと・・・。
辛いこと、悲しいこと、怒りたいこと・・・・
でもそれらが混沌としたカオスというスープに
全部入っていてグツグツ煮ているような感じ、です。

爽香も一見全てが順調なように見えますが、
そんなことはない。
喜怒哀楽全てがグツグツに煮込まれてる訳です。
ただ彼女はそれを人に見せないんですよね。

私はそこができてない、とこのシリーズは読むたびに
反省 ヾ(_ _。)ハンセイ… って思っちゃうんですよね。

気づけばシリーズ27作。今までで一番長いシリーズに
なったかも?
と思ったら「三毛猫ホームズシリーズ」は40作超えてた・・。
長くつきあえるシリーズは嬉しいですね。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 『猿の惑星:新世紀ライジング』 | Main | セカンド・ラブ 乾くるみ »

書籍☆☆」カテゴリの記事

Comments

最近、友達と会えば健康診断や病気の話題が多いnanamamaです。

Posted by: nanamama | October 29, 2014 at 12:00 AM

ごめんなさい。
本分よりもむしろ、オサムシさんの
バカボンのパパは41歳に衝撃を受けました(^_^;)!!

1月にワイハなんですね( ̄ー ̄)ニヤリッ
ちょこっと、画策してみます・・・

Posted by: butaneko | October 28, 2014 at 10:39 PM

もう読まれたのですね。親族の死ですか41歳は早いと思うけれど、子供の頃にお父さんが亡くなる人もいるので、そうは言っていられないか。爽香さんもこのところ大変ですね。

Posted by: セイレーン | October 28, 2014 at 05:41 PM

41歳 と いえば バカボンのパパ(笑)ですが、
自分がその年と超えるとは思ってもみなかったです。

Posted by: オサムシ | October 28, 2014 at 06:48 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/60374756

Listed below are links to weblogs that reference 肌色のポートレート 赤川次郎:

« 『猿の惑星:新世紀ライジング』 | Main | セカンド・ラブ 乾くるみ »