« 畝原浩一シリーズ 東直己 | Main | チョコレートTV 水野宗徳 »

榊原健三シリーズ 東直己

まぁここまで浸ったならこの際とことん浸ろう、と
東直己ワールド、にはまってみました(^o^)。

ヤクザの手先の殺し屋となって、人生を過ごしてきた
「榊原」シリーズ3作品
 ・フリージア(1995年8月)
 ・残光(2000年9月)
 ・疾走(2008年3月)

読了です。

引退後、山奥で暮らす彼のもとにかつての暴力団仲間が
現れた。髪型をかえて容貌が変わったが、多恵子の
姿が写っていた写真を持って。
その瞬間から、健三の闘いが始まった―。

榊原健三は、山を下りたある日、テレビに映った
かつての恋人・多恵子の姿を見た――。
事件に巻き込まれた多恵子の息子を救うべく、
健三は単身札幌へと向かう。だが、それだけでは澄まず・・・

かつて救った多恵子の息子である恵太。
〈低レベル廃棄物処理研究施設・えびす〉見学に現れると
知った健三は、胸騒ぎを覚える。
恵太をひと目見たい一心で施設に向った彼の前に、
想像を絶する惨劇が待ち構えていた・・・。
***************************************

以前も書きましたよね。シリーズ物好きだ、と。
好きな作家さんでまとめ読みするのも好きですが、
キャラと長くつきあえるシリーズものも好きです。

ただ、こちらは3作しか出てないんですけどね・・・(;^^)。

この榊原健三。凄腕なんですが、なんか人間くさい。
人を殺した後、熱を出してしまったり、
痛みとか苦しみを十分理解し味わった経験から、
「殺す時は苦しませず一気に」とやるわけだ(;^^)。

更に、一緒に足を洗った元恋人多恵子を守る為、
(でも別れているし、子供も自分の子じゃない)
東奔西走するわけです。
札幌はススキノのやくざがこぞって恐れをなすその様は
結構気分爽快になっちゃいます(あ~病んでるな;^^)

ただ、札幌を離れて久しいので、昔のつもりで
高いビルに登ったら、一番高くなくなってたり(;^^)、
ススキノ探偵シリーズの便利屋「おれ」、に
サポートを頼むはめになったり、と、ワールドの
遊び感もたっぷりなところがなんか微笑ましい。

殺し方がなかなか、なんで(;^^)、絶対お勧め!とは
言いませんが、東ワールド、に味をしめた方はぜひ♪

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 畝原浩一シリーズ 東直己 | Main | チョコレートTV 水野宗徳 »

書籍☆☆」カテゴリの記事

Comments

読んでみたいような見たくないような。
画像だとこの辺りは目をつむってとか出来るけど、本は出来ないのが残念。

Posted by: nanamama | October 02, 2014 at 09:25 PM

ほんとう とことんですね。

Posted by: オサムシ | October 02, 2014 at 06:50 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/60049188

Listed below are links to weblogs that reference 榊原健三シリーズ 東直己:

« 畝原浩一シリーズ 東直己 | Main | チョコレートTV 水野宗徳 »