« セカンド・ラブ 乾くるみ | Main | Happy Halloween! »

葉桜の季節に君を想うということ 歌野晶午

マジ、寒いっす・・・。
昨日、車に乗ってビックリ!5℃ですよ、5℃!
寒いの嫌い~!

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

こちらも「文春文庫 秋の100冊フェア」で紹介されていた
本。紹介文は
”あらゆる賞を総なめ!これが現代ミステリーのベスト1”

みんな桜が紅葉するって事を知らない。
春先の一時期だけもてはやして、花が散ると
知らんぷり。目に見えず見逃しているかもしれないが、
色が汚いとけなすならまだしも、紅葉している
事実さえも知らない、ってひどくないか?

葉桜の季節に君を想うということ 歌野晶午

読了です。

「何でもやってやろう屋」を自称する元私立探偵・
成瀬将虎は、同じフィットネスクラブに通う愛子から
悪質な霊感商法の調査を依頼された。
そんな折、自殺を図ろうとしているところを救った
麻宮さくらと運命の出会いを果たして―。

***********************************
第57回日本推理作家協会賞受賞(2004)
第4回本格ミステリ大賞受賞 (2004)
このミステリーがすごい! 2004年版第1位
本格ミステリベスト10 2004年版第1位
週刊文春 推理小説ベスト10 2003年度第2位

と、すいません、10年以上前の話(;^^)ですな。
知らない作家さんだから、手に取ることはなかった。
「なんか古臭い名前だなぁ」と思ってはいましたが・・

1998年にデビューされているんですね。
その頃は・・・学生だったからひいきの作家さんの本しか
買ってなかった頃ですね。

必ず二度・三度と読みたくなる究極の徹夜本!
と言うだけあって、仕掛けが良いらしい。
割りと厚みはあるんですが、読みやすく、
先が知りたくて、必死で読みましたわ~。

ただ、なんか違和感をずっと感じてました。
ってか、「つまんない??」とさえ思ってた(;^^)。
違和感の正体が分からないまま放置されてると・・
ストレスたまりますね、はい。

こういう本を読み過ぎたせいで、うがって見ているのか
それともこの方の書き方が、??なのか・・・
わかんないですけど、面白くなってきたのは半分以降。

それだけに謎が全て解けた時「ふふん、なるほどね」
( ̄。 ̄)ホーーォ。 って感じ。
ま、許してやるかぁ、とも(;^^)←何様?

嫌いじゃないですね~、この方の本。
最近のラノベ作家さんの本よりずっとしっかりしてるし
読み応えありますね。
彼の作品は「フェア」ではこれしか紹介されてないですが、
結構色々作品を出されているみたいなので、
他にも読んでみよっと♪

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« セカンド・ラブ 乾くるみ | Main | Happy Halloween! »

書籍☆☆☆」カテゴリの記事

Comments

本当に寒くなりましたね。
連休明けにはもっと寒くなるらしいです。

Posted by: nanamama | October 30, 2014 at 10:46 PM

本当 急に寒くなりましたね。

Posted by: オサムシ | October 30, 2014 at 07:01 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/60374817

Listed below are links to weblogs that reference 葉桜の季節に君を想うということ 歌野晶午:

» 『葉桜の季節に君を想うということ』 [観・読・聴・験 備忘録]
歌野晶午 『葉桜の季節に君を想うということ』(文春文庫)、読了。 「このミス」は、私には当たり外れが大きくて、 あんまり参考にならないということを、今回やっと得心しました。 たぶん、投票形式のため、ジャンルの裾野が広がり過ぎてしまうのが良くないのでしょう。 本作は、主人公をはじめとする登場人物たちの軽~い感じが 薄っぺらい印象に繋がって、最後まで物語に入れませんでした。 ...... [Read More]

Tracked on October 30, 2014 at 10:10 PM

« セカンド・ラブ 乾くるみ | Main | Happy Halloween! »