« 肌色のポートレート 赤川次郎 | Main | 葉桜の季節に君を想うということ 歌野晶午 »

セカンド・ラブ 乾くるみ

書店でこんなのが置いてあるの見ますか?

Dscn5014

☓☓文庫、のキャンペーン冊子です。
夏になると3大文庫がキャンペーンするので、
書店員さんには悪夢、のようですが(→書店員あるある)、
最近手にとって見ています。

知らない作家さんや作品があらすじ付で紹介されているので、
「おっ、こりゃ良い」ともらってきました。
で、借りたのがこちら。

**************

やっぱり「見えて」いるんだ。
ごめんね。ずっと嘘だと思ってた。

セカンド・ラブ 乾くるみ

読了です。

1983年元旦、僕は春香と出会う。
僕たちは幸せだった。
春香とそっくりな女・美奈子が現れるまでは。

良家の令嬢・春香と、パブで働く経験豊富な美奈子。
うりふたつだが性格や生い立ちが違う二人。
美奈子の正体は春香じゃないのか?
そして、ほんとに僕が好きなのはどっちなんだろう。

*************************************

その昔読んだ「イニシエーション・ラブ」。
そして「カラット探偵事務所」。
乾くるみ氏の作品は衝撃的です(^o^)。

「イニシエーション・ラブ」は2015年に映画化が
決定したそうで(なんでこれ、映像化するの?!気分)、

そりゃね、最初から「あっと驚く」とか色々
イメージは刷り込まれていたから疑ってましたよ?
「ここは・・・う~ん」とか「これは・・・う~ん」など
かなり、疑り深く読み進んでいきました。

でもまさか、ねぇ(▼∀▼)ニヤリッ
「イニシエーション・ラブ」と同じくらい、
もったいぶられて、衝撃でした、はい。

ん~、謎明かししたいんですけどね、
無理なんですよね。
文章は読みやすいし、軽く読めます。
でも軽く読み続けちゃうと「ヤベ」となって二度読みに
なりますので、そこだけ注意してお読みくださいな(^o^)。

ちなみに↑の「フェア冊子」には
”「イニシエーション・ラブ」ショック再び。
 さらなる衝撃を味わって下さい。”だって。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 肌色のポートレート 赤川次郎 | Main | 葉桜の季節に君を想うということ 歌野晶午 »

書籍☆☆」カテゴリの記事

Comments

最近読書から遠のいているnanamama、このまま年末に突入してしまいそうです。

Posted by: nanamama | October 30, 2014 at 12:05 AM

映画もストーリーが大切ですから これは面白いでしょうね
でも原作を超えられるかなあ(^-^;

Posted by: セイレーン | October 29, 2014 at 09:51 PM

お久しぶりです。乾くるみと聞いてコメです。くるみさんって男性なんだよね~。って話、前もしたっけ??
イニシエーションは映画化??誰が主演?これから検索だぁ!!

Posted by: kabu | October 29, 2014 at 03:08 PM

こちらも結局は読んでないです。

Posted by: オサムシ | October 29, 2014 at 12:05 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/60374774

Listed below are links to weblogs that reference セカンド・ラブ 乾くるみ:

« 肌色のポートレート 赤川次郎 | Main | 葉桜の季節に君を想うということ 歌野晶午 »