« 月がとっても赤いのに~。 | Main | 舞台 西加奈子 »

虚像の道化師 ガリレオ7 東野圭吾

>昨夜のヤツはまだ徘徊中なのです
いえ、それがね~。
事件が起きたのは水曜の明け方。水曜の夜、
さぁ寝ようかな、と布団を整えていたら・・・

掛け布団の間に挟まってました~ヮ(゚д゚)ォ!。
事件の後、それかぶって寝てたよ?
朝出勤時に干したよ? どこにいたん??

で、取り出したりまするは帰りに買ってきたコレ!

で、天誅~! 見事に凍るものですね(;^^)。
ちなみに、事件後40時間を経過した私の腕。

Dscn5043

かなり、広がってきております。やや固くなっており、
かゆみが結構ある。
ググると「1,2日経ってからの方がひどい」とかあり・・。

薬は「デルモベート軟膏」と言う父親が毛虫にやられた際、
処方したものをつけています。
副腎皮質ホルモン配合なので、たくさん使いたくはないけど。
後数日の辛抱、です。

***********************************************

探偵ガリレオ(1998年 文藝春秋)
予知夢(2000年 文藝春秋)
容疑者Xの献身(2005年 文藝春秋)
ガリレオの苦悩(2008年 文藝春秋)
聖女の救済(2008年 文藝春秋)
真夏の方程式(2011年 文藝春秋)
虚像の道化師 ガリレオ7(2012年 文藝春秋)
禁断の魔術 ガリレオ8(2012年 文藝春秋)

第7弾、の「虚像の道化師」

読了です。

「幻惑(まどわ)す」 新興宗教/念/
「心聴(きこえ)る」 刺される/幻聴/横恋慕
「偽装(よそお)う」 同期の結婚/大雨/ロッキングチェア
「演技(えんじ)る」 花火/小道具/演じる

****************************************

ドラマで先に見ちゃっているものが多いので、
「あ、これアレ、かぁ」と分かっちゃうのが多く、
それだけにさらっ、と読んでしまいました(;^^)。

最近、東野氏の作品、さらっ、が多くなったような。

重い本(重量じゃなくて内容ね;^^)が結構好きです。
東野氏の作品だと「さまよう刃」「白夜行」など。
読後感が良い訳ではなく、読んで気が晴れる訳じゃ
ないんですが、「お腹にずしっ」と来るような処が好き。

そういえば今度東野氏の古い著作、
「天空の蜂」が映画化するそうですね。

2015

この作品も重い話だった。
20年前の作品なのに、今読んでも面白い!
もう一回読みなおそうっと。

ガリレオは短編集なので、読み返すのも楽だけど、
「天空の蜂」は長編なので・・・。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 月がとっても赤いのに~。 | Main | 舞台 西加奈子 »

書籍☆☆☆」カテゴリの記事

Comments

たた大変だったんですね(^_^;)
ヤツ、見た目が気持ち悪いだけじゃなくて、
刺すんですか・・・知らなかった・・・

最近の東野作品って、テレビドラマ化見据えてるような、
軽い作品多いですね。
私は昔のヤツですが、悪意とか読み返してます。
結構忘れてる部分もあったりするので(^_^;)

Posted by: butaneko | October 12, 2014 at 11:10 AM

げげっ!!!凄い事になっていますね。
痛そう・・・>_<;
この作品読みたい!!でも未だこちらの図書館などでは見た事がありません。
もうちょっとの辛抱かなぁ〜。
天空の蜂も未読・・・。どこで巡り会えるのか・・・!?

Posted by: mahalobunny | October 11, 2014 at 05:55 AM

大丈夫ですか?下も読んでビックリしました。
「デルモベート軟膏」はダニに噛まれた時等にも使うみたいで、nanagonはアトピーで皮膚が弱いので蚊に刺されただけで腫れあがる為、蚊に刺されても使用するようにと処方されています。

お大事に!!

Posted by: nanamama | October 10, 2014 at 08:38 PM

大丈夫ですか。

Posted by: オサムシ | October 10, 2014 at 07:03 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/60295334

Listed below are links to weblogs that reference 虚像の道化師 ガリレオ7 東野圭吾:

« 月がとっても赤いのに~。 | Main | 舞台 西加奈子 »