« September 2014 | Main | November 2014 »

25 posts from October 2014

Happy Halloween!

本日は10月31日。ハロウィーンですね(^o^)。
日本では「集客効果」を狙ってか、1週早い10/25,26で
色々イベントしたみたいですが・・・。
”ケルト人の1年の終わり”を祝うんぢゃないんかい?!

Img_0676

こちらは、毎度のごとく、「英会話クラス」の生徒さんの
誕生会で購入したもの。

「メンヒェングランドバッハ」というところの
「おばけかぼちゃのケーキ」ですっ!

この「メンヒェングランドバッハ」さん、実は「アンテノール」
さんと同じ系列なんですよね。
㈱エーデルワイスさんの経営だそうで、
「ヴィタメール」「アンテノール」「ル ビアン」「マルクト」
「ノワ・ドゥ・ブール」「メンヒェングラードバッハ」
「フェルツ」「ブルトンヌ」「ビスキュイテリエ ブルトンヌ」・・

「メンヒェングランドバッハ」は関西の2店舗だそうで、
千葉にはないのですが、「アンテノール」で買えました。

ハロウィンのシンボル、ジャック・オ・ランタンのかわいい
ケーキ。やさしく自然な甘みのパンプキンクリームの中には
シュークリームがまるごと隠れています。
Img_0678

要は「中のクリーム」部分が全て「シュークリーム」、
なんですね~。
外側はパンプキンクリームですから、甘味があっさり。
秋のこういうケーキ、と聞くと「マロン」をイメージ。

だけどマロンは甘みがかなり・・・なんですよね。
この大きさ、マロンの甘みじゃ☓、って思うけど
パンプキンだからおいしかったです♪
でもさすがにこの大きさはお腹いっぱいになりました。

ってか・・・私も「ケルト人の祝い」とは無関係でしたね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

葉桜の季節に君を想うということ 歌野晶午

マジ、寒いっす・・・。
昨日、車に乗ってビックリ!5℃ですよ、5℃!
寒いの嫌い~!

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

こちらも「文春文庫 秋の100冊フェア」で紹介されていた
本。紹介文は
”あらゆる賞を総なめ!これが現代ミステリーのベスト1”

みんな桜が紅葉するって事を知らない。
春先の一時期だけもてはやして、花が散ると
知らんぷり。目に見えず見逃しているかもしれないが、
色が汚いとけなすならまだしも、紅葉している
事実さえも知らない、ってひどくないか?

葉桜の季節に君を想うということ 歌野晶午

読了です。

「何でもやってやろう屋」を自称する元私立探偵・
成瀬将虎は、同じフィットネスクラブに通う愛子から
悪質な霊感商法の調査を依頼された。
そんな折、自殺を図ろうとしているところを救った
麻宮さくらと運命の出会いを果たして―。

***********************************
第57回日本推理作家協会賞受賞(2004)
第4回本格ミステリ大賞受賞 (2004)
このミステリーがすごい! 2004年版第1位
本格ミステリベスト10 2004年版第1位
週刊文春 推理小説ベスト10 2003年度第2位

と、すいません、10年以上前の話(;^^)ですな。
知らない作家さんだから、手に取ることはなかった。
「なんか古臭い名前だなぁ」と思ってはいましたが・・

1998年にデビューされているんですね。
その頃は・・・学生だったからひいきの作家さんの本しか
買ってなかった頃ですね。

必ず二度・三度と読みたくなる究極の徹夜本!
と言うだけあって、仕掛けが良いらしい。
割りと厚みはあるんですが、読みやすく、
先が知りたくて、必死で読みましたわ~。

ただ、なんか違和感をずっと感じてました。
ってか、「つまんない??」とさえ思ってた(;^^)。
違和感の正体が分からないまま放置されてると・・
ストレスたまりますね、はい。

こういう本を読み過ぎたせいで、うがって見ているのか
それともこの方の書き方が、??なのか・・・
わかんないですけど、面白くなってきたのは半分以降。

それだけに謎が全て解けた時「ふふん、なるほどね」
( ̄。 ̄)ホーーォ。 って感じ。
ま、許してやるかぁ、とも(;^^)←何様?

嫌いじゃないですね~、この方の本。
最近のラノベ作家さんの本よりずっとしっかりしてるし
読み応えありますね。
彼の作品は「フェア」ではこれしか紹介されてないですが、
結構色々作品を出されているみたいなので、
他にも読んでみよっと♪

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (2) | TrackBack (1)

セカンド・ラブ 乾くるみ

書店でこんなのが置いてあるの見ますか?

Dscn5014

☓☓文庫、のキャンペーン冊子です。
夏になると3大文庫がキャンペーンするので、
書店員さんには悪夢、のようですが(→書店員あるある)、
最近手にとって見ています。

知らない作家さんや作品があらすじ付で紹介されているので、
「おっ、こりゃ良い」ともらってきました。
で、借りたのがこちら。

**************

やっぱり「見えて」いるんだ。
ごめんね。ずっと嘘だと思ってた。

セカンド・ラブ 乾くるみ

読了です。

1983年元旦、僕は春香と出会う。
僕たちは幸せだった。
春香とそっくりな女・美奈子が現れるまでは。

良家の令嬢・春香と、パブで働く経験豊富な美奈子。
うりふたつだが性格や生い立ちが違う二人。
美奈子の正体は春香じゃないのか?
そして、ほんとに僕が好きなのはどっちなんだろう。

*************************************

その昔読んだ「イニシエーション・ラブ」。
そして「カラット探偵事務所」。
乾くるみ氏の作品は衝撃的です(^o^)。

「イニシエーション・ラブ」は2015年に映画化が
決定したそうで(なんでこれ、映像化するの?!気分)、

そりゃね、最初から「あっと驚く」とか色々
イメージは刷り込まれていたから疑ってましたよ?
「ここは・・・う~ん」とか「これは・・・う~ん」など
かなり、疑り深く読み進んでいきました。

でもまさか、ねぇ(▼∀▼)ニヤリッ
「イニシエーション・ラブ」と同じくらい、
もったいぶられて、衝撃でした、はい。

ん~、謎明かししたいんですけどね、
無理なんですよね。
文章は読みやすいし、軽く読めます。
でも軽く読み続けちゃうと「ヤベ」となって二度読みに
なりますので、そこだけ注意してお読みくださいな(^o^)。

ちなみに↑の「フェア冊子」には
”「イニシエーション・ラブ」ショック再び。
 さらなる衝撃を味わって下さい。”だって。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

肌色のポートレート 赤川次郎

杉原爽香〈41歳)の秋。
胃がん・肝臓がん・脳出血・脳溢血

肌色のポートレート 赤川次郎

読了です。

大規模な都市開発プロジェクトに携わる爽香は、
慣れない交渉に苦戦気味。
そんな折、関連企業の社員・小林京子が
二人組の男に誘拐される場面に遭遇し、
間一髪救出する。
そして彼女の口から語られた厄介な社内問題。

親族の死などの私生活に追われながらも、
思いとは裏腹に爽香は危険な騒動に巻き込まれていく…。
登場人物たちが年齢を重ねる大好評シリーズ第27弾!

***********************************************

はい、早いものでもう1年が経ちました。
(って、昨年は紹介してなかったわ(;^^)・・・)

41歳。不惑の年も過ぎてますが、彼女の場合、
もともとブレることがないからね~(^o^)。
話のわかる社長に、理解ある旦那、に囲まれて
良い人生送っているのぉ、とつくづく思います。

27年前、14歳だった頃から知っている彼女の成長は
微笑ましくもあり、うらやましくもあります。
27年間、かぁ。自分はどうなんだろう??と
思い返してみるんですが・・・あまり成長ないなぁ(;^^)。

先日、友人と話していて、私の場合、「結婚もしてないし、
子供がいる訳じゃない。子供の節目のお祝いがないから、
1年前も3年前も5年前もあまり変化がない」ということに
気付き、ちょっと愕然(;^^)。

いや思い返せば色々ありましたよ。
楽しいこと、嬉しい事、幸せなこと・・・。
辛いこと、悲しいこと、怒りたいこと・・・・
でもそれらが混沌としたカオスというスープに
全部入っていてグツグツ煮ているような感じ、です。

爽香も一見全てが順調なように見えますが、
そんなことはない。
喜怒哀楽全てがグツグツに煮込まれてる訳です。
ただ彼女はそれを人に見せないんですよね。

私はそこができてない、とこのシリーズは読むたびに
反省 ヾ(_ _。)ハンセイ… って思っちゃうんですよね。

気づけばシリーズ27作。今までで一番長いシリーズに
なったかも?
と思ったら「三毛猫ホームズシリーズ」は40作超えてた・・。
長くつきあえるシリーズは嬉しいですね。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

『猿の惑星:新世紀ライジング』

前作から☓年。続編ですっ!。
『猿の惑星:新世紀(ライジング)』

201409_p

DAWN OF THE PLANET OF THE APES
メディア 映画
上映時間 131分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(FOX)
初公開年月 2014/09/19
ジャンル SF/アクション/アドベンチャー

高度な知能を獲得した猿のシーザーが自由を求めて
立ち上がり、仲間たちを率いて人類への反乱を起こしてから10年。
猿たちは森の奥に文明的なコミュニティを築いて
平和に暮らしていた。

一方人類は、蔓延したウイルスによっておよそ90%が
死滅し、わずかな生存者グループは、荒れ果てた都市の
一角で身を潜めるように暮らしていた。

そんなある日、電力が底をつきかけた人間たちは、
ダムの水力発電を利用しようと猿のテリトリーに
足を踏み入れてしまい、一触即発の危機を招く。

最悪の事態だけは避けたい平和主義のマルコムは、
猿のリーダー、シーザーと接触し、次第に信頼関係を
築いていく。
やがて2人は猿対人類の全面戦争を回避すべく
仲間たちの説得に力を尽くすのだったが…。

*************************************************

う~ん、相変わらず「人間」のひどさが目立ちます。
前作を見て思ったけど「そこまで自然をねじまげて、
科学を発展させる権利がどこにあるんだ??」と。

結局、自業自得だよね?人類の減少&衰退は。
シーザーたちは統制のとれた集団を組織し、
森で自活している。
一方人間は「電気がない、燃料がない」と
彼らの住む森まで進出しようとする・・・。

ほんと、勝手、です。

更に、シーザーは学者ウィルから短期間とはいえ
愛情を受けて育った。
でも、「実験動物」として収容されていたコバ、は
人間には辛い記憶しかない。

相手を信頼するかどうか。
それは対相手とどのような関係を築くのか?
築けると思えるのか?築いてきたのか??

過去の経験で凝り固まって「全て悪!」と
決めつけてしまうコバと、過去の経験から
「相手は信頼できる」と決断したシーザー。

この2人の対比は、すごく考えさせられました。

力だけで支配しようとするコバ、信頼と力で
支配するシーザーの違いは大なり小なり
人間社会と同じようなものなんだなぁ、と。
いや、動物全てに言える事なのかな?
わかんないけど、ね。

3部作の最期は2017年だったかな?
公開予定だとか。
最期はどうなって、あの1968年の冒頭へと
続いていくのか? 今から楽しみですっ♪

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

あんこパイ

中国の食品会社による期限切れ鶏肉の使用問題が
響き、2014年12月期の連結純損益が170億円の
赤字となったマクドナルド。

最近はとんとご無沙汰しております。
毎朝珈琲は買っているんですけどね(;^^)。
工場で手抜きをされるのはよくあること。

私が勤める会社でも中国工場で製産したものを
輸入したことがあります。
手に持って点火すると、持ち手まで燃えちゃうトーチ、とか
貼り付けてしばらくすると色が消え、車にこびりついちゃう
もみじマーク、とか・・・(;^^)(;^^)

でも食料品はまずい、ですよね~。
もともとケンタッキーのチキンの方が好きな私。
ナゲットはほとんど買わないんですけどね。
でもこれは気になったので、休日出勤の時に購入。

Img_0671

ついでなんで「きのこ月見」も買ってみました。
こっちはまぁ、「マクドナルド~」って感じの味(;^^)。
きのこは軽くバターで炒めてとろけるチーズをかけるのが
好み♪
単純に「チーズ月見」にしておけば良かったなぁ。

でも「あんこパイ」はgood!これおいしいです~。

Img_0672

「つぶあん」なので、「こしあん」好きな方はごめんなさい。
さっぱりした味でパイとあいますね~。
アップルパイより好きですわ♪
最近「あんこ」があちこちで目につきます。

こちらはお土産でもらったもの。

Dscn5039

「名古屋限定」って、やはり名古屋はあんこ?(;^^)。
1袋しか頂いてないのですが、おいしかったです♪
これからの季節、レンジで軽くチンしていただきたいですわ。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (5) | TrackBack (0)

シャイロックの子供たち 池井戸潤

先般、WOWOWで「無料放映!」とやっており、
録画しちゃった「空飛ぶタイヤ」

Photo

結構面白かった~。原作を読んだのは随分前だけど
前だけに、記憶が薄れかかってたんですよね(;^^)。
で、再び池井戸さんの本を借りてみました。

シャイロックの子供たち 池井戸潤


読了です。

たたき上げの副支店長、社内恋愛中のOL、
お調子者の課長代理…出世のため、家族のために
奮闘する行員たち。
現金紛失事件をきっかけに不穏な空気がたちこめ、
一人の男が失踪した・・・。

************************************

シャイロック・・・シェイクスピアの「ヴェニスの商人」に
登場する人物。 悪辣、非道、強欲なユダヤ人の
金貸しとして描かれている・・・

短編集のようでいて最期にクライマックス、は
やはりフィクションの強みですね~(^o^)。

パワハラでうさをはらしていた副支店長とか
盗難容疑をかけられたOLとか、
お調子者だけど、部下を守りいきなり消えた上司。

いろいろな人間模様がかかれていますが、
題名にある「シャイロック」の通り・・・。

本命馬券のことを銀行馬券と言う。
本命馬が勝つガチガチのレースを銀行レースと言う。
でも「競馬に常勝なし」

まさかそんな理由でと思うようなことですが、
銀行と言う私の知らない職場ですので、
そういう事もあるんだろうなぁ、って。
(ってか、他の職場なんてとんと知らないですけど)

銀行員って就職してまず最初に金勘定を覚えるんだとか。
大金をひたすら数えて、お金への間隔をマヒさせる・・

そういう職場じゃなくて良かったかなぁ。
10円、いや5円単位で価格を決めている土着的な
職場ですから(^^ゞ、 やたら「お得」という言葉に
敏感になっておりますわ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

増山超能力師事務所 誉田哲也

残酷すぎる描写とそうじゃない描写。
どちらも彼の持ち味なんでしょうけど・・・
なるほどね、な
「増山超能力師事務所 誉田哲也」

読了です。

ちょっとおかしな新シリーズ始動!
いまや事業認定された超能力で、所長の増山ほか、
能力も見た目も凸凹な5人の所員が、浮気調査や
家出人探しなど依頼人の相談を解決!

***********************************

高原篤志・・・ようやく超能力師2級に合格し、
正式採用になった。初仕事は浮気調査。

中井健・・・32歳で2級超能力師になった。
今回受けた仕事は家出した娘さんの行方探し。

大谷津朋江・・・事務員。超能力皆無。
人生経験で洞察力は所内最強。

住吉悦子・・・1級まであと少し、の所長愛人。
「川口の魔女」と恐れられた過去を持つ。

河原崎晃・・・元事務所所員。39歳で独立。
一級超能力師だが、惚れっぽく振られやすい。

宇川明美・・・見習い超能力師。むらありすぎ。
「あけみ」ではなく「あけよし」。つらい過去アリ。

増山圭太郎・・・事務所所長。一級超能力師。
日本超能力師教会 東京支部 城北ブロック」の
ブロック長。

そもそもの設定に違和感があるので、
面白いのかそうじゃないのか、も分からない(;^^)。
短編集で、最期に大きいのがドカ~ん!とって
くるかと思ったらそうでもないし・・・(;^^)。

しかし、超能力、みなさん欲しいですか?
誰かの気持ちとか想いとか・・・知らずにすめば
知らないままでいいや、と思う今日この頃。
誰かに火をつけたい、とも思わないし、
遠くのものを動かずに取ろう、とも思わない・・・

とすると、
その昔、「ドラえもんのポケット」が欲しい!と
思っていた自分としてはそっちには興味ありますが、
超能力にはあまり食指は動かないなぁ、と
思うのですがどうでしょう??

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

『それでも夜は明ける』

時間があわず逃してしまっていた映画が、
近所の映画館のキャンペーンで
「500円鑑賞!」だったのでこれは逃せん!と
行ってきました。

『それでも夜は明ける』

201410_a

12 YEARS A SLAVE
メディア 映画
上映時間 134分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ギャガ)
初公開年月 2014/03/07
ジャンル ドラマ/伝記
映倫 PG12

1841年、奴隷制廃止以前のニューヨーク、
家族と一緒に幸せに暮らしていた黒人音楽家
ソロモン(キウェテル・イジョフォー)は、ある日
突然拉致され、奴隷として南部の綿花農園に
売られてしまう。

狂信的な選民主義者エップス(マイケル・ファスベンダー)ら
白人たちの非道な仕打ちに虐げられながらも、
彼は自身の尊厳を守り続ける。
やがて12年の歳月が流れる。
ソロモンは奴隷制度撤廃を唱えるカナダ人労働者
バス(ブラッド・ピット)と出会い……。
************************************
んと、しんどい話です。

NYで音楽家だった彼がいかに南部へ送られたのか?
その過程は辛いものです。
そして1人1000ドル!いや子供は700だ!の
やりとり。

知らなかったんですが、「カンバーバッチ」さん、
出てたんですね~。ソロモンの最初のご主人様。

201410_b

彼は比較的良心的な主人。
ソロモンにバイオリンをあげたり、彼の提案を採用して
作業効率を高めたり・・・。
ただ、そのせいで現場監督の白人が気を悪くし、
ソロモンは殺されそうになるんですけどね。

その後、各種農園の主人同士で売買&賃貸され、
移動する度に環境が悪くなる。
寝返りもうてないような狭い場所に閉じ込められ・・・

なんとか自分の窮状を訴えたい、でもこの人を
信じていいのか? この人ならと思った人に裏切られ
何度絶望すれば良いのか??

実話を元にしているので、フィクションと違い、
毎日が淡々と流れていきます。
ともすれば、「この生活が正しいような」気になり、
生きる事、生き残る事だけを目的とする・・・

いやほんとしんどいです。

12年ぶりに会う家族。長女は結婚し、孫も誕生。
でも奥様が誰かと再婚してなくて良かったね~、と
ネルソン・マンデラ氏をふと思い出しちゃいました。

決して派手ではない映画ですが、当時を振り返り
考えなおすのに必要な作品です。

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』

ウガチャカ ウガウガ ウガチャカ ウガウガ
ア~アア~ア ワッチャラフィーリン♪

と思わず予告編で口ずさんでしまい、映画を見る前に
i-pod touchくんにOSTを入れてしまった、

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014)
GUARDIANS OF THE GALAXY
201409_guardians_of_the_galaxyp

メディア 映画
上映時間 121分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ディズニー)
初公開年月 2014/09/13
監督: ジェームズ・ガン
出演: クリス・プラット(スター・ロード/ピーター・クイル)
ゾーイ・サルダナ(ガモーラ)
デイヴ・バウティスタ (ドラックス)
ジャイモン・フンスー (コラス)
ジョン・C・ライリー (ローマン)

声の出演: ヴィン・ディーゼル (グルート)
ブラッドリー・クーパー (ロケット)

幼くして地球から誘拐されたピーターは、
今や宇宙をまたにかけるプレイボーイの
トレジャーハンター。

自ら“スター・ロード”と名乗り、どんなピンチも
持ち前の悪知恵と度胸で乗り切ってきた。
そんな彼の心の支えは、70年代の地球のヒット曲が
入った母の形見のウォークマン。

ある日、ピーターは強大な力を秘めたパワー・ストーン
“オーブ”を手に入れる。しかしそのせいで、
銀河の支配を目論む恐るべき闇の存在と、
銀河の秩序を司るザンダー星の壮大な戦いに
巻き込まれるハメに。

そこでピーターは、宇宙一凶暴なアライグマの
ロケットはじめ、刑務所で出会った4人の
ワケありすぎるお尋ね者たちと手を組みチーム
“ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”を結成し、
銀河存亡を懸けたあまりにも無謀な戦いに
立ち向かっていくのだった・・・

***********************************
もうね、アホらしくて大笑いしてしまいました♪
こういうの好きなんですよね~。
良いなぁ、世の中平和だよ、って。

アライグマは可愛いし(毒舌だけど)、
木(グルート)は心優しいし(無口だけど)、
仲間・チームを大事にする、って単純だけど
面白かったっす~。

↑で書いた「OST(オリジナル/サウンド/トラック)」。
ジャケがこんなのなのぉ~。
もう年寄り心、くすぐりますね~(^o^)。

宇宙船にカセットデッキを装備して、このテープを
ここぞ、というところでかける訳ですわ。
 ※まぁ、26年もテープはもつのか?!って
   感じだけど(;^^) 固いことは言いっこなし。

曲もねぇ、懐かしい曲ばかり。
(ってかリアルで知るのは少ないけど;^^)。
最近こういう懐かしいのが好みですわ。
Rock of Ages」とかもドストライク!だったし。

試聴でも良いので、聞いてみて下さいな。

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

かたみ歌&なごり歌 朱川湊人

昭和のレトロさに最近なんか心癒されます。
考えてみれば、昭和時代から四半世紀経っちゃったのよね?
初作家さんですが、気に入った~(^o^)。

かたみ歌 & なごり歌  朱川湊人

読了です。

【かたみ歌】
不思議なことが起きる、東京の下町「アカシア商店街」。
昭和と言う時代が残した「かたみ」の歌が、
慎ましやかな人生を優しく包む7つの連作短編集。
<紫陽花のころ>:シクラメンのかほり
<夏の落とし文>:愛と死をみつめて
<栞の恋>:モナリザの微笑み
<おんなごころ>:いいじゃないの幸せならば
<ひかり猫>:圭子の夢は夜ひらく
<朱鷺色の兆し>:人間なんて
<枯葉の天使>:心の旅

【なごり歌】
きっと、また会える。
あの頃、団地は、未来と過去を繋ぐ道だったから。
三億円事件の時効が迫り、「8時だョ!全員集合」に
笑い転げていたあの頃。
失われた誰かを強く思う時、そこでは見えないものが
よみがえる。悲しくて不思議な七つの物語。
<遠くの友だち>:てんとう虫のサンバ
<秋に来た男>:あなた
<バタークリームと三億円>:『いちご白書』をもう一度
<レイラの研究>:いとしのレイラ
<ゆうらり飛行機>:犬のおまわりさん
<今は寂しい道>:長崎の鐘
<そら色のマリア>:私に人生と言えるものがあるなら

*******************************

当時の懐メロ、残念な事に1作目の「かたみ歌」の歌は
リアルタイムでは知らないものが多いのですが、
「なごり歌」は・・・リアルタイムです、はい(^o^)。
それでもまぁ知らない歌も多いのですが。

まぁ歌は作品のアクセントとして出てくるだけです。
主人公が料理をしながら口ずさんでいる、とか
ラジオからその曲が流れてくる、とかね。
それらが邪魔をしてないのがなんか良い。

口ずさむ時、昔の歌が多かったりするんですよね。
最近の歌は歌いづらかったりしてあまり好かん。
まぁ最近の歌番組自体も見てないし、ランキングも
知らないから、ってのもあるけど。

全てが短編なので、本が苦手、って人にもお勧め。
初作家さんですが、当たりでした(^^)v。
ぜひ他の作品も読んでみたいものです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (5) | TrackBack (2)

島はぼくらと 辻村深月

あら、ビックリ。
予約投稿の設定を間違えて、昨日は投稿されてなかった・・
((^┰^))ゞ テヘヘ。 まぁ、ボケ加減さはそんなもんですな。

********************************************

図書館で見つけて借りました。
久しぶりの辻村深月氏の作品
「島はぼくらと」

読了です。

瀬戸内海の小さな島、冴島。
島の子はいつか本土に渡る。 17歳。
ともにすごせる、最後の季節。

母と祖母の女三代で暮らす、伸びやかな少女、朱里。
美人で気が強く、どこか醒めた網元の一人娘、衣花。
父のロハスに巻き込まれ、東京から連れてこられた源樹。
熱心な演劇部員なのに、思うように練習に出られない新。

島に高校がないため、4人はフェリーで本土に通う。
「幻の脚本」の謎、未婚の母の涙、Iターン青年の後悔、
島を背負う大人たちの覚悟、そして、自らの淡い恋心。
故郷を巣立つ前に知った大切なこと――

**************************************

これは意外と面白かったです~(^o^)。
自分の高校生活とは違う世界。
島に住んでフェリーで通う毎日。

そして、結構泣けたのが、「母子手帳」の謂れ。
島の子はいつか必ず本土へ行く。
そのために母子手帳は母から子供への手紙になる・・。
ここんとこはぜひ読んで欲しいエピソードです。

また、島に残る選択をする、って事が必然となる家系。
こういう昔からの風習と言うか慣習があるところは
「自分家と似てるわ」と思ったり(;^^)。

ただ、ちょっと残念だったのは、1つ1つのエピソードは
面白いんですが、全てがくるっと解決する訳ではなく、
全てがクライマックスに向けて集約するのでもなく、
ってのがね。ノンフィクションの本を読んでいるようでした。

うん、私は目一杯フィクションの方が好きなのかも(^o^)。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

緋色からくり&数えからくり 田牧大和

千本桜、と呼ばれる浅草寺の桜。
花の季節ももちろん見事だが、
秋の桜も見応えがある。
楓の燃えるような赤とは違う、少し黄色を
帯びた明るい赤を「緋色」と言う・・・

緋色からくり&数えからくり 田牧大和

読了です。

<緋色からくり>
姉と慕ったお志麻が何者かに惨殺されてから四年。
「どんな錠前も開ける」と評判高い美貌の天才錠前師・
お緋名は、愛猫の大福と暮らしていた。

「用心棒になりたい」とある日突然、榎康三郎という
侍が現れる。その直後、緋名は賊に襲撃されるが、
康三郎は取り逃してしまう。

奴らが血眼で探すものは?
康三郎は敵か味方か? そしてお志麻殺しの真相は???

<数えからくり>
緋錠前の作り手である緋名(ひな)にある日、
旗本三井家から注文が舞い込んだ。
だが、頼まれたのは姫を幽閉するための、
開かずの錠前――。

一方、緋名の幼馴染で髪結い師の甚八は、
硯問屋の大門屋へ赴く。そこで彼は、美人と評判の
末娘が惨殺されたことを知る。
大店の娘殺し、神隠しの因縁、座敷牢に響く数え唄、
血まみれの手……。
この事件、一番の悪人は誰なのか?

*************************************

以前「鯖猫長屋」や「甘いもんでも」「三人小町」と
3冊ほど紹介しております。
時代物の作家さんなので、そうそう興味が無いと
手は出ないのですが、これは気になってて
今回借りてみました。

江戸のからくり人形、とか面白いですよね。
あれだけ精巧なものが作れる、ってすごいなぁ、って
正直に感心します。
そのからくりと錠前を組み合わせたもの、って
見てみたい~!!
自分が不器用だから、余計そういうものに憧れます。

それと、「女性が手に職持って自立している」って
設定も好き(^o^)。
今よりずっと大変な当時、ですからね。

そういえば、時代物、読むのが苦にならなくなった。
以前は最初から手を出そう、と思わなかったのに、
やはり慣れ、って恐ろしいものですね(;^^)。

時代物以外にも本自体にかつてない程慣れてます。
読むのが苦にならないのは元からですが、
前以上に・・・「とりあえず読んでみるか」と普通に
思っている自分が怖い~(;^^)。

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

『ルーシー』

皆様、台風はいかがでしたか?あ、まだ継続中の方も
いるのかな??
私は今日会社に行けているのか??
(この記事は予約投稿ですので)

**********************************************
この映画を観てきました。
『ルーシー』です。

201408_lucyp

LUCY
上映時間 89分
製作国 フランス
劇場公開(東宝東和)
初公開年月 2014/08/29
監督: リュック・ベッソン
出演: スカーレット・ヨハンソン ルーシー

モーガン・フリーマン ノーマン博士
チェ・ミンシク マフィアのボス
アムール・ワケド ピエール・デル・リオ

訪れた台北のホテルでマフィアの闇取引に
巻き込まれてしまったごく平凡な女性ルーシー。
体内に新種の麻薬が入った袋を埋め込まれ、
運び屋として利用されてしまう。

ところが、袋が破れて謎の物質が体内にあふれ出し、
彼女の脳に異変が生じてしまう。
通常の人間は脳の潜在能力の10%しか活用できないが、
ルーシーの脳はそれを遥かに越えて覚醒を始めたのだ。

マフィアの追手を易々とかわし、脳科学の権威
ノーマン博士とコンタクトを取るべくパリへと向かう。
その間にも、脳の覚醒は留まるところを知らず、
いつしか自分でも制御できなくなっていく…。

*******************************
先日読んだ「RDG レッドデータガール」で、「ナイト・ヘッド」
について書きました。「一つ上の次元」で思い出したけど、
この映画を見てまた思い出しました。

人間が使用していない脳の容量70%。その部分を
「ナイト・ヘッド」と言う。
と言うことでしたが、この映画では%がちと違う。

10%は普通の状態
20%で驚異的スピードで外国語マスター
30%で自身の細胞をコントロールできる
40%で通常の人には見えない電波がコントロール可能
60%で他人を操れるようになる・・・

とうとう100%に達した時・・・ となっていきます。
自分がどうなっていくのか、一番分かってしまう。
ところがその悲劇に悲しむのも最初だけ、なんですよね。

感情に左右されるより、この経験を知識を残したい・・。
その思いで博士とコンタクトを取り、全データを
ダウンロードしていきます。最期に残されたUSBキー。
何GBあるんだろ??とうがって見てしまいました。

結構映像はすごかった~。
種の起源、の謎やその後の進化、などなど。
上映時間は短く、「単純なアクション映画」だと思っていたら
かなり考えさせられました。
前半のいい加減さも許せる位(;^^)。
面白かったっす。

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (5) | TrackBack (0)

憑き物おとします 佐々木禎子

文庫本サイズで、読みたいな、と思うものが
少なくなってきた今日この頃。
遠くの図書館に行けばまだまだあるんですが・・・。
で、「新書サイズでも持ち歩けるな」と、最近は
新書サイズに手を出しています。

と言っても、ハードカバーでも持ち歩いたりするけどね。
(^_-)-☆。

「憑き物おとします  佐々木禎子」

読了です。

大規模な零殻変動が起き、幽霊が実体化して
人々を崇るなど、世界は混沌の渦の中へと
巻き込まれていった。

そんな中、寺院で退魔業を営む実家の跡を
継ぎたくなくて家出をし、一人質素に暮らす
雲越壱也のもとに、霊障保険会社社長・犬飼が
突然現れる。

幽霊になった少女を救って欲しいという犬飼に
事件に巻き込まれ、落ち零れ退魔師となった
壱也の活躍やいかに―。

**********************************

え~っと・・・
こういう本もあるんですね(;^^)。

そもそも私が青少年時代だった頃、
若者向けの本、って少なかったんですよね。
大人の本を翻訳して無理やり子供用にしたり
(ルパン、とかホームズ)、

コバルト文庫、ってのが出て、ようやく等身大の
青少年を描いた本を読むことができたんですよね。
それでも種類は少なく、本に飢えてましたっけね。
意味の分からない本を背伸びして読んだりしたけど。

それが最近は「ラノベ(ライトノベル)」ってのが
流行ってきて、それに合わせてのレーベルもでき、
一方では「ハーレクイン・ロマンス」に代表される
「ロマンス小説」なんてのもできたり・・・

1日200冊を越える本が出版される現在、
あの頃の「本が読みたい!」と言う飢餓的欲求より
「読みたい本がない!」と言う喪失感を強く感じる・・・。

とまぁ色々ぶってみましたが、要はつまらんかった・・・。

坊主になるのがイヤで、パンクバンドやってて、でも
メジャー行く前に解散。その後は便利屋でかつかつの
生活。
でも、そのバンドの大ファンだった、と言う少女の霊を
成仏させる為、バンドを再結成する・・・。

もうちょっとどうにかしようがないものかしら?(;^^)。
しかもありえない誤字の多さ。
「そこは首尾範囲外だな」ふっ、と笑う死神。
ヾ(ーー )ォィ 首尾、ってなんだよ!守備だろ?!とか。

学園もの・SF・耽美もの、が得意な作家さんだそうですが、
そっちを読んで判断しないといけないかしらん??

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (5) | TrackBack (0)

舞台 西加奈子

はしゃぐまい、調子に乗るまい、
どこかでボロを出さないか、
うっかり「素」の自分を出さないか・・・

舞台 西加奈子

読了です。

29歳の葉太はある目的のためにニューヨークを訪れる。
初めての一人旅、初めての海外に、
ガイドブックを暗記して臨んだ葉太だったが、
滞在初日で盗難に遭い、無一文に。

虚栄心と羞恥心に縛られた葉太は、助けを求めること
すらできないまま、マンハッタンを彷徨う羽目に…。

決死の街歩きを経て、葉太が目にした衝撃的な光景とは―。
***********************************************

何度も紹介しておりますが、「TBS王様のブランチ」で、
紹介していた本です。
ふくわらい」を以前読みましたが、その時はその面白さ
が今ひとつわかりませんでした。

でも、1冊位で判断しちゃいけない、と思っていて、
TVでちょうど紹介されていたので、借りてみました。

ん~、やっぱちょっと意味不明、な部分もあったけど
面白かったっす。

葉太29歳男。自意識過剰な男。人の目が気になり、
思い切った事、はじけた事ができない。
だからNYに言って泥棒にバッグを奪われても、
大声で助けも求めない・・・。

領事館に行くのもためらい、現在の所持金で何日位
過ごせるか考えちゃう(;^^)。

なんかね、すごく分かります。分かっちゃいました~
彼の心の動き。
「バカだね~」と思いつつ、自分の身に置き換えて
「私だったらどう?変なカッコつけして、やるかも?」。

アクシデントを「話のネタにできる」みたいに考えて、
「初日で盗まれたなんて言えないから数日はしのいで」、
「大したことないんだよ」って顔して、過ごすかも・・・。

人(他人)からどう見られているか、って意外と気になる。
こういう発言しちゃって、後で色々言われるんだろうな、とか
こういう態度を取るから、陰で色々言われるんだよな、とか
考えちゃう時があるんですよね。

勿論そうじゃない時の方が多いんですが、体調や精神的な
状態によって、気弱になることがあり・・・

そんな彼がNYの数日をどう過ごしていくのか?
途中から、ちょっと意味不明になりつつ(;^^)、
最期まで感情移入できなかったのは残念ですが、
彼の心の動きを追って読んでみると面白いと思います。

簡単に読める文章なので・・・。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

虚像の道化師 ガリレオ7 東野圭吾

>昨夜のヤツはまだ徘徊中なのです
いえ、それがね~。
事件が起きたのは水曜の明け方。水曜の夜、
さぁ寝ようかな、と布団を整えていたら・・・

掛け布団の間に挟まってました~ヮ(゚д゚)ォ!。
事件の後、それかぶって寝てたよ?
朝出勤時に干したよ? どこにいたん??

で、取り出したりまするは帰りに買ってきたコレ!

で、天誅~! 見事に凍るものですね(;^^)。
ちなみに、事件後40時間を経過した私の腕。

Dscn5043

かなり、広がってきております。やや固くなっており、
かゆみが結構ある。
ググると「1,2日経ってからの方がひどい」とかあり・・。

薬は「デルモベート軟膏」と言う父親が毛虫にやられた際、
処方したものをつけています。
副腎皮質ホルモン配合なので、たくさん使いたくはないけど。
後数日の辛抱、です。

***********************************************

探偵ガリレオ(1998年 文藝春秋)
予知夢(2000年 文藝春秋)
容疑者Xの献身(2005年 文藝春秋)
ガリレオの苦悩(2008年 文藝春秋)
聖女の救済(2008年 文藝春秋)
真夏の方程式(2011年 文藝春秋)
虚像の道化師 ガリレオ7(2012年 文藝春秋)
禁断の魔術 ガリレオ8(2012年 文藝春秋)

第7弾、の「虚像の道化師」

読了です。

「幻惑(まどわ)す」 新興宗教/念/
「心聴(きこえ)る」 刺される/幻聴/横恋慕
「偽装(よそお)う」 同期の結婚/大雨/ロッキングチェア
「演技(えんじ)る」 花火/小道具/演じる

****************************************

ドラマで先に見ちゃっているものが多いので、
「あ、これアレ、かぁ」と分かっちゃうのが多く、
それだけにさらっ、と読んでしまいました(;^^)。

最近、東野氏の作品、さらっ、が多くなったような。

重い本(重量じゃなくて内容ね;^^)が結構好きです。
東野氏の作品だと「さまよう刃」「白夜行」など。
読後感が良い訳ではなく、読んで気が晴れる訳じゃ
ないんですが、「お腹にずしっ」と来るような処が好き。

そういえば今度東野氏の古い著作、
「天空の蜂」が映画化するそうですね。

2015

この作品も重い話だった。
20年前の作品なのに、今読んでも面白い!
もう一回読みなおそうっと。

ガリレオは短編集なので、読み返すのも楽だけど、
「天空の蜂」は長編なので・・・。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

月がとっても赤いのに~。

昨夜の日食、ご覧になりましたか?
仕事の手、家事の手、酒呑む手、を休めて
空を見上げてみましたか??

頑張ったけど、この写真が限界でした~。

Dscn5019

田舎に住んでいると、余計な光がありません。
玄関灯を消せば、外は真っ暗~。
Dscn5031

さてさて、次は新聞記事風に(いやワイドショー風かな?)

2014年10月8日未明、トイレに立ったtakoingさん。
布団に入り、もうひと寝入り、と思った時悲劇が起こった。

突如右腕に走る激痛。
その痛さは「まるでブロック塀に腕を押し付けられて
引きづられたよう」だった、と。

「たまにあるじゃないですか。肘を変なぶつけ方して
麻痺したような痛み。寝ぼけてたから最初は不審に
思わなかったんですよね」。

ところが痛みは一向に収まらない。
むしろ、増していくばかり。
しかも何かが首筋や背中を這うような感触・・・。

ここでようやく「何か変」、と気付き、電灯をつけて
腕を見ると、小さいけれど深い傷・・・
Dscn5026

はい、「ムカデ」に噛まれました・・・_| ̄|○。

慌てて枕元に置いておいたi-pod touchくんを使い
「ムカデ 噛まれた 対応」でググるtakoingさん。
熱めのお湯で傷口を洗い流し&指で絞って毒を出し、
ステロイド系軟膏を塗って、はいケガ人の出来上がり~。

ムカデの場合、口が小さいので、毒を出すのは結構
大変。全部は出せなかったようで、うっすら赤く腫れました。
ね?小さい傷口でしょ?右側の虫さされの方がでかい。
Dscn5027

田舎だし、古い家だし、しょうがないのはわかってる。
過去には「天井裏からスカイダイビング」してきちゃった
ムカデと50cmの近距離で遭遇したこともある(;^^)。
でも夜中の3時にまさか、の衝突をしなくてもいいじゃん。

色々ググった結果を読んでみると、私以上にワイルドな
生活をされている方も多いようです。
マンションの5F位なら普通に出現するそうですよ(;^^)。
靴の中、とかで就寝されている事などもあったり・・・。
20回以上噛まれた!なんて強者もいるそうです。

ちなみに「むかで」。我が家では「ハガチ」と言います。
ハガチ=房州弁(^o^)。
ただ、周りの友人に「ハガチ」と言ってピンとくる人が
少なくなり(;^^)、 最近は「ムカデ」と言うようにしています。

今夜は襲撃されないと良いなぁ~。でも昨夜のヤツ、は
まだ捕まってない・・・_| ̄|○

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

紙つなげ!彼らが本の紙を造っている 佐木涼子

サーモンはノルウェーで穫れることを知っている。
バナナがフィリピンで採れることも、
サトウキビが沖縄で採れることも知っている。
しかし、私達は雑誌用紙がどこからやってくるのかを
知らなかった・・・

紙つなげ!彼らが本の紙を造っている 佐木涼子

読了です。

「8号(出版用紙を製造する巨大マシン)が止まるときは、
この国の出版が倒れる時です」 ――

2011年3月11日、宮城県石巻市の日本製紙石巻工場は
津波に呑みこまれ、完全に機能停止した。
製紙工場には「何があっても絶対に紙を供給し続ける」と
いう出版社との約束がある。

しかし状況は、従業員の誰もが「工場は死んだ」と
口にするほど絶望的だった・・・。

************************************************
以前「エンジェル・フライト」と言う本で大号泣しました。
その作家さん、「佐木」さんの最新作(2014年6月現在)。

東日本大震災。3年経過した今でも、その爪あとは深く、
未だに傷ついている人もたくさん。
そもそも自宅に帰れない人がいまだにたくさんいて、
なのに東電は賠償金の打ち切りを検討したり、
別の原発を再稼働しようとしていたり・・
日本ってこんなにひどい国だった?と思わずにいられない。

未だに震災の本とか読みたくないです。
テーマがそもそものものはもちろん、
知らずに読んだ本に震災時のくだりが出てくると、
どうしようもなく気分が落ち込みます。

これが、TV映像だと平気なんですよね。
書かれたものだとダメ。不思議なものです。

ただ、これは読んでみたい、と早々に予約を入れ
手にとって、やはり泣きました。
震災時の様子から津波襲来、その後の避難生活。
更に工場の復旧の経過と想像できない世界が
広がっていました。

日本国内の紙の約4割、を作っている
日本製紙石巻工場。

想像してみて下さい。
新聞、雑誌、コピー用紙にライン用紙。
書籍もハードカバーにソフトカバー、新書に文庫、
マンガも週刊誌に月刊誌、コミックもそうですね。
更にカレンダーやDVDディスクケースに入った紙、
ノートの紙にルーズリーフのレフィル紙。
日記や手帳の紙に、システム手帳のレフィル紙・・・

紙、と聞いて思い浮かぶものは山ほどあります。
その乱暴な言い方をすれば、本を開いて、片側分を
この工場が作っている、と考えると、震災時、職員らが
「終わった」「紙がなくなる日が来る」と思ったのも当然、と
ストン、と心に落ちてきました。

これはぜひ読んで下さい。ありきたりの言葉でしか
感想を言えない私ですが、知っておくべき逸話、です。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

『るろうに剣心 伝説の最期編』

『るろうに剣心 伝説の最期編』も観てきました♪

201408_c

るろうに剣心 伝説の最期編(2014)
メディア 映画
上映時間 135分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(ワーナー)
初公開年月 2014/09/13

日本征服を狙い強大な武装集団を作りあげた
志々雄を討ち取るべく京都へ向かった剣心だったが、
志々雄は甲鉄艦『煉獄』で東京へと攻め入ろうとし、
剣心は苦戦する。

このままでは志々雄を倒すことは出来ないと悟った
剣心は、再会した師匠・比古清十郎に奥義の
伝授を懇願するが…。

***********************************

京都の大火に乗じてさらわれた薫(武井咲)を
助けるため船に乗り込むも、薫は海に突き落とされ、
追って飛び込むが、波にもまれ、浜辺に打ち寄せられる・・・
それを助けたのが、師匠(福山雅治)な訳です。

修練しているようにはみえないのに(;^^)、
剣心は手も出ない(くらい強い)。
何とかやっと奥義を獲得し(このシーンでも数日間
かかった、とか;^^)、志々雄を追うわけです。

甲鉄艦『煉獄』でのクライマックスシーンはすごかった!
いやいや、その前の「蒼紫」との戦いも、だし、
「瀬田宗次郎」との戦いもすごかった。
やっぱり剣心が強いと面白いなぁ~と思いつつ。

実は志々雄は全身やけどを負っており、皮膚呼吸が
できず体内に熱がこもっちゃうそうな。
なので、全力で動けるのは15分が限界。
それなりのハンディを背負っているわけです。
なのに強い~!。

剣心・斉藤一・相良・蒼紫の4人で向かっても無理~!
みたいな(;^^)。
思わず苦笑しちゃいましたわ。

いやぁ肩凝りました。
そして悲しいですね~。人を憎むことしかできず、
憎むことで生きてきた人々・・・。

何も考えず、「画」を見るだけで面白いですが、
考えだすと、幕府崩壊、新政府樹立、の混乱時に
陰で踏みつけにされた人がいたのか、と思うと
何時の世でも人、ってひどいことするんだなぁ、って
思いっきり厭世観が強くなってきちゃいますわ。

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

『るろうに剣心 京都大火編』

前作から2年。早いですね~。
ついこの間のような気が・・・。

『るろうに剣心 京都大火編』行ってきました~♪

201408_b
上映時間 139分
製作国 日本 (ワーナー)
初公開年月 2014/08/01
監督: 大友啓史
アクション監督:谷垣健治
出演: 佐藤健(緋村剣心) 伊勢谷友介(四乃森蒼紫)
     青木崇高(相楽左之助) 蒼井優(高荷恵)
     神木隆之介(瀬田宗次郎) 江口洋介(斎藤一)
     藤原竜也(志々雄真実) 田中泯 翁(柏崎念至)

幕末に“人斬り抜刀斎”として恐れられた伝説の男、
緋村剣心。新時代を迎えた今は、女師範の神谷薫ら
大切な仲間たちとともに穏やかな日々を送っていた。

そんなある日、新政府の大久保利通に呼び出され、
剣心の後釜として“影の人斬り役”を務めた
志々雄真実の暗殺を依頼される。

維新後、口封じのために新政府によって焼き殺された
はずの志々雄。しかし奇跡的に甦り、京都で恐るべき
戦闘集団を作り上げると、日本転覆を目論み暗躍を
始めていた・・・。

*************************************
マンガはね、読んでないんですよね。
通っている整骨院にあることはあるんですが、
いつも持参している小説読んでるから・・・(^^ゞ。

なので、「志々雄の恨み」はなんか分かる、と思い、
「蒼紫の狙い、意味わからね~」と思い・・・。
でもそういうの難しいこと考えなくても、
健(たける)くんを見ているだけで、ウン幸せっす(^o^)。
結構好きなんですよね。=^-^=うふっ♪

前回以上にアクションがすごい!
インタビューとか見てて「このシーンに☓☓日かぁ」とか
「あっという間に終わったけど、すごい練習したんだろうな」
とか、つい感心しながら見ちゃいました。

特に心に残ったのはこの方!
「蒼紫」(左)の師匠と言うか親分と言うか・・・の右の方。
「田中泯」氏!

猫なでてる人が、死闘を繰り広げちゃうんですよね。
201408_d

すっごい存在感だなぁ、と目が離せませんでした!
この記事を書くのに調べたら、↓の方でした!
Photo

「永遠のゼロ」でヤクザの親分をやった方でした!
お恥ずかしながら知らなかった方、なんですが、
「前衛舞踏家」なんですね。
ご本人は「舞踏家」「俳優」と言った肩書をつけられるのは
嫌いな方だそうで、おそらく「個人 田中泯」なんでしょうね。

今回は次の「伝説の最期編」と続いておりますので、
あまり間をあけずに見たい!と公開を待って行ってきました。

今作だけでも話題がてんこもり。瀬田(神木隆之介くん)と
対決して、逆刃刀が折れちゃったり、刀自を訪ねて、
そこで敵と対決したり・・・
映画2本で収まるエピソードじゃなかったっすよ・・・。

ほら「福山雅治氏」が何役で出るのか、とか興味あったし。
おろ?最期にちょこっと出てきてて謎のまま終わったわぁ。
「伝説の~」で明らかになるんだな、楽しみだな。

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

お文の影 宮部みゆき

切なく、悲しい。
じんわり、可笑しい。
心底、こわい!
心に沁みる宮部怪談!

「お文の影」 宮部みゆき

読了です。

「読み切り 江戸怪異譚集」と銘打った6編を収録
◇坊主の壺  コロリ/掛け軸/蛸の足か海藻の塊
◇お文の影  影踏み遊び/灰神楽/紙人形
◇博打眼   八幡宮/狛犬(阿吽)/犬張り子(犬士様)
◇倒債鬼   出会い/行然坊/利一郎
◇ばんば憑き 箱根/相部屋/ばんば
◇野槌の墓  便利屋/お盆/木槌

****************************************

宮部さんと赤川次郎さん、東野圭吾さんは文庫本を
買います。待ちきれなくて、ハードカバーを借りて
読んじゃっても、文庫本が出れば買います。
こうして、本棚が満杯になっていくんですよね・・・。

こちらは短編集です。
江戸で起きたちょっと怖い話が詰まってます。
怖い話は以前からちょことちょこと出ており、
その続編のような作品も収録されています。

「お文の影」は以前読んだ「灰神楽」の続編、というか
元、になります。この「灰神楽」怖かったのよね・・・。
「ぼんくら」「日暮し」「おまえさん」と続く「平四郎」さんの
ワールドになるんです。

「倒債鬼」は以前読んだ「三島屋変調百物語」の
「エピソードゼロ」って感じの作品です。
こちらも不思議な話を聞き集めている「三島屋」さんの
ワールドになります。

そういえば、↑の2シリーズ、いずれも前後して
NHKでドラマ化されました。
「ぼんくら」・・・2014/10/16(木) 20:00~
「おそろし」・・・全5回 NHK BSプレミアム ※放映終了

原作を読んじゃうと、ちょっと構えてしまって、
ドラマ、楽しめない事があるんですが、「おそろし」は
十分楽しめました~(^o^)。

宮部さん作品、やっぱり大好きですわ(^o^)。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (5) | TrackBack (0)

チョコレートTV 水野宗徳

さぁ、ハードな作品が続きましたので、軽いのを紹介。
最近、TV見てますか? 
「ほとんど見ない」「見たいものだけ録画している」
色々な選択をされていると思います。
視聴率ならぬ「録画率」と言うものも出ている、とか。
TVが面白くない、と言う方も増えてますしね。
大衆娯楽はどうなっていくんでしょうね?

チョコレートTV 水野宗徳

読了です。

映像制作会社・チョコレートTV。
“老若男女に愛されるチョコのようなコンテンツを提供する”
はずが、いまや謝罪の手土産にチョコを持参する始末。

時と場所を選ばずダジャレを連発、周囲をドン引きさせる
社長の荒巻源次郎のもと、ドラマやバラエティー、
はては息子の運動会のビデオ撮影まで、さまざまな現場で
奮戦する社員たち。

テレビをこよなく愛する人間たちのくすっと笑える裏事情。

******************************************
NHK「BSプレミアム」にてドラマ化!
「おわこんTV」NHKプレミアムよるドラマ
2014年7月1日(火)スタート 毎週火曜日午後11時15分~
の原作になります。
あ、そのドラマは見てないんですけどね。

最近のTVは同じものの焼き回しだったり、スペシャル特番と
銘打って、3時間以上、だらだらと上映し続けたり・・・
同じチャンネルを見ていると、朝の取材ソースが数日後、
昼のワイドショーで使われたり、夕方のNewsで使われたり・・
「あれ?これどっかで見たような??」ってのが多いです。

衝撃映像!とかも、youtubeとかから持ってきちゃうと、ねぇ。
Webサイトでも「特選映像」とかまとめちゃってあるし・・・

ドラマやドキュメンタリーは興味のあるものは録画しますが
リアルタイムで見る、ってあまりないんですよね。
だから、後になって「マジ?!30分録画がずれてる!」とか
「やめて~!!録れてないじゃん!」とか叫ぶ事も(;^^)。

それでも最近は「今からでも間に合う!」と再放送して
くれるし、ネット配信があったりもするので、本当の
切迫感がないんでしょうね。

その一方で、「地震速報」とか「News速報」とか画面に
流れると「え~っと、あ録画だったわ」と思う事も。
休みだと録画した番組を消化する事もあるので、
実際のNews速報を知らずにいることも多いんですよね・・・。

10月に入り、新ドラマも始まります。
面白そうなドラマ、どれぐらいあるかな??

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

榊原健三シリーズ 東直己

まぁここまで浸ったならこの際とことん浸ろう、と
東直己ワールド、にはまってみました(^o^)。

ヤクザの手先の殺し屋となって、人生を過ごしてきた
「榊原」シリーズ3作品
 ・フリージア(1995年8月)
 ・残光(2000年9月)
 ・疾走(2008年3月)

読了です。

引退後、山奥で暮らす彼のもとにかつての暴力団仲間が
現れた。髪型をかえて容貌が変わったが、多恵子の
姿が写っていた写真を持って。
その瞬間から、健三の闘いが始まった―。

榊原健三は、山を下りたある日、テレビに映った
かつての恋人・多恵子の姿を見た――。
事件に巻き込まれた多恵子の息子を救うべく、
健三は単身札幌へと向かう。だが、それだけでは澄まず・・・

かつて救った多恵子の息子である恵太。
〈低レベル廃棄物処理研究施設・えびす〉見学に現れると
知った健三は、胸騒ぎを覚える。
恵太をひと目見たい一心で施設に向った彼の前に、
想像を絶する惨劇が待ち構えていた・・・。
***************************************

以前も書きましたよね。シリーズ物好きだ、と。
好きな作家さんでまとめ読みするのも好きですが、
キャラと長くつきあえるシリーズものも好きです。

ただ、こちらは3作しか出てないんですけどね・・・(;^^)。

この榊原健三。凄腕なんですが、なんか人間くさい。
人を殺した後、熱を出してしまったり、
痛みとか苦しみを十分理解し味わった経験から、
「殺す時は苦しませず一気に」とやるわけだ(;^^)。

更に、一緒に足を洗った元恋人多恵子を守る為、
(でも別れているし、子供も自分の子じゃない)
東奔西走するわけです。
札幌はススキノのやくざがこぞって恐れをなすその様は
結構気分爽快になっちゃいます(あ~病んでるな;^^)

ただ、札幌を離れて久しいので、昔のつもりで
高いビルに登ったら、一番高くなくなってたり(;^^)、
ススキノ探偵シリーズの便利屋「おれ」、に
サポートを頼むはめになったり、と、ワールドの
遊び感もたっぷりなところがなんか微笑ましい。

殺し方がなかなか、なんで(;^^)、絶対お勧め!とは
言いませんが、東ワールド、に味をしめた方はぜひ♪

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

畝原浩一シリーズ 東直己

昨日ご紹介した「コラボレーション」のもう1つ。
東直己氏ワールド「畝原浩一」シリーズ。



 ・渇き(1996年12月 )
 ・流れる砂(1999年11月)
 ・悲鳴(2001年1月)
 ・熾火(2004年6月)
 ・墜落(2006年5月)
 ・挑発者(2007年5月)
 ・眩暈(2009年2月)
 ・鈴蘭(2010年5月)

読了です。
****************************************

こちらは「ススキノ探偵シリーズ」の探偵とは違って、
本当の((; ̄ー ̄)...ン?)、探偵さんです。

前職は新聞記者。「ススキノ探偵シリーズ」に出ている
「松尾」氏の先輩です。映画では「田口トモロヲ」氏。
そこで警察の醜聞を取材中、はめられてクビになり、
奥さんが家を出て、娘を抱えて途方に暮れていた処、
高校時代の同級生横山の経営する「調査会社」に
拾ってもらい、生起の道をつける事ができた

(フ~、長かった;^^)

コラボレーションしたのは4作目「熾火」です。
こっちは、昨日紹介した「ススキノ・ハードボイルド」と
「駆けてきた少女」に出てきた女子高校生が
つながっています。

要は「ススキノ・ハードボイルド」で主人公だった
少年の同級生の女子高生、が「駆けてきた少女」で
気持ち悪い印象で出てきており、「熾火」で
もっと気持ち悪くなっちゃう、と言う転落人生を
描いております・・・。

リンクしている「3作品」読めばもう良いかな、と
思ったら、この「熾火」がね・・・
まぁとんでもない作品だった訳ですわ。
後味悪すぎる~!&意味ワカンネ~!となり
結局、最初からこのシリーズを読む羽目に(;^^)。

でも続けて読むと結構面白いものですわ。
ダイエーとか生協とかいった量販店の服を来た
中年のおじさま、が働きながら娘を育て、更に
その娘が災難に巻き込まれたりしてね~。

その集大成が「熾火」だったんです。
第1作では小学校5年生だった娘の冴香ちゃん。
最新作の「鈴蘭」では大学生ですから。
成長していくシリーズだけに、自分の子供のように
見る目が温かくなる感じです。

それに「ススキノ探偵シリーズ」の「おれ」みたいに
一気に歳を取っちゃったりしないし(;^^)。

かなり、グロテスクな描写も多く、特に集大成の
「熾火」がまぁひどかったもんで、慣れてきました。
誉田氏の「ストロベリーナイト」といい勝負、ですので
読まれる方は自己責任で(;^^)お願い致します。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (6) | TrackBack (0)

« September 2014 | Main | November 2014 »