« August 2014 | Main | October 2014 »

21 posts from September 2014

ハーフボイルドシリーズ 東直己

大泉洋ちゃん主演の映画で知った、ススキノ探偵シリーズ。
そこから端を発し、「東直己」ワールドを堪能する事に。
で、「ススキノ探偵シリーズ」にちょい役で出演していた
人たちを主人公にした他のシリーズがある、と言うので
手にとってみました。

ハーフボイルドシリーズ 東直己
◇ススキノ・ハーフボイルド(2003年7月 双葉社)
◇後ろ傷(2006年10月 双葉社)


読了です。

<ススキノ・ハーフボイルド>
俺は松井省吾。高校3年の受験生だ。
夜のススキノで働く素敵な恋人もいるし、
客引きのアキラさんなど友人も増え、
最近ようやくススキノが“自分の街”になってきたところだ。

夏休みに入ったばかりのある日、クラスメイトの勝呂麗奈が
覚醒剤使用で警察に捕まった。
暴力団の組長である男と一緒だったらしい。なんとか助けだそうと
騒ぐクラスのお節介女子たちの活動に、俺はむりやり巻き込まれ…。

<後ろ傷>
松井省吾は、北海道で最も「偏差値の低い」私立大学、
道央学院国際グローバル大学(通称・グロ大)の1年生だ。
北大受験に失敗し半ば自棄になって選択した結果だが、
最悪な日々を送る省吾はある日、グロ大の学生が
ヤクザにリンチされている現場に遭遇してしまう。
交番に駆けこむが警官はとりあわず、それどころか、
省吾自身が公務執行妨害と傷害の現行犯で逮捕されてしまう…。

**********************************************
1作目の「暴力団組長」、ってのがススキノ探偵シリーズの
「駆けてきた少女」でも出てきてたんですね。
同じエピソードをあちこちの方向から見ている、と言う
東ワールドどっぷり~だったんです。
なので、こちらにも手をだしてしまいました。

結構面白かったです。
残酷なシーンとかがないからですかね~(;^^)。
ハードボイルド、と言いながら「若さ」が優先され、
ついつい「甘いのぉ」と思ってしまいましたわ(;^^)。
まぁ学生時代はそんなもん、でしょうけどね。

でそんな少年を温かく見守るススキノの人々。
明日をも知れぬ暮らしの人も多い中、親の金、
彼女の金で遊ぶ少年に優しいわけですわ。

そういえば、ススキノ探偵シリーズの「おれ」、
(そういえば、名前、ないんですね・・・)
「ハードボイルド」では、「ススキノの便利屋」と言われ
&なんかおまぬけな感じで書かれてたりして・・・。
なかなか面白い趣向ですわ。

実はこのコラボレーション。もう1冊あるんです。
そちらもシリーズになっており、明日はそちらをご紹介。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

『GODZILLA ゴジラ』

御嶽山の噴火にはびっくりしました。
そういう事が起きちゃうんですね~。
最近の地球、怒りっぽくないですかね?

***************************************

さて思わず映画館で一緒になって叫びたくなった
W( ───―・── O ─―─・─ )W ガオォー!!
『GODZILLA ゴジラ』です。

201407_godzillaa

上映時間 123分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(東宝)
初公開年月 2014/07/25

監督: ギャレス・エドワーズ
出演: アーロン・テイラー=ジョンソン(フォード・ブロディ)
渡辺謙(芹沢猪四郎博士)
エリザベス・オルセン(エル・ブロディ)
ジュリエット・ビノシュ(サンドラ・ブロディ)

1999年、フィリピン。採掘現場の調査にやって来た
芹沢博士とグレアム博士が謎の巨大生物の痕跡を
発見する。

同じ頃、科学者のジョーとその妻サンドラが働く
日本の原子力発電所が謎の大振動に見舞われ、
深刻な放射能事故が引き起こされてしまう。

15年後。ジョーの息子フォードは米海軍に所属し、
妻と息子とサンフランシスコで幸せに暮らしていた。
そんなある日、ジョーが立入禁止区域に侵入して
逮捕されたとの知らせを受け、急ぎ日本へと向かう

ジョーは、いまも原発事故の謎に取り憑かれていたのだ。
彼は真相解明のためにはかつての実家に残る
15年前のデータがどうしても必要だとフォードを説得し、
2人で再び立入禁止区域への侵入を図るが…。

***************************************************

まぁ小難しい事は抜きにして、十分楽しめる作品でした。
特に渡辺謙さんが、思いっきり日本語発音で「ゴジラ」と
言うところは笑っちゃいましたが(^o^)、
アメリカでの試写会では、拍手が起きたそうですね。
「日本版ゴジラが受け入れられている」との事らしい。

この作品の前に見た「ゴジラ」は1998のハリウッド版でした。
その時のゴジラは目一杯「悪役」でした。
妊娠中で、NYに「巣」を作ろうとしてましたからね・・・(;^^)。

それに比べると今回の最期の最期に「救世主か?!」と
伝えているTVニュースシーンを見ていると
「あぁよっぽど前作は不評だったのね」(;^^)、って・・・。

途中「ここ、どこ??日本?!」って気分になる場面もあり
「これ、なに??日本語?!」って思うシーンもあり・・
(;^^)(;^^)(;^^)(;^^)(;^^)(;^^)(;^^)(;^^)

まぁそれでも、ゴジラが一生懸命、今回の敵「M.U.T.O」
Massive Unidentified Terrestrial Organism
(未確認巨大陸生生命体)の略 と戦い、傷つき、
立ち向かう様は結構感動しちゃいましたよ~。

上映時間があわず、観に行けないか、と思ってただけに
良かったですわ。

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

グランドマンション 折原一

図書館で本を借りると、自治体によってはこんなのを
出してくれます。「貸出票」です。
Img_0661a

これが、たまに前の人が借りたのが挟まっている事があり、
こちらはそれで気になった「折原一」氏の本です。
残念ながら「貸出票」の「行方不明者」ってのはなくて
借りられなかった~。

「グランドマンション」 折原一


読了です。

アクの強い住人たちが、これでもかとばかりに問題を引き起こす
「グランドマンション一番館」を舞台に、希代の名手の技巧が
冴え渡る!
「神の灯火」か『そして誰もいなくなった』か。
ファン必読の傑作ミステリー連作集。
*********************************

この方、あまり馴染みがないんですが、
あ、ライトノベル(と言うかYA本コーナーにあった)
本を2冊位読んでたわ(;^^) 
 →タイムカプセル☓クラスルーム

新津きよみ女史の旦那さんなんですね。
彼女の作品は以前「ルーム」を読んだくらいだけど、
「タイムカプセル~」の時はどちらも読んでなかったので
色々広がっているようです。

wikiで調べてみると、実際の事件をモチーフにした作品、
多いんですね。
首都圏女性連続殺人事件を元にした「冤罪者」、
神戸連続児童殺傷事件を元にした「失踪者」、
広島一家失踪事件を元にした「行方不明者」、
松山ホステス殺人事件を元にした「逃亡者」、
東電OL殺人事件を元にした「追悼者」、
足利事件を元にした「潜伏者」・・・ 

その内読んでみたいものです。
私が出してもらう貸出票は、返却日を忘れないように
部屋に貼ったりしていて、本に挟んだまま返却、って
あまりないんですが、たまには入れっぱなしで返して
みようかなぁ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

ビタースイートワルツ Bittersweet Waltz 小路幸也

さて、昨日のコメントの「最低時給」。
あります、日本にも。県によって違いはありますが、
H26.9月現在、最低は677円(鳥取・長崎・熊本・大分・
宮崎・沖縄等)、最高は東京の888円です。
私が住む千葉県は東京のおとなりなのに、798円。
同じおとなりの神奈川は887円なのに…。

*******************************

喫茶店、ってやってみたいな、って思ったりします。
飲食業、ってやったことないんですけどね。
いかんせん、接客は苦手なので(^^)v。

田舎住まいの欠点として、こういうお店がない、って
ホントつまんないなぁ、って思います。

こちらは随分前に「Coffee Blues」と言う一作目を
読みました。北千住の洋館を改装した喫茶店です。
少女誘拐事件に関わった前作から9年経った第2作

ビタースイートワルツ Bittersweet Waltz 小路幸也

読了です。

2000年、北千住の“弓島珈琲”。
店主の私(弓島大)を過去の事件から救ってくれた恩人で、
常連客でもある三栖警部が失踪。
三栖さんからとおぼしきメールには“ダイへ”とだけ。
私と常連の純也は、早速探索に乗り出す。

一方、私が過去に巻き込まれた事件に関わることに
なったあゆみは女子大生となり、“弓島珈琲”へ出入りする。
そのあゆみが、親友と連絡が取れないというのだが…。
***********************************************

以前、前作を読んだ時もどうも背景がよくわからないままで
すっきりしないなぁ、と思ってたんですが、
今作は「あぁそこまで気にしなくて良いんだな」と
あっさり、開き直ったせいか前作より楽しめました。

三栖さん失踪とあゆみちゃんの友人がどうなって行くのか?
どう展開していくのかわからないまま読み進めましたが、
最期はしっくりと来る終わり方ですね~。

訳の分からない状態が続いて、最期は当てずっポ?って
思うような突飛な考え。でもそれがあたっていたり、
実はそれ以上に突拍子もない展開になったり・・・。
君は超能力かい?って聞きたくなりますわ(;^^)。
推理の過程、ってほどほどの説明で十分かな(^o^)。
あまりずらずらと書かれると飽きてきます・・・。

そういえば「読書メーター」で色々読んでいたら、感想に
「第3弾!」と書かれていて「ヤベ、またやっちゃった?」と
焦ったら、ダイこと私、の学生時代の友人との交流を描いた
「モーニング」ってのがあるらしい。

そっか。その内読もうかな~。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

ニコニコ時給800円 海猫沢めろん

全然知らない作家さん。でもタイトルに惹かれて
つい借りてみました。
「ニコニコ時給800円 海猫沢めろん」

読了です。

仕事と人間の関係が変わる時、新しい世界への扉が開く。
この日本の下流社会のさらに最下層、時給で働く若者達の
世界を描きます。

「まんが合衆国(マンガ喫茶)」 時給800円
「Love&Dream(洋服屋)」 時給800円
「ラッキーホール(パチンコ屋)」 時給800円
「ハッピーファーム(農業)」 時給800円
「ゲートキーパー(ネット監視人)」 時給800円

*************************************

みなさん、今の時給はおいくらですか??
月給だから、都度契約だから、色々なお立場の方がいると
思いますが、換算計算してみると、おおよその金額が
出るかと思われます。

そこには社会保険や住民税、年金基金と様々な
金額が引かれ(又は含まれ)ています。
控除金額と呼ばれるそれらは、結構な負担になっており、
更に、生命保険や個人年金、貯蓄などに入ろうとすると
手取りとなる金額は微々たるもの、なんて事も・・・。

かたや、自家資産100億以上!なんて方がいたり、
いやいや収入格差、と言うものは広がる一方です。
こちらの本はその一方を書いたもの。

大変ですな、はい。
でもなんか大変っぽく思えないのよね(;^^)。
書き方のせいなのか、構成のせいなのか?
どうもイマイチ・・・(;^^)でした。
簡単に読めちゃうんですがね・・・。

どうも作家さんも知らない方ですし、初作品なので
勝手が違うようです、はい。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (6) | TrackBack (0)

『イントゥ・ザ・ストーム』

こういう映画を見ると、「日本とアメリカの違い」に
驚きます。
今年もアメリカでは被害が多数出ており、
なのに、あえて「映画」で取り上げる、って気概・・・
うん、すごいですわ(;^^)、

こちら行ってきました。『イントゥ・ザ・ストーム』

201408_p

イントゥ・ザ・ストーム(2014)  INTO THE STORM
上映時間 89分
製作国 アメリカ(ワーナー)
初公開年月 2014/08/22

監督: スティーヴン・クエイル 
出演: リチャード・アーミティッジ(ゲイリー)
サラ・ウェイン・キャリーズ(アリソン)
マット・ウォルシュ(ピート)
アリシア・デブナム=ケアリー(ケイトリン)

直径3,200メートル、秒速135メートルという
これまでにない規模の巨大竜巻がシルバータウンの
街に襲来する。

炎に包まれた巨大竜巻が猛威を振るい、
ジャンボジェット機すら飲み込む威力を前に、
住民たちはシェルターに避難。
一方で、竜巻を追跡する観測者ストームチェイサーや、
最愛の人を守り生き残るため危機的状況を
打破しようと模索する人々もいて……。

*************************************

今思えばすごい昔になるんですが「ツイスター」
96年作品だから、18年も前?!
その時の衝撃がすごくって、その割にクライマックスが
しょぼくって(;^^)、今度はどうでしょう??って
思ってたんですよね。

ストームチェイサーとシルバータウンの住人の
2軸で話が展開するんですが、途中から合流し
一緒に避難して・・・最期はちょっと(いや割りと)
うるっ、ときましたです、はい。

途中何度か遭遇する竜巻がすごいのは分かるけど
あまりにもすごすぎて、どっちが上だか下だか、
何がどうなってるのか??(;^^)。

TVCMや予告編でやっている「ジェットが飛ぶ」とか
「炎の竜巻」とか、おぉ~、って感じはあるんですが
やはり、最初の印象って強いものですのぉ。
「ツイスター」の方がすごかった、ってつい思っちゃった。

そういえばハリケーン、タイフーン、サイクロン、トルネード、
ツイスター、今回のタイトルの「ストーム」と色々な
言い方があってややこしいですな(;^^)。
発生場所と発生の構造が違うだけ、らしいですが・・・。

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

特等添乗員αシリーズ 松岡圭佑

さて皆様、先週の3連休と今回の(1日休めば)4連休、
いかがお過ごしですか??
私は間に仕事を入れて、あまり連休気分のないまま。
9月ももうそろそろ終わりですね~。

********************************
さてさて、先日紹介した「万能鑑定士Q」シリーズ。
このシリーズ中でちょっと分からない箇所、とか
話が通じてない箇所、などがありました。
別シリーズで掲出されてるエピソードを盛り込まれちゃ
読まない訳にはいかないですよね・・・

特等添乗員αシリーズ 松岡圭祐


読了です。(2014.02月刊行時点)

掟破りの推理法で真相を解明する水平思考
―ラテラル・シンキングに天性の才を発揮する
浅倉絢奈、22歳。

新人ツアーコンダクターとして国内外を飛びまわる彼女は、
旅先で発生するトラブルから難事件まで、予想もつかない
手段で瞬時に解決する。中卒だった彼女は如何にして
閃きの小悪魔と化したのか?
鑑定家の凛田莉子、『週刊角川』の小笠原らとともに
挑む知の冒険、ここに開幕。
****************************************
水平思考、って??って感じなんですが、wikiによると、

問題解決のために既成の理論や概念にとらわれず
アイデアを生み出す方法である。
多様な視点から物事を見ることで直感的な発想を生み出す
方法である・・・。

万能鑑定士Qちゃんは「垂直思考」。
こっちは従来の論理的思考や分析的思考のことで、
論理を深めるには有効。

簡単に言うと、垂直思考は既に掘られている穴を
奥へ掘り進めるのに対し、水平思考は新しく穴を
掘り始めるのに相当するそうです。

「万能鑑定士Q」シリーズと違うところはまだあって、
恋愛話はどんどん&さくさくと進んでおります(;^^)。
結婚する前に新居まで見つけて引っ越しちゃうし。

う~ん、「万能鑑定士Q」シリーズに慣れてしまったので、
どうも、軽い感じが強くしてしまいますわ。

ただこの思考回路、って意外とすんなり入り込めた・・・。
自分にも多少そんな気があるのかな??って
思っちゃったりする思考回路。
妄想好きな方は、こっちの方があうかも?(;^^)。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Continue reading "特等添乗員αシリーズ 松岡圭佑"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

夏への扉 ロバート・A・ハインライン

この本はどこかで目にしてました。
今となってはどこで目にしたかも忘れておりますが(;^^)。
文庫本で置いてあったので、借りてきました。

夏への扉 ロバート・A・ハインライン


読了です。

ぼくの飼っている猫のピートは、冬になるときまって
夏への扉を探しはじめる。
家にあるいくつものドアのどれかひとつが、夏に通じていると
固く信じているのだ。

1970年12月3日、かくいうぼくも、夏への扉を探していた。
最愛の恋人に裏切られ、生命から二番目に大切な発明まで
だましとられたぼくの心は、12月の空同様に凍てついていたのだ。

そんな時、「冷凍睡眠保険」のネオンサインにひきよせられて…
************************************************

昔のSF作品、結構好きです。
そうだよなぁ、こんな世界があったらなぁ、と。
21世紀の今、こんな世界にならなかったな、と。
今となっては「平行世界の話」のようになってます。

こちらは猫好きな方は必読、かなぁ。
猫のピートはとにかく可愛いっす。

「ぼく」はとっても猫想い。猫の事を良く理解して、
借りている家に「猫用ドア」を作ってあげる。
今借りている家には全部で12枚ものドアがあり、
大変だったが、一番大変なのは、冬になると
「ぼく」をドアの前に連れて行き、「開けろ」と鳴くのだ・・・。

たまりませんです、はい。
我が家の猫もね、人を呼びに来るわけだ。
で、餌場へ連れて行ったり、玄関へ連れて行ったりして
にゃーにゃー鳴く訳です。
ところが、母親と違い、猫の心が分からない私(;^^)。

あ、いえ話のメインは猫のピートじゃないのね。
裏切られた「僕」は冷凍睡眠する前の話として目覚めた後、
そして、昔の僕とピートを助けるために、
未来と過去、そして現実を一つにつなげるため、
考えぬいた計画を実行に移していくところは
o(@^◇^@)oワクワクしちゃいますね~。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

中国五行説

で、昨日のセミナーで「五行説」ってのの説明がありました。
古代中国に端を発する自然哲学の思想。
万物は木・火・土・金・水の5種類の元素からなるという説である。

自分の生年月日から簡単に調べられますよ。
私は「木」。
これに「五臓六腑」の「五臓」がついたり・・・。
ちょっと聞いただけでは理解できない位奥深い世界。
ヘタするとハマりますな、はい。

Gogyou01

画像はwikiさんからお借りしました。

そういえば「九星気学」ってのもありますよね。
こちらは生れた年月日の九星と干支、五行を組合わせた占術。
方位の吉凶を知るために使われることが多い。

と。この時、やたら「今年は四緑木星は良くない」と
言われていて・・・うん?私四緑木星だわ(;^^)。
でも「もしかしたら勘違いしてるかも」とその場では
言わなかった。
で、帰ってきてから調べたら、はい「四緑木星」でした。
でも「九紫火星生」の方が悪いじゃんね・・・。

2014年の四緑木星は
良いこともあるけど、最悪な事もある。
今の安定をくつがえして、冒険したい気持ちがある反面、
それを行動に移しちゃいけん、って(;^^)。
良く考えて行動しないと、後悔するぞぉ~!
って脅されてます、はい。

「占いだから」で気にしなきゃ良いんでしょうが、
どうもそうも言えない状態に追い込まれてまして(;^^)。
そっかぁ~、どうりで八方塞がりな訳だ。
あと少し、なんとかしのぐことにしましょう( ̄0 ̄)/ オー!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

シニア猫のアロママッサージ

そういえば、3連休中、これ(表題)行ってきました。

我が家の猫は御年15歳。人間で言うと76歳、です。
早い内に避妊手術したので、いつまでも子供のような
甘え方をしますが、76歳、と聞くと、ねぇ。

ちなみにこちらの「シニア猫のアロママッサージ」。
友人で21歳(人間で100歳?!)の猫を飼っていて、
彼女が通っている動物病院のセミナーだそうです。

※猫の年齢は3年経過後は 24+(年数-2年)*4年
  で出せるそうです。

動物病院のスタッフの飼い犬くんの協力の元、
冊子を元にお勉強してきました。
更に「アロママッサージ」と銘打ってますので、
「化粧水」「クリーム」「ジェル」の3種類を別料金で
配合してもらえます。(500円) 私はクリームを。

分かってないよな~、絶対(;^^)。
Dscn4997

うん、分かってないわ~(;^^)。
Dscn4993

結局、こんなんなったわ・・・。
Dscn5002

聞いていて「私がやってほしいわい」と思った事は
言うまでもありませんけどね(^o^)。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (5) | TrackBack (0)

ペテロの葬列

皆様、3連休はいかがお過ごしでしたか?
お出かけされた方もいるのかな?
私は仕事行ったり、たまっているDVD見たり・・と
まぁあまり代わり映えのしない週末でした。

さて、昨日最終回だった「ペテロの葬列」
今クールのドラマの中で、お勧めの1つでした。
Photo

宮部みゆきさんの原作本はハードカバーなので、
まだ未読なんですが、彼女らしい作品ですね。
それだけに、「う~ん、そこはもうちょとねちっこく
書いているはずじゃない?」とか思ってしまいますが。

TVだとあっさりしてて、臨死体験のところ、とか、
坂本くん(二度目のバスジャックした子)の不審さ、とか
清田弁護士が「いかにも」過ぎてちょっと軽いかな?と。
その結果の部分も微妙な書き方だし・・・。

さらに、杉村氏の人生も大きく変わりましたね。
踏みとどまれた人、踏みとどまれなかった人、
その結果、踏みとどまれた人が傷つく結果となるのは
哀しいです。

しかしまさかこの作品がシリーズになるとは思いませんでした。
一番最初の「誰か somebody」から11年も経ってるし。
探偵、になるのかなぁ?次に期待を持たせる終わり方で
気になります~。でもどうせ2,3年は出ないんでしょうね、
でもドラマの最後の to be continued ってもったいぶり~。

「一番怖いのは人の悪意です」と言う宮部みゆき女史。
そして「人の悪意を書くのがめちゃうまい」宮部女史。
それだけに読むと一気に落ち込みそうになる事ありますが、
つい止められなくて読んじゃうんですよね。

今、大作「ソロモンの偽証」も文庫本刊行が始まりました。
Photo_2
こちらはハードカバー1冊分が文庫本2冊、の計6冊。
しかも「3ヶ月連続刊行」と言うことで、手元には最初の
「1&2」しかありません。
どうしようか、読んじゃおうか、取っておこうか・・・。

実はその前の「小暮写真館」もまだ未読なんですよね(;^^)。
もったいなくてなんか読めないんです。
ちなみに「ペテロの葬列」原作本も予約を入れてますが、
いまだ読めません・・・。予定では後3ヶ月ほど待つはず。

読書の秋、ですからね~。皆さんぜひおすすめ本を
ご紹介くださいな(^o^)。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

万能鑑定士Qの推理劇 松岡圭祐

はい、まだまだ続いてますよ~。
万能鑑定士Qの事件簿 松岡圭祐 全12巻
万能鑑定士Qの短編集 松岡圭祐 全2巻
万能鑑定士Qの推理劇 松岡圭祐 全4巻(2014年



読了です。
第1巻:絢爛豪華な宝石鑑定イベントからイギリスへ。
第2巻:ホームズの未発表原稿と『不思議の国のアリス』
史上初の和訳本。

第3巻:華連の弟子を追ってヨーロッパからアメリカへ。
第4巻:力士シール再び 『推理劇』篇最終作 『探偵譚』へ続く

****************************************************

ロジカルシンキングの達人「莉子」ちゃん。
人が良いのは相も変わらず、そんなんで都内の路面店を
維持できるのか?不思議に思っていました。
やっぱりね~、そりゃ閉店を決意する気持ちも分かるわ、って感じ。

だけど、謎が彼女を呼ぶんですね~、しょうがない。
小笠原氏も莉子ちゃんがいなくなったら悲しいでしょうし。

と、これを読んでいて「なんか話が分からない」一幕が。
ってか、「なんでこんなに他のシリーズの人が出てくるねん」
「いつの間に仲良くなってるねん」と不思議に思ったら・・・。

1 万能鑑定士Qの推理劇 I 2011年12月22日
2 万能鑑定士Qの推理劇 II 2012年4月25日

1 万能鑑定士Qの短編集 I 2012年10月25日
2 万能鑑定士Qの短編集 II 2012年12月25日

3 万能鑑定士Qの推理劇 III 2013年4月25日
4 万能鑑定士Qの推理劇 IV 2013年8月24日

って順番で刊行されてた・・・_| ̄|○。
もう紛らわしいっす・・・。

この2シリーズ、図書館で順番に借りられず、
どうでも良くなってきちゃいました(;^^)。
どれも単独で楽しめるっちゃ楽しめるんだけど、
やっぱり順番に読みたかったなぁ・・・。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (5) | TrackBack (0)

万能鑑定士Qの短編集 松岡圭祐

さて、先日紹介した「万能鑑定士Qの事件簿 松岡圭祐」、
初期シリーズは「全12冊」となっておりますが、
その後も続々と出てきております。

こちらは「万能鑑定士Qの短編集 松岡圭祐」


読了です。
***********************************
「Ⅰ」
第1話 凜田莉子登場/
第2話 水晶に秘めし詭計
第3話 バスケットの長い旅/
第4話 絵画泥棒と添乗員/
第5話 長いお別れ

「Ⅱ」
第1話 物理的不可能/
第2話 雨森華蓮の出所/
第3話 見えない人間/
第4話 賢者の贈り物/
第5話 チェリー・ブロッサムの憂鬱

短編集なので、「事件簿シリーズ」より更にあっさりと
読めちゃいます。
J.O.Aという質屋さんへ出張鑑定するが軸にあり、
小笠原さんが実は山梨の出身だった、とか
色々本作では書ききれなかった部分が出てきます。

そうそう、小笠原氏の高校の同級生(押しかけ女房、
みたいな?;^^)女性も登場したり、となかなか進まない
2人の関係を一生懸命ゆすぶってみるんだけど、
(J.O.Aの若いイケメン店員駒澤氏とか、ね)、
このシリーズはまぁ、のんびり亀の歩み、ですわな。

このシリーズは「人が死なないミステリ」だけに
ほっとして読めるから良いですわ。
ただ、「順番振ってくれ~」ってホント思う。

シリーズものを「☓☓シリーズ2」とかって小さくでも
書いてくれる作品とそうじゃない作品ってあるでしょ?
私は最初の「番号振ってくれる」方がホント好き。
スタート当初から読んでいるなら、年代順で新作を
読むので、番号なくても良いよ~、って思うんですが
こうやって図書館で知って借りて読んでいくと・・・
家に帰ってから(or読み終わってから)、がっかりするのよね。

文庫本だと作家別通し番号、があるし、裏表紙に
「☓☓の刊行作品」とかって一覧があるので、良いけど
(あ、たまに大人の事情で刊行が逆になる事もあるけど;^^)
ハードカバーはね~。

順番に読むのに苦労した本などもこれから控えてますので
お楽しみに(^o^)。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

RDG レッドデータガール 萩原規子

図書館で分厚いハードカバー本を見てました。
図書館に勤める友人と話していた時
「文庫全巻入庫してたよ~」と聞きました。

で、「読んでみるか!」と借りてみた。最初の1巻だけ。
で、「おりょ、面白いじゃないか!」と一気借り&読み

RDG レッドデータガール 萩原規子

読了です。

山伏の修験場として世界遺産認定の玉倉神社。
ここに生まれ育った鈴原泉水子、静かな生活をしていた。
中学3年の春、突然東京の高校進学を薦められる。
しかも、父の友人で後見人の相楽雪政が、
山伏として修業を積んできた自分の息子深行を、
(下僕として)泉水子に一生付き添わせるという。
しかし、それは泉水子も知らない、自分の生い立ちや
家系に関わる大きな理由があったのだ・・・。

*****************************************

「ヤングアダルト」なシリーズなんでしょうが、
それに出雲や山伏、はたまた戸隠に天狗、
式神使い、と日本古来の言い伝えをうまく使って
壮大なお話に仕上げています。

主人公の泉水子ちゃん。腰までの長い髪をきっちりと
三つ編みにして、メガネをかけている「イケテナイ子」。
ところがその三つ編みにもメガネにも意味があり・・・

(下僕として)一生付き添わせる、と命令した深行くんは
勉強ができて、運動神経も抜群、のカッコいい子。
う~ん、恋愛小説の王道ですな(;^^)。

1巻で地元の中学から東京の全寮制の高校へ進学、
2巻で式神使いとの対決、3巻で戸隠で天狗(?)と対決、
4巻で再び式神使いと対決、5巻で一つ上の次元を体験、
6巻で舞台は世界へ・・・ って感じの展開です。

これ読んでて「ナイトヘッド」をやたら思い出しましたわ。

これもひとつ上の次元、一つずれた次元、の話なのよね。
実は漫画版を持っていて、読み返してみると、
「う~ん、体が持たないのか・・・」とか「百匹目の猿現象、って
どんなんだっけ?」とか色々思ったりして。
思考が拡散しちゃいました。

ま、どちらも私てきには面白くて、好きなジャンルの作品。
お暇でしたら、ぜひぜひ読んでみて下さいな。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

おいしい戴き物。

ここ最近で「お土産物」として戴いた色々なもの。
今日は一気にご紹介♪

北海道は「白い恋人」でお馴染みの「石屋製菓」さんの
「美冬」です。
http://www.ishiya.co.jp/item/mifuyu/details/

Dscn4981

チョコレートをミルフィーユ仕立てにしたお菓子です。
1.「ホワイトチョコレート」×「マロン」。
2.「ブラックチョコレート」×「ブルーベリー」。
3.「ミルクチョコレート」×「キャラメル」の3種、です。
私は「2のブルーベリー」の甘酸っぱさが好きでしたわ。

次は新潟は「柿の種」でお馴染みの「亀田製菓」さんの
「サラダホープ」。新潟限定なんですって。
Img_0635

「サラダせんべい」を食べやすくした感じ、
軽くて塩味がおいしかったっす~。

そして、箱根に行った方からのお土産は「湘南クッキー」
なぜ?(;^^)
Img_0666

箱根の寄木細工をクッキーで表現しました。
バターとココアの贅沢な味わいです。
寄木の優しさとぬくもりを一口サイズにぎゅっと。

「モザイク」を「寄木」とは言ったものですね(^o^)。

お出かけした人、「どうしても食べたくて」実家から送って
もらった人、仕事で行った人・・・。
色々ですが、ありがとうございます(^o^)。
どれもこれもおいしく旦o(~ー~o)イタダキ♪ました!

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

第3回ブラック企業大賞

こんなNews、ビックリでした。
「第3回ブラック企業大賞」だって。やってるんだね。
知らなかったわ。

http://news.nifty.com/cs/economy/economyalldetail/cc-20140906-1870/1.htm

長時間労働や過労死などで、その年に問題となった
企業を決める「第3回ブラック企業大賞2014授賞式」が
東京都千代田区で開催された。

ノミネートされた11組12社一覧と結果はこちら。
1位 ヤマダ電機     5256票
2位 東京都議会    3207票
3位 タマホーム     2439票
4位 リコー       2314票
5位 秋田書店     1420票
6位 A-1 Pictures 1130票
7位 たかの友梨ビューティクリニック 1049票
8位 大庄       837票
9位 JR西日本  679票
10位 ゼンショーホールディングス(すき家) 570票
11位 正智深谷高校&イスト 401票

そういえばNewsで見たなぁ、と言う企業もあれば、
「ここ、どこ??」みたいなところもある。
 ※A-1 pictures さんはアニメ業界だそうだ。

一週間で47時間を超える残業、
1ヶ月で平均112時間の残業、
1ヶ月で160時間越えの残業、
1ヶ月で600時間の残業・・・

どれもかなり、の労働時間で追い詰められて
自殺された方、などいるそうです。
あまりにも報道が増えてきた為、
麻痺してしまっている今日この頃。

会社はいざというときに守ってくれないです。
悲しいけどそれが現実。
でも昔は違ったよなぁ。やっぱり「雇用」と言うものが
薄くなってきたからかな??

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (5) | TrackBack (0)

家族狩り 天童荒太

ドラマ、いかがですか??見てますか?
視聴率はイマイチ、のようですが、昨今、それも
しょうがないんだろうなぁ、と。
「重いの嫌い~」、「マジすぎるのダメ~」と、
思う人が増えたせいか、最近人気のあるドラマは
「一話完結」なんだそうですね。

でもこれ、結構面白いですよ。
メッセージ性が強いけど、いつまでもおちゃらけじゃねぇ。

家族狩り 天童荒太 全5巻

読了です。

高校教師・巣藤浚介は、恋人と家庭をつくることに
強い抵抗を感じていた。
馬見原光毅刑事は、ある母子との旅の終わりに、
心の疼きを抱いた。

児童心理に携わる氷崎游子は、虐待される女児に
胸を痛めていた。
女子高生による傷害事件が運命の出会いを生み、
悲劇の奥底につづく長き階段が姿を現す・・・。

**************************************

ドラマと小説、意外と違う部分があります。
そもそも小説は最初刊行した後、書き足して&
書きなおして小説5巻にしたそうです。

ドラマはどちらかと言うとその最初に刊行したものと
合わせているようですね。
そういえば今日が最終回ですね。

と言ってもドラマは最後3話分、残してあります。
この番組はまとめて一気に見たほうが面白い。
なので、この週末見る予定です。

夏ドラマも終わりに近づいていますね~。
今回はイマイチ、な感じではありましたが(;^^)、
その中でもこの「家族狩り」と「ペテロの葬列」、
「ST」、「HERO]、などは楽しませて頂いています。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

海賊と呼ばれた男 百田尚樹

図書館で予約して数ヶ月。
1巻を読み終えて更に数週間・・・。
世の中、すでに『文庫本』が出ている、と言うのに
ようやく読了できました!

海賊と呼ばれた男 百田尚樹


「ならん、ひとりの馘首もならん!」・・・
異端の石油会社「国岡商店」を率いる国岡鐵造は、
戦争でなにもかもを失い残ったのは借金のみ。
そのうえ大手石油会社から排斥され売る油もない。
しかし国岡商店は社員ひとりたりとも解雇せず、
旧海軍の残油浚いなどで糊口をしのぎながら、
逞しく再生していく。

20世紀の産業を興し、人を狂わせ、戦争の火種となった
巨大エネルギー・石油。
その石油を武器に変えて世界と闘った男とは・・・
*****************************************************
いやいやすごい本でした。

昭和28年に起きた「日章丸事件」からヒントを得て、
この作品が生まれたそうです。
でも「日章丸事件」は2巻目の途中に出てくるので、
それまでは結構辛抱が必要かなぁ(;^^)。

出光興産の創業者・出光佐三という、とてつもない事をした
人をモデルにした作品だけにとても重く&熱いものとなりました。

だってさ、退職金とか年金とか、福利厚生に昇給・昇格。
今ってあの頃より恵まれているはずなんですよね。
そもそも日本で戦争がない訳ですし。
そんな戦後の厳しい経済状況の中、「ひとりのクビ」も切る事なく、
タイムカードなし、組合なし、でやってきた経緯は簡単に
語ることはできず、とにかく読んでみて下さい、としか
言いようがないんですよね。

「店主」(出光氏)の考え方にブレがない!
世の中の情勢、国からの圧力、同業者からの嫌がらせに
屈してもしょうがないよ、と言わせない処がすごい。
何度も同じような(でも以前よりひどい)経験を経て
以前より2倍・3倍の飛躍をとげる様は、すごいっす。

長くて途中、くじけそうになる部分もありましたが、
そこは勢いで読ませる百田氏。
面倒でもじっくりと読んでみてください。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

猫弁と魔女裁判 大山淳子

いよいよ最終巻ですっ!ここまで読むと感慨深げ、の

猫弁と魔女裁判 大山淳子

読了です。

百瀬太郎(ももせたろう)は、青い瞳の女性国際スパイの
強制起訴裁判に、指定弁護人として選任された。
挙式の相談に乗ってくれない百瀬に困惑する
婚約者の亜子(あこ)。

事務所に帰ってこない主を待ちわびる野呂(のろ)と
七重(ななえ)。 飼い主と会えずに寂しい日々を送るテヌー。

百瀬の事務所を手伝う赤井(あかい)、百瀬の身を案じる
法律王子と透明人間、百瀬を利用しようとする
業界最大手法律事務所の秦野。

一心不乱に裁判の準備をする天才弁護士は、
シリーズ最終巻にしてついに法廷に立つ。
*******************************************

そういえば「法廷に立つ」百瀬を見たことなかったね。
 ◆猫弁 天才百瀬と厄介な依頼人たち
 ◆猫弁と透明人間
 ◆猫弁と指輪物語
で、今作品、全4回です。

過去のシリーズの登場人物がほぼ出てきます。
あ、でもシンデレラシューズのおばちゃんはいないな。
最後にもう一度出て欲しかった・・・。

相変わらず軽く&あっさりと読めてしまう文章で、
「物足りないのぉ」と言う気分なんですが、
それでもシリーズ最終巻、ともなると感慨深いです。

これ、そういえばその後ドラマやらないね~。
ドラマでやればみなさんも見る機会、あるかな?

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

お誕生日会 2014.08

さて、英会話。亀の歩み、で続いている今日この頃。
先生もかなりお歳を召してきましたが、相変わらず
お元気です(^o^)。

この日は生徒さん1人の誕生会。
で、いつものようにケーキを購入。
今回もTAKANO、さんの「桃のケーキ」です。

Img_0656

桃のコンポートにマスカット、ジュレ&ムースなどを
スポンジケーキに載せてあり・・・・
「めちゃ、切りづらかったです・・・」。

外側に透明フィルムが回してあるんですが、それを外した途端、
ツルッ・・・ツルッ・・・と桃が落ちていくんですね(;^^)。
Img_0657

だから、紙皿には落ちかけた「ウワモノ(上盛の)」が・・・。
Img_0659

美味しかった♪ 美味しかったけど、下のスポンジは・・・(;^^)
できればもう一息、って気分。

TAKANOさんのケーキは季節のフルーツを使い、
月替りでどんどん新作が出るので、嬉しいです。
ただこういう時でないと買えないからね~。
普段あまり甘いのは食べないし。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

旨い料理

「いいたい」ではみなさん、温かいコメントありがとうございました。
痛みが収まると「喉元過ぎれば・・・」ッて感じで、放ったらかし。
夏の疲れと軽いストレスと言う誰でも想像できる原因ですので、
ホント「暴飲暴食しない」ようにしないと。

なのに、今日はこんな記事をご紹介。

NHK BS でたったの2回だけ放映したこちら
「本棚食堂」。ご覧になった方、います??

Photo

ドラマの主人公は、真田錦と山田二郎という男2人組の
人気少女漫画家。自宅兼 仕事部屋にある秘密の書庫の本棚は、
美味しそうなシーンや描写がたっぷりの、 小説・エッセイ・漫画本で
埋め尽くされている。
そして二人はその内容がすべて頭に入っているという筋金入りの
グルメオタク。 彼らは、連載漫画の締切に迫られると決まって
「本の中の2次元グルメ」へ現実逃避してしまい、
ついには締め切りがある事を忘れ、2次元グルメを実際に再現する為、
厨房に立ってしまうのだ・・

第1回 8月18日(月) 午後11時15分~11時45分が「にんにく編」
エビやマッシュルームをにんにくで炒めただけの、文句のない一皿」
(江國香織「号泣する準備はできていた」より)
「星島スペシャル」(大藪春彦「謀略の滑走路」より)
「マイクルのキャベツ」(伊丹十三「女たちよ!」より)
「舞茸とパプリカのにんにくチャーハン」(小林ユミヲ「にがくてあまい」より)

第2回 8月26日(火) 午後11時15分~11時45分が「魚料理編」
「鯵のたたき定食」(川上弘美「真鶴」より)
「カキとベーコンのオーブン焼き」(小泉武夫「食あれば楽あり」より)
「鯛のまるごと焼き」(角田光代「予定日はジミー・ペイジ」より)
「漁師風スパゲッティペスカトーラ」(せきやてつじ「バンビ~ノ」より)

これらがどれもおいしそ~!!
彼らのグルメ資料が詰まった部屋。普段鍵をかけていて、
追い詰められて現実逃避する時だけ中に入って、大量の資料から
各自「これこれ」と言う料理を選ぶんです。

で、「妙に綺麗な;^^)」キッチンで料理を始める、と。
どこからそんだけ食材持ってくるんじゃい!ってツッコミは無し。
(だって締切前の缶詰状態で、これだけの食材は・・・;^^)。

料理は各4品。簡単め2つと面倒め2つ。
面倒なのは作ろう、とはあまり思わないけど、簡単なのは
絶対作るぞ!と思っちゃいました♪
「マイクルのキャベツ」と「牡蠣とベーコンのオーブン焼き」は
酒の肴に絶対合うと思う~!!

ちなみにレシピはNHKのサイトで閲覧可能です。
 ttp://www4.nhk.or.jp/honshoku/
たったの2回で終わっちゃったのは至極残念。
ぜひそのうち続編を!とつい思った作品です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« August 2014 | Main | October 2014 »