« くさり-ホラー短編集- 筒井康隆 | Main | 心霊探偵八雲 ANOTHER FILES 祈りの柩 神永学 »

祝もののき事務所 茅田砂胡

こちらも表紙絵にちょっとグラッときて(;^^)
借りてみました。(気だけは若いおばちゃんなんで)
しかも巻頭の「登場人物紹介」も漫画チックで。

祝もものき事務所 茅田砂胡

読了です。

やる気なし、根性なし、能力なしの事務所の所長が、
凶器あり、指紋あり、目撃者あり、動機もありで
現場不在証明なしの被告人の無罪証明を頼まれた!?
(第1巻)

「通りすがりの男の安否」を調べてほしいという奇妙な依頼が。
しかし、もののきの困った「体質」はこの単純そうな事件を
大事に?(第2巻)

凰華との出逢いや幼なじみたちが巻き込まれた奇妙な事件を
通じて、百之喜との友情が描かれる短連作短篇。(第3巻)
*****************************************

この主人公「百之喜太朗」。まぁ「特異体質」です。
お出かけすれば迷って目的地に辿りつけない。
ってか、都内から都内の自分の家に帰るのに、
とんでもないトコへ行っちゃう、ってどうなの??
極めつけは「日比谷公園」から迷った~、と電話したり・・。

でもそういう時にはなぜか仲間のピンチを救うのです。
&事件の確信に迫れるのです。(あ、こっちは周囲の人がね)
ようは「太郎ちゃんは何もせん。でも何かを引き寄せる。

迷った日比谷公園でなぜか目の前を幼なじみのお姉さんが
ガラの悪い男に囲まれてる・・・。
幼児誘拐された子供が連れ込まれた神社になぜか
太郎ちゃんがいる・・・。
林間学校先で太郎ちゃんが具合が悪くなり、付き添いの友人は
黙っていた怪我を発見してもらい九死に一生を得たり・・。
「どうしても出かけたくない!」とTAXIを飛び降り逃げた
太郎ちゃん。秘書はその夜自分らが乗るはずだった
飛行機が堕ちたことをNewsで知る・・・。

改めて書き出して見ると、笑っちゃう位すごい。
前評判とかあらすじなしで読み始めたので、第1巻目は
「う~ん、おいおい、あらら・・・」と呆れてたんですが、
途中から「おっとおっと~、うふ、おほ」って笑っちゃった。
で、急遽2&3巻を借りて読んでみた次第です。

決して上手い作家さんではないですが、味がある。
ビジュアル的にも目の保養になるしね~(;^^)。
TVドラマやったら、良いんじゃない?って思うけど
この3冊だけじゃ連続できない、な(;^^)。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« くさり-ホラー短編集- 筒井康隆 | Main | 心霊探偵八雲 ANOTHER FILES 祈りの柩 神永学 »

書籍☆☆☆」カテゴリの記事

Comments

nanagonも笑っちゃうくらい方向音痴で、後ろから付いていくと凄く面白いと言う域に達しています。

色々研究してみると、周りを見ていないんですよね。
だから自分の位置もわからないし、地図が頭に浮かんでないのです。

極めつけは周りを見ていないから目印になるような建物とかも見落としていて東西南北が太陽がないとわからないのです。

Posted by: nanamama | August 27, 2014 at 12:34 AM

ウロウロ歩き回りますが、かなりの方向音痴なので
私も日比谷公園で迷いました。
残念ながらイケメンではありませんが。

Posted by: ジャランこ | August 26, 2014 at 11:53 PM

最近の作品って、確かに「???」と思うような物も多いですよね。昔では考えられなかったんでしょうね。

マネキンの色・・・違和感ですか?
全然感じない私は・・・もう日本復帰は無理なのでしょうか!? 笑!

Posted by: mahalobunny | August 26, 2014 at 02:21 PM

表紙絵 は 若者向きですね。

Posted by: オサムシ | August 26, 2014 at 06:47 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/59956290

Listed below are links to weblogs that reference 祝もののき事務所 茅田砂胡:

« くさり-ホラー短編集- 筒井康隆 | Main | 心霊探偵八雲 ANOTHER FILES 祈りの柩 神永学 »