« もののけ本所深川事件帖 高橋由太 | Main | 100均の毛糸(綿100%)で。。。 »

教場 長岡弘樹

最初に連想されたものは、餌を待つ雛鳥の姿だった。
皆一様に首筋を長く伸ばしている。
雛鳥たちは、どよめきながら、伸ばしていた首を
ゆっくりと引っ込め始めた・・・。

教場 長岡弘樹

読了です。

第1話 職質・・・ 宮坂 小学校教師 右手首
第2話 牢問・・・ 楠本 インテリアコーディネーター 脚
第3話 蟻穴・・・ 鳥羽 体重80kg 耳(鼓膜)
第4話 調達・・・ 日下部 ボクシング 頭脳
第5話 異物・・・ 由良 夏風邪 頭髪
第6話 背水・・・ 都筑 エリート プレッシャー

********************************

TBSの「王様のブランチ」で結構前に紹介され、
気にはなってたんですが、なかなか借りられず、
ようやく予約待ちがなくなり、普通に書架に並んでおり
今回読めました。

警察官学校の半年間を綴った作品です。
以前TVドラマで「ビギナーズ!」ってあったんです。

Photo

これがおちゃらけだったんで、「良いのか?日本警察」と
ちょっと心配になったんですよね~。
(視聴率も評判もイマイチ、ではあったけど;^^))。

が、この作品を読む限り
「安心」って思っちゃいましたわ。
内容はかな~り、シビアでしたけどね(;^^)。
直球勝負だけでは、警察官なんて務まらない。
ありとあらゆる面を見て疑ってかかる。

ある意味「熱血漢はいらない」ってのは分かるかなぁ。
やたら張り切って、熱心にやっている人ほど使えない(;^^)。
むしろ、「不退転の決意」(堅固に意志を固めて、けっして
志を曲げたり屈したりしないと誓う心意気。
強い決意を表す言い回し)を心に秘めている、って方が
良いのかな。

知らない作家さんだったのですが、結構面白かったです。
あまり作品数は多くないようなので、そこはちょっと残念かなぁ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« もののけ本所深川事件帖 高橋由太 | Main | 100均の毛糸(綿100%)で。。。 »

書籍☆」カテゴリの記事

Comments

「ビギナーズ!」やっていた頃、それの影響じゃないけど、
娘が婦警になりたいと言って一緒に説明会に行ったことがありました。
話が、警視庁は一般の会社や他の県警に比べて
どのくらい恵まれているかの話で、そこ?って思っちゃった。

Posted by: ジャランこ | August 01, 2014 at 10:13 PM

相変わらずいろいろ読まれてますね。
婦人警官になった友達が、
着任後すぐに土左衛門を見て、
こんな仕事、さっさとやめてやる!!
と言っていたことを思い出しました(^_^;)

Posted by: butaneko | August 01, 2014 at 07:13 PM

警察官とは殆ど縁がない(それが一番なんだけど)ので全く知らない世界の人って感じ。
最近刑事もののドラマでは変人?変わった人がいるという描き方が多いけど本当はどんな感じの人が多いのだろう。

Posted by: nanamama | August 01, 2014 at 04:27 PM

警察官 しんどい職業だと思います。

Posted by: オサムシ | August 01, 2014 at 06:49 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/59985600

Listed below are links to weblogs that reference 教場 長岡弘樹:

« もののけ本所深川事件帖 高橋由太 | Main | 100均の毛糸(綿100%)で。。。 »