« 川の光 外伝 松浦寿輝 | Main | くさり-ホラー短編集- 筒井康隆 »

川の光2 タミーを救え! 松浦寿輝

続けて「第3弾」をご紹介。
こちらが2014年5月に出た最新刊の、
「川の光2 タミーを救え!」 松浦寿輝


読了です。

進め!小さく弱く、勇敢な者たちよ。
囚われの身となったゴールデン・レトリーバーを奪還するべく、
大小7匹の動物チームが、東京大横断の旅に出た―

*********************************************

第1弾で第2の我が家を見つけたタッタとチーチ一家。
仲良くなったタミーとはあまりあえなくなったけど、
彼のピンチには駆けつけないと!

まず「クマタカのキッド」が心ない人間に捕まります。
違法に動物を売買している悪人兄弟です。
彼らから何とか逃げ出したキッドは今度は心ない
人間が河原に捨てた「テグス」に絡まって
身動きできず、悪人兄弟に再捕獲。

そこへ通りかかった「ゴールデンレトリバーのタミー」。
兄弟に立ち向かおうとしますが、逆に拉致されます。

それを見ていた「テリアのマクダフ」が「救出隊」を組織。
「雀のリル」も手伝って声をかけますが、集まったのは
「ネズミのタータとチッチ」と「シェパードのビス丸」だけ・・・。

彼らに謝りたいです、ホント。
「第1弾」でネズミの暮らしを壊したのも人間、
今回、彼らを違法に売買するのも人間、です。
彼らから見ると巨大な動物に彼らがどう立ち向かっていくのか

敵は人間だけではないところがミソ。
人間が作った「渋谷の街」や「地下鉄」「スカイツリー」など
あらゆるものが彼らの障害となって立ちはだかります。
更には「レインボーブリッジ」を渡っちゃうところは
人工物、ってのはホント生き物にとって優しくない!

o(@^◇^@)oワクワクドキドキ、です。

クライマックスは、人間なのに彼らの目線になって
爽快感を味わってしまいました(^o^)。

かなり長いんですが、ぜひぜひ楽しんで欲しいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ




|

« 川の光 外伝 松浦寿輝 | Main | くさり-ホラー短編集- 筒井康隆 »

書籍☆☆☆」カテゴリの記事

Comments

人にとっては便利なものも、他の生物にとっては
迷惑なものが沢山。
というか、迷惑なものばかりですね。

Posted by: ジャランこ | August 24, 2014 at 09:57 AM

nanagonもこちらはとっても好きでした。

ところで今nanagonの学校で超人気でなかなか借りられない本があります。
あまりにも借りられないから購入しようか本屋で探しますが、なかなか手に入らないのです。

その本のタイトルは「元素生活」寄藤文平著です。
見かけたらページめくってみてください。
なかなか面白いらしいです。

Posted by: nanamama | August 22, 2014 at 11:26 PM

精力的に読書されてますね。
最近読んだのは、銀翼のイカロス?でしたっけ、
半沢直樹の新刊d('-'*)?
活字に飢えてます。
面白いの、見つけられない(T_T)

Posted by: butaneko | August 22, 2014 at 07:21 PM

長そうですね。

Posted by: オサムシ | August 22, 2014 at 07:02 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/60167523

Listed below are links to weblogs that reference 川の光2 タミーを救え! 松浦寿輝:

« 川の光 外伝 松浦寿輝 | Main | くさり-ホラー短編集- 筒井康隆 »