« 扇子。 | Main | お盆明け。 »

会社の掟 ベティ・L・ハラガン

1970年台、アメリカではウーマンリブと言いつつ
まだまだ「男は会社 女は家庭」論調が強かった。
1990年台、日本では男女雇用機会均等法施行と
言いつつ、まだまだ「男は会社 女は家庭」だった・・。

お母さんが教えてくれなかったゲームに
参戦している女性陣にお勧めする本

会社の掟 ベティ・L・ハラガン

読了です。

******************************************

本書は「ビジネスとはゲームである」と定義し、
女性が働くうえで、ゲームの基本ルールを知り、
賢いプレーヤーとして目標にたどりつくために、
日々の仕事のこなし方、お金についての考え方、
人間関係ほか、企業社会で生き抜く秘訣を伝える。

全米で100万部を超えるベストセラーとなった
「働く女性のためのバイブル」。

*******************************************

こちらはTVでTBS女性アナウンサーが紹介しており、
いつか読んでみよう、と思ってました。
TVで放映されただけに予約数が多く、なかなか
借りられなかったんですが、ようやく読めました。

「会社」と言う男性が作った陣地。
そこでの陣地取り合戦、はルールを知らなければ
勝ち抜けない。幼少時からルールを知っている男性には
大したことはないが、知らない女性には・・・

なんかすごく分かる本でした。
もっと早く読んでおきたかったなぁ~、って。

まぁお気楽な会社員、のままウン十年、の生活。
お給料は良くはないけど、勤続年数でゆっくりとですが
増えてはいる。
出世はしないけど、責任もその分なく・・・。

それでも一時期は張り切ったりもしたんですけどね。
無理をして仕事をこなし、結構ギリギリなところで
頑張ったりもして・・・
月間残業時間60時間超え、なんて事も。
 ※あ、今は100時間超えないと頑張ったと言えない?

作品中にこんな件がありました。
『新しい仕事を見つけるまでは決して現在の会社を辞めないこと。
会社にいることのメリット(中略)を利用しつくしてからでも
遅くありません。』

今ね、会社が結構すごい事になっております。
お盆中だから人が少ないんだ、と言い聞かせてますが、
彼らが休みから復帰する事はないんですよね(;^^)。
これからも更に増えていく、と思うと・・・憂鬱になります、はい。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 扇子。 | Main | お盆明け。 »

書籍☆☆」カテゴリの記事

Comments

ゲームであってもいいのですが、以前の職場のようにスパイがいるところは嫌だったなあ。(-_-)

Posted by: セイレーン | August 17, 2014 at 08:58 PM

nanapapaも最近は結構土日休んだりするので最近は残業時間も少ないです。
昔は本当に凄かったなぁ~と笑い話になりつつあります。

nanamamaもようやく少し本を読む時間が出来ました。
自分の時間って必要ですね。

Posted by: nanamama | August 16, 2014 at 09:02 PM

これは小説じゃないんですね^^

年齢柄、だんだんと会社では責任が重くなってきていますが、
正直に言うと、マイペースでそれなりに仕事していきたいなぁ(^_^;)

Posted by: butaneko | August 15, 2014 at 09:10 PM

どこも正社員の方はたいへんですよね。
私のところはわりとパートのおばさんは
お気楽にやっていますが(私を含む)
正社員の若い子は大変そうです。
彼らに上記の言葉を。

Posted by: ジャランこ | August 15, 2014 at 09:03 AM

TVの影響すごいのですね。

Posted by: オサムシ | August 15, 2014 at 06:59 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/59985665

Listed below are links to weblogs that reference 会社の掟 ベティ・L・ハラガン:

« 扇子。 | Main | お盆明け。 »