« July 2014 | Main | September 2014 »

21 posts from August 2014

いいたい

いいたい

言いたい

云いたい

良い鯛

善い隊・・・

う~ん、「胃痛い」っす(;^^)

ここ3ヶ月ほどで2回、胃の痛みで悶絶しました。
1回めは6月。いただきものの夏みかん。
かなり酸っぱいものでして、我が家ではむいてはちみつ
(or砂糖)で漬けて食べています。
ある日それ食べた後「雑巾を絞るような」激痛。

いや、マジで。本当にあるもんなんですね。
胃全体がギュ~~~って絞られているような感じ。
立っても歩いても座っても寝ても痛い。
10分位?で収まりましたが。

そして3日前。朝食中になんかムカムカする。
途中で食べるのを止めて、部屋に戻ったけど
今度は胃の中にガスがたまったような、たまりすぎて
破裂しちゃうんじゃない??って感じ。
ゲップも出やしない・・・。

立っても歩いても座っても寝ても痛い。
10分位?で収まりましたが。

ネットで得た情報によると、1回めは胃痙攣、らしい。
で2回めは呑気症による腹部膨満感、らしい。
いずれも10分足らずで痛みが収まったんで、
病院にも行ってないんだけどね。

いやぁ、若くないんだから。無理しないしよっ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

探偵・花咲太郎シリーズ 入間人間

図書館で文庫本を探します。
通勤電車で読むのに適当なものを。
だけど、文庫本って結構傷みやすいようで
図書館はやはりハードカバーを入庫するようで・・。

確かに借りた文庫本。
よれてたり、開きクセがあったり、とひどい扱い。
できるだけクセをつけないように、と思って読んでるけど
そう思わない人、って多いんだなぁ・・・。

見たことない作家さんの名前の本を見つけて
「文庫本だし借りてみようか」と。
◇探偵・花咲太郎は閃かない
◇探偵・花咲太郎は覆さない


「推理は省いてショートカットしないとね」
「期待してるわよ、メータンテー」
ぼくの名前は花咲太郎。探偵だ。

浮気調査が大事件となる事務所に勤め、日々迷子犬を
探す仕事に明け暮れている。…
にもかかわらず、皆さんはぼくの職業が公になるや、
期待に目を輝かせて見つめてくる。

刹那の閃きで事態を看破する名推理で、
最良の結末を提供してくれるのだろうと。

残念ながらぼくはただのロリコンだ。…っと。
最愛の美少女・トウキが隣で睨んできてゾクゾクした・・・。

***********************************************
う~ん・・・2冊も読んじゃってどうでしょ、と思っちった・・・(;^^)。

設定はハチャメチャだし、展開もわかりづらい。
そりゃ「推理は省略」しちゃうし、「閃かない」し・・・。
文章も読みづらくって・・・
でも早く読めちゃう自分がなんかヤダ・・・。

多分この世界観は私と相容れないんだろうなぁ。
ロリコンなのに美少女と同居してて、
同僚の探偵や所長との会話も気が利いているようで
なんかずれてます~(;^^)。

記事を書くのに調べたら、この作家さん、
「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」

映画の予告を見て「なんかすごい映画だな」と、
記憶にはありましたが・・・。何となく納得。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

ホリデー・イン 坂木司

好きな作家さんなのに、あまり新刊がでないと
待ち遠しさを通りすぎて忘れてしまう今日この頃(;^^)。
いや、ほんと歳は取りたくないものですわ・・・。

ホリデー・イン 坂木司

読了です。

人気作品「ホリデー」シリーズから誕生した、
初のスピンアウト短編集!
今回は親子の物語ではなく、彼らを取り巻く愛すべき人々、
ジャスミン、雪夜、進らそれぞれを主人公にした6編の物語・・・。

01「ジャスミンの部屋」
02「大東の彼女」
03「雪夜の朝」
04「ナナの好きなくちびる」
05「前へ、進」
06「ジャスミンの残像」

*******************************************

「初めまして、お父さん」。
元ヤンでホストの沖田大和の生活が、しっかり者の小学生
進の登場で一変!の「ワーキング・ホリデー(2007)、
その後を描いた「ウィンター・ホリデー(2012)」、
そして今回の短編集、となります。

可愛かったのよね~、進くん。
「ちっちゃいお母さん」でね(^o^)。
ジャスミンさんも良い女(男?;^^)よね~!、と。
ただ悲しいかな、主要登場人物以外の記憶が・・・
で、スピンオフ作品はちょっと悲しかった・・・。

2012年の映画化も知らなかったし・・・。


えぐざいるのAKIRA氏かぁ~、う~ん・・・。
そのうち見てみたいと思います、はい。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

心霊探偵八雲 ANOTHER FILES 祈りの柩 神永学

以前「心霊探偵八雲」シリーズを紹介しました。
その最新刊が出たので早速読んでみました。

心霊探偵八雲 ANOTHER FILES 祈りの柩 神永学

読了です。

八雲のもとに、また幽霊騒動の相談が持ち込まれた。
町の外れにある泉で、水面から這い出てきた幽霊に遭遇して以来、
友人の女の子が謎の歌を歌い続けているというのだ。

一方後藤刑事は、警察関係者の孫が悪霊から
殺人予告を受けているという案件を調べる中、
ある人物と運命の邂逅を果たす。

それをきっかけに明らかになる封印された後藤の過去。
そして教会で起こる密室殺人。
後藤の過去と事件の真相は、人々に何をもたらすのか!?*******************************************************
シリーズではなく、「外伝」としての作品ですので、
八雲と晴香ちゃんの間が進展する訳もなく、
後藤氏が探偵業をしていない(警察時代)の話なので、
う~ん、イマイチかな(;^^)。

シリーズで一気読みした時はその非現実感にどっぷりと
浸り、その世界観を楽しんだものですが、間が空くと
熱が冷めたようで・・・どうものめりこめなかった(;^^)。

「このシリーズは話の展開がほとんど同じなんだなぁ」とか
「登場人物みんなそこそこ不思議な現象が見えるんだなぁ」とか
どうも余計なことを色々考えちゃって。

そういえばこの「八雲」くんもビジュアル的に良いわよぉ♪
ちょっと若すぎますけど(;^^)。
他の登場人物のビジュアルがう~ん、って感じなので(失礼)
昨日の「もものき~」よりはちょっと落ちますけど(;^^)(;^^)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

祝もののき事務所 茅田砂胡

こちらも表紙絵にちょっとグラッときて(;^^)
借りてみました。(気だけは若いおばちゃんなんで)
しかも巻頭の「登場人物紹介」も漫画チックで。

祝もものき事務所 茅田砂胡

読了です。

やる気なし、根性なし、能力なしの事務所の所長が、
凶器あり、指紋あり、目撃者あり、動機もありで
現場不在証明なしの被告人の無罪証明を頼まれた!?
(第1巻)

「通りすがりの男の安否」を調べてほしいという奇妙な依頼が。
しかし、もののきの困った「体質」はこの単純そうな事件を
大事に?(第2巻)

凰華との出逢いや幼なじみたちが巻き込まれた奇妙な事件を
通じて、百之喜との友情が描かれる短連作短篇。(第3巻)
*****************************************

この主人公「百之喜太朗」。まぁ「特異体質」です。
お出かけすれば迷って目的地に辿りつけない。
ってか、都内から都内の自分の家に帰るのに、
とんでもないトコへ行っちゃう、ってどうなの??
極めつけは「日比谷公園」から迷った~、と電話したり・・。

でもそういう時にはなぜか仲間のピンチを救うのです。
&事件の確信に迫れるのです。(あ、こっちは周囲の人がね)
ようは「太郎ちゃんは何もせん。でも何かを引き寄せる。

迷った日比谷公園でなぜか目の前を幼なじみのお姉さんが
ガラの悪い男に囲まれてる・・・。
幼児誘拐された子供が連れ込まれた神社になぜか
太郎ちゃんがいる・・・。
林間学校先で太郎ちゃんが具合が悪くなり、付き添いの友人は
黙っていた怪我を発見してもらい九死に一生を得たり・・。
「どうしても出かけたくない!」とTAXIを飛び降り逃げた
太郎ちゃん。秘書はその夜自分らが乗るはずだった
飛行機が堕ちたことをNewsで知る・・・。

改めて書き出して見ると、笑っちゃう位すごい。
前評判とかあらすじなしで読み始めたので、第1巻目は
「う~ん、おいおい、あらら・・・」と呆れてたんですが、
途中から「おっとおっと~、うふ、おほ」って笑っちゃった。
で、急遽2&3巻を借りて読んでみた次第です。

決して上手い作家さんではないですが、味がある。
ビジュアル的にも目の保養になるしね~(;^^)。
TVドラマやったら、良いんじゃない?って思うけど
この3冊だけじゃ連続できない、な(;^^)。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Continue reading "祝もののき事務所 茅田砂胡"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

くさり-ホラー短編集- 筒井康隆

夏となると、TVでも「ホラー特集」、
よくやってますね。
最近はデジタル化が進んで、今まで
「ちょっとボケ」とか「暗すぎて不鮮明」だったのが
クッキリ&ハッキリ、と映り過ぎちゃってビックリ。

そういうTV番組は後で思い出しちゃうので、
できるだけ見ないようにしています。
(だって、お風呂で頭洗っている時、とか
寝てたはずの真夜中にふと目が覚めた時、とか
掛け布団からちょこっと出ている足に気づいた時・・・)
かなり、怖いじゃないっすか!

と言いつつこの間つい見ちゃったらもう怖かった~。
もう吊り橋、渡れない・・・。

その点小説なら・・・で
くさり-ホラー短編集-ホラー 筒井康隆

読了です。

シリアスからドタバタまで、おぞましくて痛そうで
不気味な恐怖体験の連続技。

地下にある父親の実験室をめざす盲目の少女。
ライフルを手に錯乱した肥満の女性作家。
銀座のクラブに集った硫黄島での戦闘経験者・・・

シリアスからドタバタまで、おぞましくて痛そうで
不気味な恐怖体験の連続技が炸裂。

*********************************************

小説はほんと良いですね。
「殺人者」で学んだけど、怖そうなものは想像力を調整して
それほど怖くないようにできるから。

又この作品集。コメディか?!って感じの作品もあり
かなり楽しめました、はい(^o^)。

「池猫」なんか怖い・怖いんだけど・・・笑えたわ~。

22作品もありますので、お好みの1つがある、かも?

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (5) | TrackBack (0)

川の光2 タミーを救え! 松浦寿輝

続けて「第3弾」をご紹介。
こちらが2014年5月に出た最新刊の、
「川の光2 タミーを救え!」 松浦寿輝


読了です。

進め!小さく弱く、勇敢な者たちよ。
囚われの身となったゴールデン・レトリーバーを奪還するべく、
大小7匹の動物チームが、東京大横断の旅に出た―

*********************************************

第1弾で第2の我が家を見つけたタッタとチーチ一家。
仲良くなったタミーとはあまりあえなくなったけど、
彼のピンチには駆けつけないと!

まず「クマタカのキッド」が心ない人間に捕まります。
違法に動物を売買している悪人兄弟です。
彼らから何とか逃げ出したキッドは今度は心ない
人間が河原に捨てた「テグス」に絡まって
身動きできず、悪人兄弟に再捕獲。

そこへ通りかかった「ゴールデンレトリバーのタミー」。
兄弟に立ち向かおうとしますが、逆に拉致されます。

それを見ていた「テリアのマクダフ」が「救出隊」を組織。
「雀のリル」も手伝って声をかけますが、集まったのは
「ネズミのタータとチッチ」と「シェパードのビス丸」だけ・・・。

彼らに謝りたいです、ホント。
「第1弾」でネズミの暮らしを壊したのも人間、
今回、彼らを違法に売買するのも人間、です。
彼らから見ると巨大な動物に彼らがどう立ち向かっていくのか

敵は人間だけではないところがミソ。
人間が作った「渋谷の街」や「地下鉄」「スカイツリー」など
あらゆるものが彼らの障害となって立ちはだかります。
更には「レインボーブリッジ」を渡っちゃうところは
人工物、ってのはホント生き物にとって優しくない!

o(@^◇^@)oワクワクドキドキ、です。

クライマックスは、人間なのに彼らの目線になって
爽快感を味わってしまいました(^o^)。

かなり長いんですが、ぜひぜひ楽しんで欲しいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ




| | Comments (4) | TrackBack (0)

川の光 外伝 松浦寿輝

nanagonちゃんとカブったかぁ~(;^^)。
はい、続きも出ておりますよぉ~。
昨日紹介した「川の光」の第2弾!
「川の光 外伝」


読了です。

その夜、神聖な木のしたに集まった大小の動物たちが、
うっとりと空を見上げていた。
「いよいよ今晩…」「楽しみだねえ」
人気小説『川の光』の仲間たちが大活躍する待望の短篇集。
驚きに満ちた七つの物語。

************************************************
短編集、ですが、文体が色々あり、お気に入りになるのと
そうでないのとがあるかも?

「詩」を語る仲間が集う集会や、猫のブルーがである不思議。
はたまた「おい、キング好きだったのね、作家さん」と思わず
ケラケラ笑ってしまう編、など面白かったです。

「スティーブンキング」の作品でね「彼のライフワーク」と表される
「ダーク・タワー」シリーズがあります。

これが長くてね~。全7分作なんですが、文庫本で14冊も
出版されてるの(;^^)。
これが「万能探偵Q」ちゃんシリーズのように「簡単」に
読めるものではなく、結構読了するのに時間がかかり・・
(あ、してない、かな?最後覚えてない!;^^)

これを、「川の光」メンバーで演じられちゃうと・・・脱力。
もう「あ、キングの方を読まなくても良いかな」とまで
思っちゃうんですよね。

できれば昨日の「川の光」を読んで、タッタとチーチ、
タミーにリル、グレンにブルー、と言ったキャストを
身近に感じてから手にとって頂けるとわかりやすいと
思います。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

川の光 松浦寿輝

2006年~2007年読売新聞に連載されたそうで、
「読書メーター」で誰かが読了してるのを見て、
なんか気になって借りてみました。


物語平和な川辺の暮らしは失われた。
晩夏、安住の地を求めてネズミ一家の冒険が始まる。
足元で脈動する世界に優しいまなざしを向け、
柔らかい魂の手触りを伝える物語。

*********************************************

主人公は「チッチとタータ」。はいネズミです。
お父さんと3匹で暮らす一家。
川のほとりでの幸せな暮らしは「人間の勝手」で失われる。

護岸工事・暗渠化、と川を人間の都合でいじる現代。
週末もTVで「三鷹・調布市の6月のゲリラ豪雨・ひょう」と
銘打ち、「河川工事」の難しさについて特集してました。

自然を人間がコントロールできる、とうぬぼれるにも
程があり、そもそも「川辺は怖い」ということを人間は
いつから忘れてしまっているんだろう?? と思う今日此の頃。

そんな人間の勝手で、川辺の住処を追い出されたネズミ一家。
川の上流、安心して住める場所を探して遡る事に。
ところが、困難が彼らを待ち受けます。

その困難とかが「いやしんどいな」と思う事ばかり。
ドブネズミの暴力団による嫌がらせに攻撃。
街中で出会う猫や犬と言った天敵。
でも中にはとっても良い猫や犬も人までもいて、
彼ら一家は困難の中、彼らの助けを借りて進み続けます。

いやね、これ良いお話でしたよ。
途中、辛すぎて悲しくて涙出そうになったり、もしましたが
(ウソ。涙出ました。)
読み終わった後、なんか温かいもの&力強いもの、が
胸の中にあふれてきて、大満足!

図書館で借りたのはハードカバーですし、厚いので
大人向けかな?と思いつつ、でも子供でもゆっくり&じっくり
読んでいけばきっと満喫してもらえる、と思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』

昨日の愚痴に温かいお言葉、ありがとうございます。
まぁ世の中色々あるやね、と思いつつ、
ランチタイムなどにも同僚と愚痴の言い合い、です。

******************************************

桜坂洋氏の同名ライトノベル「All You Need Is Kill」。

トム・クルーズ主演で映画化されたのを観てきました。
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』

201407_all_you_need_is_killp

原題:Edge of tomorrow
上映時間 113分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ワーナー)
初公開年月 2014/07/04

謎の侵略者“ギタイ”の攻撃によって、人類は滅亡寸前に
まで追い込まれていた。
そんな中、軍の広報担当だったケイジ少佐は、ある時
司令官の怒りを買い、一兵卒として最前線へと送られてしまう。

しかし戦闘スキルゼロの彼はあっけなく命を落とす。
ところが次の瞬間、彼は出撃前日へと戻り目を覚ます。
そして再び出撃しては戦死する同じ一日を何度も繰り返す。
やがて彼はカリスマ的女戦士リタと巡り会い・・・

***************************************************
うん、これ面白かったっす~。

最初ね、まぁ鼻持ちならない嫌なヤツなのね。
そりゃ、嫌がらせで最前線に送られてもしょうがないよ、って。
案の定、勝手も分からず(ってか銃の安全装置が外せない、って
致命的、だよね)・・・。

でもカリスマ戦士リタの「私を探して」の言葉をきっかけに
徐々に変わっていく訳です。
何度も同じ日を繰り返していくのは結構大変。
昨日と違うことをしようとして、あっさりと死んじゃったり、
数百通りの道を選択して、失敗し続ける・・・。

特にリタは記憶がない訳です。
なのに意志は強い。「それ昨日選択したんだよ」と
淋しそうに言うトム様・・・。
彼らに明日はあるのだろうか?

毎回「Hi!」から始まる様は「50回目のファーストキス」みたい。


で、まぁ最後の最後は結構感動モノです(^o^)。
友人は「トムは最近意味が分からない映画にばかり
出ている」とあまり良い評価はしませんでしたが(;^^)、
私はこういうの、結構好きなんですよね。
オブリビオン』も分からないなりに好きだったし~。

スカッ、とはしない(むしろもどかしい)けど、
楽しんで下さいな♪

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

お盆明け。

最近すっかりサボりクセがついています(;^^)。
平日は会社にいるから「暑い」訳じゃないし、
呑み会も昔ほど呑まなくなったし、
疲れきっている、と言うほどではないんでしょうが。

それでも「なんか疲れた・・・」と思ってしまうのは
会社の事とか色々気にかかる事があるから、かな。

前回の記事で
>お盆中だから人が少ないんだ、と言い聞かせてますが、
>彼らが休みから復帰する事はないんですよね(;^^)。
>これからも更に増えていく、と思うと・・・憂鬱になります、はい。

と書いたんですが、今月、大量に離職者が出ます。
「今日が最後の出社で月末付で退職するんで」と挨拶されたり、
「お世話になりました」とメモ書きが貼られたお菓子があったり、
と日に日に人が減っております。
数える気もなかったけど、この記事書くのに数えてみたら
本社全体で7,8人になるんですよね(;^^)。

辞める理由とかも「うん当然だね」と理解できる一方で、
「そっかさっさとケツまくったのね」と突き放した気持ちもあり・・。
複雑な感情の中、更に悩ませてくれるのが、その辞めた方達が
してた仕事がなんかふられてくるんですよね(;^^)。

う~ん、退職者が出るのはその部の問題でしょ?
その部できちんとケリをつけてくれよ~、って思うんです。
それを「まぁ困っている時はお互い様。協力しないと、なんでね」と
到底納得できない不明瞭な理由で、残っている人間に振るな~!
ヾ(ーー )ォィ 
って思うのは「私の心が狭いから」でしょうかね??

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (6) | TrackBack (0)

会社の掟 ベティ・L・ハラガン

1970年台、アメリカではウーマンリブと言いつつ
まだまだ「男は会社 女は家庭」論調が強かった。
1990年台、日本では男女雇用機会均等法施行と
言いつつ、まだまだ「男は会社 女は家庭」だった・・。

お母さんが教えてくれなかったゲームに
参戦している女性陣にお勧めする本

会社の掟 ベティ・L・ハラガン

読了です。

******************************************

本書は「ビジネスとはゲームである」と定義し、
女性が働くうえで、ゲームの基本ルールを知り、
賢いプレーヤーとして目標にたどりつくために、
日々の仕事のこなし方、お金についての考え方、
人間関係ほか、企業社会で生き抜く秘訣を伝える。

全米で100万部を超えるベストセラーとなった
「働く女性のためのバイブル」。

*******************************************

こちらはTVでTBS女性アナウンサーが紹介しており、
いつか読んでみよう、と思ってました。
TVで放映されただけに予約数が多く、なかなか
借りられなかったんですが、ようやく読めました。

「会社」と言う男性が作った陣地。
そこでの陣地取り合戦、はルールを知らなければ
勝ち抜けない。幼少時からルールを知っている男性には
大したことはないが、知らない女性には・・・

なんかすごく分かる本でした。
もっと早く読んでおきたかったなぁ~、って。

まぁお気楽な会社員、のままウン十年、の生活。
お給料は良くはないけど、勤続年数でゆっくりとですが
増えてはいる。
出世はしないけど、責任もその分なく・・・。

それでも一時期は張り切ったりもしたんですけどね。
無理をして仕事をこなし、結構ギリギリなところで
頑張ったりもして・・・
月間残業時間60時間超え、なんて事も。
 ※あ、今は100時間超えないと頑張ったと言えない?

作品中にこんな件がありました。
『新しい仕事を見つけるまでは決して現在の会社を辞めないこと。
会社にいることのメリット(中略)を利用しつくしてからでも
遅くありません。』

今ね、会社が結構すごい事になっております。
お盆中だから人が少ないんだ、と言い聞かせてますが、
彼らが休みから復帰する事はないんですよね(;^^)。
これからも更に増えていく、と思うと・・・憂鬱になります、はい。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (5) | TrackBack (0)

扇子。

そういえば、私の夏の必携品は
「アームカバー(冷房予防)」と「扇子」。

結構扇子は好きで自分で買ったりもしております。
一番好きなのは「布張り」。
安い100均などの「紙張り」とかはやはり情緒がない
ですよね(;^^)。そこは妥協しないんですよね。

電車の中とかで周りの迷惑を気にせず「バッサバッサ」と
するおじさんは許せないけど(;^^)、
そよぐ位の感じで扇いでもらうと、心落ち着きます。

そんな私に友人がくれたのがこちら

Img_0621

団扇(うちわ)のような可愛らしいデザインの扇子です。
こちらは「かまわぬ」さんというお店の商品です。

Img_0620

かま(鎌)の絵+わ(輪)の絵+ぬ で「かまわぬ」
結構こういうネーミングセンス、好きです(^o^)。

都内のお店が多いようですが、名古屋や成田空港(第1)など
にもあるそうですので、見かけたら覗いてみて下さいな。
手ぬぐい、欲しかったなぁ。

それまで使っていた扇子はこちら
Img_0654

渋いでしょ?(;^^)。
私が自分で選ぶとこんなもん。人が選ぶと「ピンク~」になる。
不思議なものですな。
これで当分扇子を買わなくて済みそうです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ロビンさん、ありがとう

12日昼食中、すまほ持ち、の友人Aが言うには
「ロビン・ウィリアムズが死んだ」と。
思わず「うぇっ?!」と驚きましたです、はい。

ところがもう1人の友人Bは「誰だっけ???」
オーイッ!!L(゜□゜o)オーー(゜|□|゜)ーーイ!!(o゜□゜)」オーイッ!!

思わず、「ほら、あの映画『ジュマンジ』とか、あ分からんか,
『フィッシャー・キング』、あ、ダメだな。そうだ!
『ナイトミュージアム』の将軍役!『パッチ・アダムス』はどうだ?!」

冒頭の友人Aも「んーとね『グッド・ウィル・ハンティング』とか
『今を生きる』、『ガープの世界』」・・・ いや最期のは;^^)

その内に「ほら、人の4倍の早さで歳を取るってヤツ(『ジャック』)、
植物人間で目が覚めるヤツ(『レナードの朝』)、
女装して家政婦になるヤツ(『ミセス・ダウト』)・・」

と映画の題名も出てこないけど、強烈な印象の作品も
出してみたんですが・・・

結局、分からなかったんですよね_| ̄|○・・・・。

ロビン・ウィリアムズ氏 享年63歳


惜しい役者さんを亡くしました。
ゴールデン・グローブ賞:主演男優賞を3回も取ってて
アカデミー賞は取れてない、ってのが悔しい。
 ※助演男優賞のみ
確かに主役を張るには・・・ってトコもありますが、
いい映画たくさん出てのよね。

英会話の先生も好きだったんですよね。
「彼のスタンダップコメディは良かったし、
苦労してきた人だから、応援してるんだ」と言ってましたっけ。

今週末、英会話のレッスンがなくて残念。
予習して、来週の英会話のTopicsにしようと思います。
週末、見なおしてみようかな。持っているのは
「フィッシャー・キング」だけだけど(;^^)。

http://www.hollywoodreporter.com/news/robin-williams-dies-suspected-suicide-724724

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

お風呂。

そういえば、今回、浦安にある『お風呂』に行ってきました。
浦安万華郷

2

ですっ。
〒279-0013  千葉県浦安市日の出7丁目3−12 
 JR京葉線新浦安駅から無料シャトルバス有
TEL:047-304-4126

内湯ゾーン(男女各7ヶ所)
露天ゾーン(男女各4ヶ所)
水着露天ゾーン(16ヶ所)
<サービス一覧>
リラクゼーション ボディケア、鍼 中国式フットリフレ
タイ古式セラピー バリ式リンパドレナージュ
韓国式あかすり・エステ 岩盤リラク ドクターフィッシュ

***************************************************
宿泊したホテルが、「めちゃ狭く」て風呂、大変だったの(;^^)。
浴室が狭いんじゃなく、部屋自体も狭かったのさ~。
まぁ『夏休み』で『金曜日夜宿泊』でこの値段(@7,300円)で
泊まれたのがありがたい、と思わないと、ですかね。

ちなみに宿泊ホテルは『CSVベイホテル』です。
TDLのある舞浜駅から2駅、駅から徒歩1分、の近いトコです。

で、お風呂の方はお台場などにもある「大江戸温泉物語グループ」
の施設です。
なので、なんとなく江戸チックな感じ(^o^)。Img_0645

↑で人数を言って腕輪をもらいます。
館内の飲食やサービスの料金は全て腕輪で管理されており、
退館時に一括精算、です。

提灯いっぱい~。
Img_0646

お風呂だけですが、内湯&露天の両方楽しめたので良かったです。
しかも「この暑い日にお風呂?」って感じだったんですが、
「ぬる目の湯」36度位 のがあったりするので、入ってられた~。

しゃべることは尽きず、でも体力も限界。
おしゃべりしたり、居眠りしたり、とのんびり過ごしました。
館内には飲食店もあり、和洋食&軽食が頂けます。

又水着を持参して、男女共有スペースで遊んだりもできるので
カップルにも人気のようです。(あ、水着もレンタルできます)。
1人で来られている人も多く、「汚れを落とす」のには良いかも♪


ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ハラダのラスク♪

週末の台風は大丈夫でしたでしょうか?
被害が出ている方、避難されている方、多いかと思います。
昨日中に列島は抜けたようですが、影響で雨・風、
更には「猛暑」までやってきそうですね。

自然には逆らえない、と良く言いますが、こういう事態になると
実感します。

さて、週末は遊びに来た友人と過ごしておりました。
皆様のところへお伺いできず、すみませんでした。
土曜日に空港まで見送りに行った際に見かけて、
つい買っちゃいました。
Img_0651

「甘くないラスク」として、以前も記事にした、
「グーテ・デ・ロワ ソムリエ」。
友人から頂いたきり、お目にかかってなかったんです。

空港で「ハラダのラスク」の看板を見て
「あ、土産に買っていこうかなぁ~」と口に出すと
友人も「あ、じゃぁ買っていくかな」と。

あのめちゃ甘い「グーテ・デ・ロワ ソレイユ」はなかったけど
無事、「甘くない第4のラスク」はgetできました♪。
Img_0653

うん、やっぱおいしい~(^o^)。
「ワインにあう」とのキャッチフレーズですが、ビールも
あうよ♪

ちなみに空港では九州・四国地方への欠航ニュースで、
TV局などもきておりました。
なんか、私と友人で映ってたらしい(;^^)。
Img_0648

飛行機を見ている人、結構いました(^o^)。
そっか、たまにはこういう処で遊ぶのも良いかもなぁ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

珈琲店タレーランの事件簿3 岡崎琢磨

第10回「このミステリーがすごい!」で
落選したものの、内容が評価され、刊行された作品。
気づいたらシリーズ3作目です。

珈琲店タレーランの事件簿3 心を乱すブレンドは 岡崎琢磨

読了です。

実力派バリスタが集結する関西バリスタ大会に出場した
珈琲店“タレーラン”の切間美星は、競技中に起きた
異物混入事件に巻き込まれる。

出場者同士が疑心暗鬼に陥る中、付き添いのアオヤマと
犯人を突き止めるべく奔走するが、第二、第三の事件が…。
バリスタのプライドをかけた闘いの裏で隠された過去が
明らかになっていく。珈琲は人の心を惑わすのか、
癒やすのか―。

******************************

このシリーズは第1作目から引っかかってました。
謎解きがまだるっこしいのと、言い回しが妙に気障なのと。
そもそも「アオヤマ=ブルーマウンテン」、
「切間=キリマンジャロ」ってネーミングが安易だし・・・。

通常、2作目・3作目と続くと文章もこなれてくるし、
読みやすくなるはずなんですが・・・アカン。
彼のスタイルなんでしょうね~。
3作目の今作も"o(-_-;*) ウゥム…。

実力派バリスタが集結する「大会」。
なのに、異物混入なんて、ちょっとどうなの?なチョイス。
しかも、過去に同様の事件が起きており、そのせいで
2年ぶりの開催。なのにまた事件が起きて・・・
さらに中途半端な密室もどき。
挙句の果てにそうきますか・・・と残念しごく。

そして「付き添いのアオヤマ」・・・。
いやいや、彼の扱い、ひどくないか??
まぁ、彼自身、「自分の店を出そうと研究している」
はずなのに、なんで?
バリスタ大会がある、ということも知らないみたいだし、
興味もなさそうだし、最近はただの客、だけで終わってる・・・。
しかもかなり狂言回し的な役回り・・・。

ライトノベルは軽く&あっさり読めるので、通勤車内で
読むのにおすすめです。
が、軽く&あっさりしている分、勢いで書いていて、
細かい処がおろそかになっているような気がします。

あまりお勧めできませんので興味のある方だけどうぞ。
しっかし、「「あまりお勧めできない」って書いちゃ
ファンの方には失礼な話ですよね(;^^)
個人的感想、って事でヨロシク<(_ _*)X(*_ _)>ヨロシク

それと、明日から週末はお休みします。
お盆も近いしね♪ 友人と旧交を温めてきます(^o^)。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

万能鑑定士Qの事件簿 松岡圭祐

映画で話題になっていて、「ん~どうしようかな」と思いつつ
図書館で予約がなかったので、読んでみたら
意外と面白かったので一気に借りてしまった
&読んでしまった・・・(;^^)。

万能鑑定士Qの事件簿 松岡圭祐 全12巻


読了です。(ってか12巻セットなんてあるんだね~)

23歳、凛田莉子の事務所の看板に刻まれるのは
「万能鑑定士Q」。
喜怒哀楽を伴う記憶術で広範囲な知識を有す莉子は、
その記憶と照らし合わせて瞬時に万物の真価・真贋・真相を見破る!

キャッチフレーズは「面白くて知恵がつく 人の死なないミステリ」。
そのキャッチの通りシリーズを通し一件も殺人事件がなく、
物語中では自然死も描かれない。

沖縄の波照間島に育ち、高校までは万年学年最下位だった
天然の美少女・凜田莉子(りんだ りこ)が、上京をきっかけに
その奔放な感受性を生かした勉強法を伝授され、
たちまち広範囲の知識を身につけてディスカウントショップ
買い取りコーナーの花形鑑定員となる。

そして20歳で独立し、「万能鑑定士Q」なる店を持つ。
やがて23歳になった莉子は、高度な「ロジカル・シンキング
(論理的思考)」を駆使し、店に持ち込まれる多種多様な依頼品の
鑑定を発端として事件解決に乗り出す・・・。
**************************************

都内に貼られた力士シール、ハイパーインフレによる、
価格高騰、波照間島の水不足に、太陽の塔の内部公開。
東日本大震災にモナリザの瞳の中の文字・・・
時事問題を積極的に背景に取り入れており、中には
「予言?!」と思うような内容もあります。

政府の混乱、ガソリンの売り切れと価格高騰、
都心のJR駅に長蛇の列が出来る等、震災直後の都心部の事象に
そっくりな描写が頻出する。
でも震災の1年前に発売されているんですよ~。
「あれ?これ知ってるよ?」とかなりけむに摘まれました。

彼女の謎解き部分や、文中に語られるウンチクの数々は
かなり面白い(^O^)!!
「ライターに貼ってあるシールは剥がしてはいけない。
PL保険の保証書だから、剥がすと保証対象外になる」
そっかぁ~、と良く見ると、うんホントだ~。「PL保険付」と
書いてありましたわ。

12巻と長いですが、1冊はすぐ読めちゃう。
若干、展開に「山と谷」がないような感じで、
(いやあるんだけど、あまり感じない;^^)難はありますが、
面白いので許せる~!!。

ネーミングや表紙の絵(「ビブリア~はパクリ??」と思える位)は
う~ん、ですが話は面白いですのでお勧め♪
ちなみに映画になったのは「第9シリーズ」ですっ。
ぜひぜひ読んでみて下さいな。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

書店ガール3 碧野圭

第3弾、出たんですね~(;^^)。
「書店ガール3 碧野圭」

読了です。

「私、亜紀さんみたいになりたい! 」
きらきらした目で新人バイトの愛奈に告げられ、
困惑する亜紀。子育てに疲れ、不慣れな経済書担当として
失敗を重ね、自信を失いかけていたからだ。

一方、仙台の老舗書店のリニューアルを任された理子は、
沢村店長との出会いを通し、被災地の現状を知る。
そんな亜紀と理子が、気持ちを一つにした目標とは!?

***************************************************

「お仕事系小説」のジャンルで、こちらは書店員さんです。
閉店の危機に立たされ奮闘した第1作
奮闘の甲斐あり、新規出店の書店店長になった第2作
そして、今回の第3作、です。

過去2作の紹介記事でも書いていますが、
「読みたい!!という本ではないんですよね~(;^^)。
第3作まで読んでますが、面白い訳じゃない・・・
(じゃぁ読むなよ、って感じですが;^^)。

ワーキングマザーである亜紀。
子供が熱出した、何したっちゃ早引けしたり休んだり。
「子供が熱出した」と連絡が来ても、母親が迎えに行く
のが当たり前、な昨今。
旦那は「会議だから」「仕事中だから」と知らんぷり。

確かに子供相手だからしょうがない、とは思うし、
そこであーだこーだ、と言うのも心狭い感じでイヤ。
でもその分、他の人へ行くしわよせ、は勘弁してほしいな、と
ついつい思っちゃうんですよね。

それでも良い会社のようで、「本社勤務ならシフト固定の
仕事だし、子育てには良いんじゃないか」って考えてくれて、
それなのに、彼女は「通勤が長くなる」としぶるんですよ。

今まで自転車通勤だったのが、電車で15分の通勤になる、と
言うもの。
う~ん・・・千差万別な今、これだけでどうこう、とは言いたくないが
ちょっと惹かれるもの、なかったです。

震災後の復興も絡めて書いてはおりますが、こういうのは
何をすべきか、何をしたら良かったのか、悩むことが多く、
難しいですね。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (5) | TrackBack (0)

100均の毛糸(綿100%)で。。。

先般、「100円ショップセリア」さんで見かけたこちら。
コットン100%の毛糸、です。

Dscn4983

さぁて、何をつくろうかなぁ、と考えて・・・。
これ作ってみた。
Dscn4986

ルームシューズ、もどき?(;^^)。

私の足がでかい、って話したことありましたっけ?(;^^)。
そして「冷え性」ってのも話しましたっけ?

真夏の今、上半身(と言うか膝裏までは)暑くて汗かくんですが、
足先は靴下履かないとちょっと(いやかなり)冷たいんです。
かと言って靴下を履くと暑くて汗だくになる・・・(;^^)。

で、風通しの良い夏用のルームシューズと言うかソックスを
探していたんですが、足でかいので・・・。
市販品で合うのがなかなか無い、んですよね。

かぎ針で簡単にできちゃうレシピをWebで見つけたので、
だったら作っちゃおうかなぁ~、と。
本当に簡単でした(^o^)。TV見ながら編んでたので、
製作時間☓時間、と宣言はできないんですけどね(^o^)。

Dscn4987

ちなみに買った毛糸は「毛糸長約85m(約25g)」。
2玉買ったけど、1玉で足りました。
それでも履くと暑い・・・(;^^)。困ったもんです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Continue reading "100均の毛糸(綿100%)で。。。"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

教場 長岡弘樹

最初に連想されたものは、餌を待つ雛鳥の姿だった。
皆一様に首筋を長く伸ばしている。
雛鳥たちは、どよめきながら、伸ばしていた首を
ゆっくりと引っ込め始めた・・・。

教場 長岡弘樹

読了です。

第1話 職質・・・ 宮坂 小学校教師 右手首
第2話 牢問・・・ 楠本 インテリアコーディネーター 脚
第3話 蟻穴・・・ 鳥羽 体重80kg 耳(鼓膜)
第4話 調達・・・ 日下部 ボクシング 頭脳
第5話 異物・・・ 由良 夏風邪 頭髪
第6話 背水・・・ 都筑 エリート プレッシャー

********************************

TBSの「王様のブランチ」で結構前に紹介され、
気にはなってたんですが、なかなか借りられず、
ようやく予約待ちがなくなり、普通に書架に並んでおり
今回読めました。

警察官学校の半年間を綴った作品です。
以前TVドラマで「ビギナーズ!」ってあったんです。

Photo

これがおちゃらけだったんで、「良いのか?日本警察」と
ちょっと心配になったんですよね~。
(視聴率も評判もイマイチ、ではあったけど;^^))。

が、この作品を読む限り
「安心」って思っちゃいましたわ。
内容はかな~り、シビアでしたけどね(;^^)。
直球勝負だけでは、警察官なんて務まらない。
ありとあらゆる面を見て疑ってかかる。

ある意味「熱血漢はいらない」ってのは分かるかなぁ。
やたら張り切って、熱心にやっている人ほど使えない(;^^)。
むしろ、「不退転の決意」(堅固に意志を固めて、けっして
志を曲げたり屈したりしないと誓う心意気。
強い決意を表す言い回し)を心に秘めている、って方が
良いのかな。

知らない作家さんだったのですが、結構面白かったです。
あまり作品数は多くないようなので、そこはちょっと残念かなぁ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« July 2014 | Main | September 2014 »