« 蛇行する月 桜木紫乃 | Main | 迷子の王様 君たちに明日はない5 垣根涼介 »

明日町こんぺいとう商店街2: 招きうさぎと六軒の物語

第1巻を紹介してすぐ、2巻目が出ている事に気づきました。
 →1巻目の記事はこちら
明日町こんぺいとう商店街2: 招きうさぎと六軒の物語


読了です。

1.古書卯月 藤谷治
2.あったか弁当・おまち堂 あさのますみ
3.水沢文具店 安澄加奈
4.台湾茶淡月 加藤千恵
5.カサブランカ洋装店 吉川トリコ
6.やきとり鳥吉 大沼紀子

こんぺいとうの角は24個。
戦後、24の店舗が集まり歩き出したこの商店街。
前回は7つのお店、今回は6つのお店。
どんなお店が開いているのでしょう??

***************************************************

前回紹介した際にほのぼのとした話としてご紹介。
今回もほのぼのしつつ、ちょっと人生のピリ辛さを
感じる作品たちです。

「古書卯月」はちょっと落語みたいなオチで、好みが分かれそう。
「水沢文具店」は人生のピリ辛さが味わえる作品。
「カサブランカ洋装店」はピリ辛どころか、わさびの味(;^^)。
これは辛かったなぁ~。自分が歳くってきただけに、
なんかズンと響くものがありました。

知らない作家さんが多いこういうものは好きです。
これをきっかけにまた新しい作家さんと知り合えるから。

しかし、本っていっぱいありますね~。
とても読みきれないですわ。そりゃそっか。現在、
1日200冊刊行されているそうですからね。
どんなに速く読める人でも全部は無理でしょうね・・・。

そんな本を全て収集・保存している国立国会図書館って
すごいなぁ、って感心します。
その内行ってみたいものです(^O^)。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 蛇行する月 桜木紫乃 | Main | 迷子の王様 君たちに明日はない5 垣根涼介 »

書籍☆☆☆」カテゴリの記事

Comments

本当にたくさんの作家さんがいるのですね
生き残るのも大変そうだなぁ(=^_^=)

Posted by: セイレーン | July 10, 2014 at 07:50 AM

国立国会図書館、想像だけど全ての本棚を見るだけでも1日以上かかりそうな気がします。
いったい蔵書どれくらいあるんだろう。

Posted by: nanamama | July 09, 2014 at 06:35 PM

いろいろ出ているのですね。

Posted by: オサムシ | July 09, 2014 at 06:40 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/59854022

Listed below are links to weblogs that reference 明日町こんぺいとう商店街2: 招きうさぎと六軒の物語:

« 蛇行する月 桜木紫乃 | Main | 迷子の王様 君たちに明日はない5 垣根涼介 »