« 田舎の刑事シリーズ 滝田務雄 | Main | ダークゾーン 貴志祐介 »

ふたつめの庭 大崎梢

「書店員シリーズ」、「出版会社シリーズ」で
おなじみの「大崎梢」さん。
たまに外れる事もあるんですが、結構面白いので
貸出冊数限度の10冊までまだ余裕がある、って時に
選んで借りています。

こちらはやはり「王様のブランチ」で5月に紹介された
作品です。普通に本棚に並んでてびっくりしました(;^^)。

ふたつめの庭 大崎梢

読了です。

そこは、かけがえのない場所。だから、あきらめない。
裏鎌倉の保育園を舞台に新鋭が描く、家族と恋の物語。

保育士になって五年の美南とシングルファーザー歴
一年と二ヶ月目の志賀隆平。

隆平は定時退社しやすい部署に異動し、子育てに
奮闘するものの、保育園は予測不能のことばかり。
園内の事件や行事を通して、美南と隆平は気づき、
育んでゆく、本当に大切にしたいものを。

湘南モノレールの走る街で紡がれる、
愛しい時間を描く傑作長篇。
********************************************

結婚3年以内の夫婦へのアンケートで、約4割の妻が
「本気で離婚を考えた」そうです。
これが10年経つと「約6割」にUPするそうですよ・・・。

シングルマザーとシングルファーザー。
どちらが大変かと言うと実はファーザーの方なんだとか。
児童扶養手当は母子家庭にのみ支給されていたり、
子供の成人後「寡婦」になれるのは女性だけです。

今回の設定は以前やっていた草彅くんのTVドラマ、
「僕と彼女と彼女の生きる道」(2004年)と似てます。

一見すると男性の方が収入が多いような気はしますが、
やはり定時退社できる部署へ異動する、となると
収入は減りますよね?評定も低くなりそうだし。

日本の企業は「残業たくさんする人=仕事一生懸命な人」と
勘違いしているトコ、多いですからね(;^^)。
奥さんとしては「仕事仕事で家庭を省みない」旦那は
失格かと思いますが、「家庭家庭でとっとと仕事を上がる」
会社員も失格、と思われる風潮ですよね。

ホント、バランスって難しいですよね。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 田舎の刑事シリーズ 滝田務雄 | Main | ダークゾーン 貴志祐介 »

書籍☆☆」カテゴリの記事

Comments

セイにイクメンがいます。チャリで保育園の送り迎えをしているそうです。雪降ってたら遅刻してきます。きちんと電話は入りますが。シングルファザーで実家というかおばあちゃんの助けがないと、かなり大変でしょうね。うん。

Posted by: セイ | June 30, 2014 at 06:34 PM

残業沢山する人、独身時代働いていたところの上司が、
業務時間中働かずに残業代稼いでいて、
うちの部署だけ残業手当が異様に高くなったら
私たちの残業をこっそり減らした(タイムカードじゃなかったから)
という経験があるので、その図式には誰よりも納得がいきません。

Posted by: ジャランこ | June 28, 2014 at 11:50 AM

「残業たくさんする人=仕事一生懸命な人」これは間違った概念ですね。

nanapapaは最近、移動時間が多くて8時間労働にならなくって拘束時間が長いのに残業代どころか勤務時間が足りない状況だとか。
これもどうなんだろうと思っちゃいます。

Posted by: nanamama | June 28, 2014 at 10:33 AM

残業たくさんする人=仕事一生懸命な人
この図式は変わってほしいですね。

Posted by: オサムシ | June 28, 2014 at 10:11 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/59609438

Listed below are links to weblogs that reference ふたつめの庭 大崎梢:

« 田舎の刑事シリーズ 滝田務雄 | Main | ダークゾーン 貴志祐介 »