« 花咲小路一丁目の刑事 小路幸也 | Main | 暗黒女子 秋吉 理香子 »

パティシエの秘密推理 似鳥鶏

カフェと喫茶店は厳密には別物。
夜中まで営業してお酒を出すのがカフェ、
そうでないのが喫茶店・・・

パティシエの秘密推理 お召し上がりは容疑者から
似鳥鶏(にたどりけい)

読了です。

証拠よりメレンゲを、手錠よりケーキを。
パティシエに転向した繊細すぎる元・刑事。
事件解決の裏には、必ず彼がいる。

警察を突然辞めた惣司智は兄の季が継いだ喫茶店で
パティシエとして働き始めた。
鋭敏な推理力をもつ智の知恵を借りたい県警本部は
秘書室の直ちゃんを送り込み難解な殺人事件ばかり
相談させている。

弟をお菓子作りに専念させたい兄は、泣く泣く捜査の手伝いを。
人の良い兄の困り果てた事態を見かねた弟は、
しぶしぶ事件解決に乗り出す羽目に……。

*************************************
本屋さんの平台で見かけてはいました。
最近こういう表紙絵、多いのぉ~(^o^)、と。

この「似鳥鶏」さんはアンソロジーの本で短編を読み、
記憶に残っていました。
それが図書館にポン、って置いてあったので、
「あらラッキー♪」と借りて読みました。

冒頭の文章は作品内にかかれていたもの。
お酒出さないけど、カフェって名乗っているお店、多いよね。
私もそこまでちゃんとした住み分けがある、とは
知らなかったですね~。

しかし、設定はやや甘め(;^^)。
事件の謎解きは面白かったんですが、なんとなく
コミカルと言うかふざけているような展開の中、
事件はかなり悲惨と言うかひどいんですよね。
そのギャップさがなんか、ねぇ(;^^)。
それに表紙絵とのギャップも相まって・・・。

それでも最後まで読んで面白かったし、
続きがあるなら読みたいなぁ、と思っているので
楽しみにしています。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 花咲小路一丁目の刑事 小路幸也 | Main | 暗黒女子 秋吉 理香子 »

書籍☆☆☆」カテゴリの記事

Comments

県警本部が助けを求めるのはどこかの話と似ていますね

Posted by: セイレーン | June 25, 2014 at 05:18 PM

カフェの喫茶店の違いって、そこ!?
ちょっと違うように思うなぁ〜って、日本流なんでしょうね。
アメリカでは、完全に違う分類ですわ。笑!
でも、アメリカでもカフェの定義がいまひとつよくわかりません。

Posted by: mahalobunny | June 25, 2014 at 07:36 AM

>夜中まで営業してお酒を出すのがカフェ、そうでないのが喫茶店
全く違いがわかってませんでした。

そうそう、最近この手の表紙多いですね。

Posted by: nanamama | June 24, 2014 at 11:20 PM

設定は面白そうですね。

Posted by: オサムシ | June 24, 2014 at 06:45 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/59711004

Listed below are links to weblogs that reference パティシエの秘密推理 似鳥鶏:

« 花咲小路一丁目の刑事 小路幸也 | Main | 暗黒女子 秋吉 理香子 »