« 「雀蜂」 貴志祐介 | Main | 甘いもんでもおひとつ&三人小町の恋 田牧大和 »

鯖猫長屋ふしぎ草紙 田牧大和

「鯖」「サバ」「サヴァ(仏:元気?)」・・・

いやいや、猫の鯖ちゃんを中心に回っている
長屋で起きるお話、です。

鯖猫長屋ふしぎ草紙 田牧大和


読了です。

ところは江戸の根津宮永町。
鯖縞(サバシマ)模様の三毛猫が一番いばっている長屋があった。
人呼んで「鯖猫長屋」。

猫の名はサバで、飼い主は三十半ばの売れない画描き拾楽。
なぜサバが一番えらいかって?

それはサバが永代橋が落ちることを予見し、
長屋の面々を救ったから。
炊きたての白飯しか食べない、わがままものの猫様が
仕切る長屋に、ある日素性のわからない美女が引っ越してきた。

続けて、幽霊に怯える読本作家、大道芸が得意な浪人者も
やってくる。一癖も二癖もある「わけあり」な人たちが集う
長屋で起こるふしぎな事件の謎を解くのは、
画描きの拾楽? それとも……。
**************************************

正月に一挙放送してた「猫侍」を思い出しましたわ。

Nekozwp001_1280800b

猫自体がとにかく「私が一番えらいのよ」って態度だから
それは昔も今も変わらないんでしょうなぁ~。

でも「炊きたての白飯しか食わない」ってのは贅沢すぎない?
当時、白飯を食べるのは大変だった、かと・・・。

この本は「読書メーター」で知りました。
「田牧大和」さんという作家さんも知らなかったし。

「読書メーター」、気づいたら「お気に入り」にしてくれた
方が2桁を越えていました(^o^)。
その方たちがマークした「読みたい本」「読んだ本」などを
あさってみると、知らない本などがたくさん出てきます。
その中で「面白そう」と思ったものを読んだりしています。

時代物、はあまり読まないし、
この「田牧大和」氏、時代物がほとんどなんですが、
読んでみると読みやすく面白かったです。

これは他の本も読んでみようっと。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 「雀蜂」 貴志祐介 | Main | 甘いもんでもおひとつ&三人小町の恋 田牧大和 »

書籍☆☆☆」カテゴリの記事

Comments

私はちょっとダメでした。女性のキャラがわからなくて(-_-)

Posted by: セイレーン | June 12, 2014 at 05:50 PM

うちは猫ではなくペンギンとひつじですね。

Posted by: nanamama | May 17, 2014 at 11:06 PM

私はネコよりイヌ派かな。でもどちらも飼った
ことないですが。

Posted by: オサムシ | May 17, 2014 at 12:14 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/59609431

Listed below are links to weblogs that reference 鯖猫長屋ふしぎ草紙 田牧大和:

« 「雀蜂」 貴志祐介 | Main | 甘いもんでもおひとつ&三人小町の恋 田牧大和 »