« ピグマリオン | Main | 八月の降霊会 若竹七海 »

ようこそわが家へ 池井戸潤

そういう連中ってのは陰湿で身勝手なのが
多いんだ。
そう、仕返しゲームだね。
誰が悪いかなんて関係ない。そういう連中には
世間の常識は通用しないし、反省という言葉もない。
頭に来たから相手に仕返しするってだけさ。
自分の気が済むまでね・・・。

ようこそわが家へ 池井戸潤


読了です。

真面目なだけが取り柄の会社員・倉田太一は、
ある夏の日、駅のホームで割り込み男を注意した。
すると、その日から倉田家に対する嫌がらせが
相次ぐようになる。

花壇は踏み荒らされ、郵便ポストには瀕死のネコが
投げ込まれた。さらに車は傷つけられ、部屋からは
盗聴器まで見つかった。

執拗に続く攻撃から穏やかな日常を取り戻すべく、
一家はストーカーとの対決を決意する。
一方、出向先のナカノ電子部品でも、倉田は
営業部長に不正の疑惑を抱いたことから、
窮地に追い込まれていく・・・。

****************************************

図書館の「新着コーナー」においてあり、「おぉ!」と
速攻で手に取った本です。
書店で「いきなり文庫化!」と平台陳列されてたのを
見てたもので(^o^)。

いつの頃からか、電車の中での迷惑行為を注意する声、
聞かなくなりました。
たまに小競り合いは起きていますが、できるだけ
他人事&他人事・・・と見ない振りしてます(;^^)。

ただ誰も注意しなくなったせいか、乱れがひどくなったよな。
座席に座ってスマホ振り回してゲームしてる人、
スープマグに入れた味噌汁飲んでおむすび食べる人、
ヘッドフォンからの音もれも気にしない人、
座っている人の膝にバッグぶつけて知らん振りしてる人、
乗車前整列している人より先に乗り込もうとする人・・・。
座り込んでいる若者はもう見慣れちゃいましたね~。

そんな何の気なしの行動で家庭が脅かされ、
一方会社では不正疑惑が浮上。

池井戸氏、どうしても仕事は銀行関係、ですね(;^^)。
池井戸本誌上最弱の主人公、倉田氏も「会社員」と
ありますが、銀行員で出向している方です。

以前読んだ「火の粉」をふと思い出しました。
あれよりは表現もソフトですし、家族の団結感が良い。
グロテスクさで判断する訳じゃないですが、
こういうのが本じゃないかな、って思ったりしちゃいます。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« ピグマリオン | Main | 八月の降霊会 若竹七海 »

書籍☆☆☆」カテゴリの記事

Comments

スープマグに入れた味噌汁飲んでおむすび食べる人ってそんな人いるんですね。ビックリです!!
nanamamaも一度だけ、親子(小学生の高学年の女の子とお母さん)が自宅から作ってきたお弁当を地下鉄の中で広げて食べていることに驚いたことがあります。
さすがに地下鉄はやめて欲しいと思ったnanamamaです。

Posted by: nanamama | April 18, 2014 at 11:11 PM

丁度今、職場の創立記念パーティーから帰ってきたところ。
普段より遅い時間の電車なのに子供が泣いている。
理由は、子供が貸してと言ったスマホをゲームをやりたいから父親が貸さなかったということ。
こんな家族は電車に乗るなと言いたい。
愚痴ですみません。

Posted by: ジャランこ | April 18, 2014 at 10:52 PM

こういう話題いやですよねぇ〜。
「切れる」って言葉が世間に知れ渡ってから、切れてもいいみたいな風潮・・・。
ダメな物はだめでしょ!って言ってやりたいけれど、確かに怖い気もする。
そんな世の中、なんとかしなければ・・・とは思うけれど。
最近の若者、中◯人化(人の迷惑気にしない)して来たのか??と思うのは私だけでしょうか?
いやっ、もちろん全ての中◯人ってわけじゃないですよ。

Posted by: mahalobunny | April 18, 2014 at 10:25 AM

あの池井戸氏ですね。

Posted by: オサムシ | April 18, 2014 at 06:47 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/59040244

Listed below are links to weblogs that reference ようこそわが家へ 池井戸潤:

« ピグマリオン | Main | 八月の降霊会 若竹七海 »