« ようこそわが家へ 池井戸潤 | Main | 深泥丘奇談 綾辻行人 »

八月の降霊会 若竹七海

八月の降霊会 若竹七海

読了しました。

足を踏み入れたときから。
いや、招待状を見たときからか。

この妙な感じは何処から来るのだろう。
この家から、それともこのなかの誰かからだろうか…。

一通の手紙「降霊会のお知らせ」、すべてはそこから始まった。
富士山麓の山荘に集められた一見何の接点もない人々。
霊媒師の口から出てきたのは、誰も知るはずのない
招待客の秘された過去ー。

死体、人骨、異様さを増していく山荘。
降霊会に絡んだ忌まわしき意図とは?
招待客の点が線で結ばれた時、すべての謎が明らかになる。

***************************************

まぁ「降霊会」ってのがそもそもうさんくさい(;^^)。
ミステリなのか超常現象なのか??
どう転がっていくのか分からない不安定さで読み進めました。

この不安定さ、って怖いです。
自分が何者なのか?何になるのか?分からないまま
物語が続き、すっきり&はっきりしない状態なんですよね。

一箇所に集められた人々。一人、また一人と殺されていく。
なぜ?疑問と恐怖でいっぱいになる中始まった降霊会・・。
う~ん、静養にいっただけの山荘で巻き込まれるならまだしも
降霊会の招待状で行く、となるとね~。

読了された方も少ないし、感想入れている人も少ない。
でも「若竹七海」さん、好きな作家さんなんですよね。
ちょっとずれているトコロが(^o^)。

探すのと借りるのが大変でポロポロ、と読んでますが、
一気に読んじゃったほうが良いかしら??

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« ようこそわが家へ 池井戸潤 | Main | 深泥丘奇談 綾辻行人 »

書籍☆☆」カテゴリの記事

Comments

まあ降霊会には縁がないと思います。

Posted by: セイレーン | April 21, 2014 at 10:50 PM

最近読書が全くできてなくてこういう本最近特に怖いと感じてしまって読めないです。

Posted by: nanamama | April 20, 2014 at 12:17 AM

最近は、「シャトゥーン ヒグマの森」など読んでみました。
綾辻行人の殺人鬼が大丈夫だったなら、こちらもお勧め(^_^;)
「このミステリがすごい!」の最優秀賞だって言うから読んだら、
なんだかスプラッタだったわ。
楽しい本が読みたい(T_T)

Posted by: butaneko | April 19, 2014 at 04:33 PM

ゆっくり読書する時間もないです。

Posted by: オサムシ | April 19, 2014 at 08:09 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/59260349

Listed below are links to weblogs that reference 八月の降霊会 若竹七海:

« ようこそわが家へ 池井戸潤 | Main | 深泥丘奇談 綾辻行人 »