« あなたのまわりの「コミュ障」な人たち 姜昌勲 | Main | 『永遠の0』 »

さとり世代  原田曜平

盗んだバイクで走り出す。行き先も解らぬまま。
暗い夜の帳りの中へ
誰にも縛られたくないと逃げ込んだこの夜に
自由になれた気がした15の夜

さとり世代~盗んだバイクで走り出さない若者たち
 原田曜平


読了です(;^^)。

「さとり世代」という言葉が流行語となっている。
消費をしない、上昇志向がない、恋愛に淡白、などの
特徴を持つ現代の若者たちは、現実を受け入れ
「悟っている」のだという。

30時間超の徹底討論でその実態に迫る
ムダな消費もムダな努力も拒否する若者たち。
若者の若者によるおじさんのための若者論。

*******************************************
広告会社の「博報堂」。
そこには「若者研究所」というのがあるそうです。
そこでは、「若者の新しいトレンドや消費性向の研究」
をしていて、「若者向けの商品の開発や、
広告・プロモーション案の企画・立案をしているそうです。

さて「さとり世代」とは一体どの年代を言うのか??
一般的には「1987年4月~1988年4月あたり生まれ」を
指すそうです。wikiによると、

大正世代(1912-26)
昭和一桁(1926-34)
焼け跡世代(1935-46)
団塊の世代(1947-49)
しらけ世代(1950-60)
バブル世代(1965-69)
氷河期世代(1970-82)
ゆとり世代(1987-96)
脱ゆとり世代(1997-)

って感じらしいですが、この「ゆとり世代」の中に
「新人類ジュニア」「バブルジュニア」「さとり世代」が
あるそうです。

で、「氷河期世代」が「ロスジェネ世代」ですね(^o^)。

この本、結構面白かったですよ~。
最終章に「バブル世代vsさとり世代」の討論会。
これがもうツボですよ、ツボ!(^o^)。
きゃぁ~恥ずかしい!と思いつつ「うん、うん」と
うなづいちゃいましたわ。

そっかぁ、さとり世代からはこんな眼で見られるのか
アセアセo(^^;o)Ξ(o;^^)oΞo(^^;o)Ξ(o;^^)oドウモ~♪
こりゃイタイ、です。イタイっすよ~。

ちなみに副題の
「盗んだバイクで走り出さない若者たち」ってのは、
1昨日の「迷惑行為は・・・」だったかな?
でも出てきたんですよ。

「そういえば昔ね、尾崎豊って歌手がいてね。
彼が描いた歌詞に「盗んだバイクで走り出す」って
のがあってね。
これが当時の若者の心を的確に表現してたんだ」

って説明したら、「そもそもバイクを盗みません」
「バイクを盗むのは犯罪です」ってあっさり言い返され
ちゃったんだって(;^^)。

そっかぁ、そうだよね。
でもそうあっさり言われると、当時彼の歌に影響を
受けたおばさんとしては、淋しい限りですのぉ。

さてこういう新書、って後から後からわいてきますね。
似たような話題に方向が違うだけで同じ事言ってたり。
あっさりと読めてしまうので、何冊出てても良いけど、
無駄な情報が蓄積されていくばかり、って気もする。

しばらくしたら又色々手を出してみます。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« あなたのまわりの「コミュ障」な人たち 姜昌勲 | Main | 『永遠の0』 »

書籍☆☆」カテゴリの記事

Comments

そうそう 盗んだバイク+15の夜ですからね
やっちゃダメでしょ それはf^_^;

Posted by: セイレーン | March 04, 2014 at 07:46 AM

ついつい「ジュリアナ時代」はないのかと思っちゃいました。

Posted by: nanamama | March 03, 2014 at 12:11 PM

もちろん私はサトリ世代ではないけれど、なんとなくわかる・・・ってのが、ちょっと怖かった・・・。
今の若い子達って、全然違う人種だと思っていたけれど、文章だけでみると・・・自分にも当てはまるわ・・・こわっ!

Posted by: mahalobunny | March 03, 2014 at 06:02 AM

世代 ってあるでしょうね。

Posted by: オサムシ | March 03, 2014 at 12:19 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/58981383

Listed below are links to weblogs that reference さとり世代  原田曜平:

« あなたのまわりの「コミュ障」な人たち 姜昌勲 | Main | 『永遠の0』 »