« バベル島 若竹七海 | Main | ご無沙汰しました »

晴れた日は図書館へいこう 緑川聖司

一冊の本はそのままひとつの世界だと思う。
表紙をめくれば、そこには今まで見たことの
ないような新しい世界が広がっているのだ。

「晴れた日は図書館へいこう 1&2」 緑川聖司


読了です。

茅野しおりの日課は、憧れのいとこ、美弥子さんが
司書をしている雲峰市立図書館へ通うこと。
そこでは、日々、本にまつわるちょっと変わった事件が
起きている。

六十年前に貸し出された本を返しにきた少年、
次々と行方不明になる本に隠された秘密……
本と図書館を愛するすべての人に贈る、
とっておきの“日常の謎"。

*******************************************
本屋さんで文庫本を見かけたんですよ。


この表紙絵だったんで「面白そう」と図書館で
予約したのを見たら、児童、ですか・・・(;^^)。

でもね、これが意外と面白かった(^o^)。
文章は読みやすいし、かつ謎解きも幼稚じゃなく
ちゃんとしてた。

文章内にね、「図書館の本は定価以上のお金が
かかっているから、本を紛失した・汚したからと言って
弁償すれば良いってもんじゃない」ってのがある。

購入した本に透明のカバーをつけ、番号を振って
番号シールをつけて、コンピューターに登録して・・
人の手と手間がかかっているんだ。

そっか。
幸いに本を紛失・破損・汚損したことはないんですが
たまにそういう本を見かけると哀しくなります。
大事に扱って欲しいな、ってこの本を読んで
改めて思いました。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

****************************************
さて、明日より1週間ほど、皆さんのところへ
お伺いできないので、少しblogの方をお休みします。

ついでに最近スパムコメントが大量に来てまして・・。
一時的に「全てのコメントに対してスパム防止認証画像
を設定
」させて頂きます。
so-netと違い、認証画像を選べないので、
以前設定した際、「何度入れてもOKにならない」と言う
方もおり、本当はしたくないのですが・・・。

まぁ記事の更新を止めるついでに仕掛けようと思うので
ご了承下さいませ (*- -)(*_ _)ペコリ。

|

« バベル島 若竹七海 | Main | ご無沙汰しました »

書籍☆☆☆」カテゴリの記事

Comments

お久しぶりです!!
一週間?ってことは旅でしょうか?(^-^)

久々にブログ更新しましたが内容は「お知らせ」です(--;)

Posted by: ジャズ | February 22, 2014 at 01:39 PM

晴れた日は、図書館には行けないなあ~
歩きに行っちゃうから・・・
晴れてても雪があるとだめですけど。

もしかして1週間暖かい所ですか?

Posted by: ジャランこ | February 19, 2014 at 12:12 AM

私は図書館の本にはカバーをして読んでいます。
大切に・・・と言うか、ダレが触ったかわらかないから・・・と言う理由ですけれどね・・・笑!
逃避行楽しんでくださいませー♪

Posted by: mahalobunny | February 18, 2014 at 09:40 AM

あら?
明日からまた逃避行なのでしょうか^^

スパム、ほんとにうっとうしいですね。
アメブロの方にはほとんど来ないんで、
助かってますが。

Posted by: butaneko | February 17, 2014 at 06:52 PM

あら、入れ替わりでお休みですね。

スパムコメントは本当にうっとうしいですね。

Posted by: nanamama | February 16, 2014 at 08:26 PM

私もスパムコメントがひどいのですが、
ほぼ海外からですので、
livedoorのブログ機能に海外のIPアドレスを
受付ないという機能があったので
それで対応していますが、
自身が海外からコメントするとき
いちいちはずさないといけないのが面倒ですが。

Posted by: オサムシ | February 16, 2014 at 08:21 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/58897753

Listed below are links to weblogs that reference 晴れた日は図書館へいこう 緑川聖司:

« バベル島 若竹七海 | Main | ご無沙汰しました »