« ご無沙汰しました | Main | 女性のいない世界~性比不均衡がもたらす恐怖のシナリオ~ »

絶対貧困 石井光太

いや・・・1週間、丸々ネットから離れてた訳ではなく、
blogを書いたり、コメント書く時間がなかった・・・。
ってか、書こうとすると「ケーブルが接続されてません」
と表示され、しばらく待って復活する時と、
しない時があり・・・って感じでね。

幸い昨夜は復活する日だったみたい(^o^)。
********************************************

世界全体で12億人が1日1$以下で生活している。
世界全体で30億人が1日2$以下で生活している。
世界全体で8億4千万人が飢餓状態、もしくは
不安定な食料供給に依存しており、
読み書きができない(成人のみでの算出)・・・。

絶対貧困 石井光太

読了しました。

スラム、物乞い、ストリートチルドレン、売春婦の生と性…
1日1ドル以下で暮らす人々と寝起きを共にした
気鋭のノンフィクション作家が語る。
泣けて、笑えて、学べる、ビジュアル十四講

**************************************

作家の石井光太氏が実際に貧困地域に寝泊りし、
生の体験を元に語る「絶対貧困」。

インド・フィリピン・ジンバブエ・バングラデシュ・
アフリカなどなど・・・。
以前見た映画「人類資金」でもあったように、
世界の7割の人が携帯電話を持っていない、と言う
貧富の差の偏りはすごいです。

例えば医者の割合は
 先進国:1/350人  途上国:1/60,000人 だったり、
妊婦さんの死亡率は
 先進国:8/10万人  途上国:450/10万人 だとか、
平均寿命が
 先進国:約76歳  途上国:約55歳 だとか・・・。

 ※全て本から抜粋

かなり、な事実を突きつけられて、呆然としました。

日本では「格差社会」と言われております。
所得の格差を示すのに「ジニ係数」と言うのがあって
  難しいからwikiででも見てね(;^^)
これが2011年のデータで「過去最大」となったそうな。

それでもwikiのジニ係数図を見ると他の国に比べ
全体水準が高いので、貧しいとは言えないらしい。

この世界の貧困を紹介するんですが、結構内容は
笑えます。
もちろんそうじゃない部分も多く(インドの少年少女
のお金稼ぎの実態なんかは)辛くなりますが、
結構たくましく生きているんだなぁ~って感動します。

昔は「あれが欲しい、これが食べたい」と思っても
食べられなかったりしましたっけ。
スーパーで売っているお菓子ではなかったり、
レストランの食事ではなかったりしました。
それだけに結構小さい事で幸せ感じたりして。

今は手作りのお菓子が「贅沢」だったり、
手料理が「豪華」だったりする訳ですが、
う~ん、矛盾してますね。

ちょっと大人向けの内容ではありますが(;^^)、
読んで欲しい本ですね~。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« ご無沙汰しました | Main | 女性のいない世界~性比不均衡がもたらす恐怖のシナリオ~ »

書籍☆☆」カテゴリの記事

Comments

祝!復活!
いろいろお疲れ様。

決して自分が豊かとは思わないのですが
やはり貧困の国の方を考えると
日々生きるか死ぬかですものね。

以前はケーキなんて誕生日とクリスマスだけだったのに
食べたかったらいつでもみたいな・・・
ダイエットしなきゃという、贅沢。

Posted by: ジャランこ | February 26, 2014 at 08:58 PM

ネット 復活してよかったですね。

Posted by: オサムシ | February 26, 2014 at 06:53 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/58934547

Listed below are links to weblogs that reference 絶対貧困 石井光太:

« ご無沙汰しました | Main | 女性のいない世界~性比不均衡がもたらす恐怖のシナリオ~ »