« 『キャプテン・フィリップス』 | Main | 死のロングウォーク スティーブン・キング »

『ハンガーゲーム2』

昨日のNewsで、P・シーモア・ホフマンの事を
知りました。
あの色白のぽっちゃりおじちゃん、が
もう見られないと思うと淋しいです。
良い役者さんだったんだけどなぁ。

**************************************
初版発行部数は当初予定の5万部から増えて
20万部を数える。
26の言語に翻訳されており、38の地域で
版権が売却された。

そんな原作の映画化『ハンガーゲーム』の2を
見て来ました。
A

原題: THE HUNGER GAMES: CATCHING FIRE
製作年度: 2013年
監督: フランシス・ローレンス
上映時間: 147分
キャスト ジェニファー・ローレンス ジョシュ・ハッチャーソン
      リアム・ヘムズワース

12の地区より12歳から18歳までの男女一組を選出し、
最後の1人になるまで戦わせる独裁国家パネムが
実施する「ハンガー・ゲーム」。

男女ペアで勝者となったカットニス
(ジェニファー・ローレンス)とピータ
(ジョシュ・ハッチャーソン)は、凱旋ツアーで
各地区を回る中で、自分たちを反国家の象徴として
捉える民衆の思い、静かに広がっている革命への
動きを感じる。

同様に国民の変化を悟ったスノー大統領
(ドナルド・サザーランド)は、新しいゲームマスター
(P・シーモア・ホフマン)に命じて、カットニス抹殺を
ひそかな目的にした歴代勝者結集の新ゲームを
開催させる・・・。

******************************************

前回の「シーズン1」を見たのが・・・
2012年11月かぁ。1年ちょい、だけに記憶は新しい。

ただ、原作が「シーズン3」で終わっている、という事で
どうしても「つなぎ」の感じが否めない・・・(;^^)。

以前(かなり昔の話です;^^))、「スティーブン・キング」の
「死のロングウォーク」と言う本を読んだんですね。
1979年発表、という事で、かなり古いはずなんですが、
古さを感じさせないのがキングのすごいトコ(^o^)。

↑の本の内容はググって頂ければ分かるので
割愛しますが、12~18歳の100人の男子が一斉に
歩き始めて、最後の1人になるまでウォーキングは
終わらないんです。しかも休憩は一切無し。
時速4マイル(約6.5km)で歩き続けなきゃいけず、
それを下回ると警告。4回目の警告で銃殺、です。

ちょっとだけ現実世界とずれているのが余計に怖く、
本当にありそうな、あるんじゃないか?
そんな気になってしまう作品でした。

「バトル・ロワイアル」もこの本が下敷きになっており、
(by Wiki)
これを先に読んじゃったら、ちょっとね。

まぁそもそも歳くったせいか、「殺しあう」と言う
設定自体が苦手になりましたわ(;^^)。

うん、あの本、もう一回読み直そうっと。
それが終わってからでも「ハンガーゲーム」の本を
読むのは遅くないでしょう(;^^)。

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 『キャプテン・フィリップス』 | Main | 死のロングウォーク スティーブン・キング »

映画2014」カテゴリの記事

Comments

こういう映画はちょっと苦手です。

Posted by: nanamama | February 04, 2014 at 05:30 PM

ハンガーゲームも見てないですね。

Posted by: オサムシ | February 04, 2014 at 06:39 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/59009306

Listed below are links to weblogs that reference 『ハンガーゲーム2』:

« 『キャプテン・フィリップス』 | Main | 死のロングウォーク スティーブン・キング »