« ガソリン生活 伊坂幸太郎 | Main | ミステリ・オールスターズ(アンソロジー) »

世界地図の下書き 朝井リョウ

「私、やりたいこと、いっぱいあった。
行きたいところだって、会いたい人だって、
夢だって、いっぱい」

毎週土曜日、放送のTBS「王様のブランチ」の
Books のコーナーで2013年のランキングと
「ブランチ・ブックアワード」が発表されました。

その中で、司会の谷原氏が選んだのがこれ、
世界地図の下書き 朝井リョウ



読了です。

「青葉おひさまの家」で暮らす子どもたち。
夏祭り、運動会、クリスマス。そして迎える大切な人との別れ。
さよならの日に向けて、4人の小学生が計画した
「作戦」とは……?

***************************************

家族、の定義が壊れつつある現代に、
「家族がいる」のに幸せじゃない子供、
「家族がいない」で幸せじゃない子供・・・。

しんどい世の中ですね。

なんていうんでしょ?今まで朝井リョウ氏の本は
「桐島 部活やめるってよ」と
「何者」 だけなんですが、
これらとは違う感じですね。

もちろん子供が主人公だけに、考えは稚拙だし(;^^)、
だだもれだし、分かりやす過ぎちゃう、ってのはある。
でもそれだけに、今までのような「第三者」風な
目線はなくなり、割と読みやすかったです。

メインとなる話は彼らの住む街で年に1回夏に行われる
「蛍祭り」と「願いとばし」。
「願いとばし」はランタンを空に飛ばす、と言うもので、
旧暦1月に台湾で行われる「平渓国際天燈節」が有名
なんですが、彼らの街では「お金がない」と中止に。

「来年は一緒にやろうね」と約束してから3年。
いつできるのか?

この一本筋に学校での色々な問題や、親戚・親子の
問題が絡み合って、ラストに向かっていきます。

まぁ展開は読めてしまったので、「やられた」とか
「うまい」と言う感想ではないんですが、
「人生に希望を持つ」事を難しく感じている彼らに
エールを送る作品となっています。

お時間がありましたら、お手に取ってどうぞ(^o^)。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« ガソリン生活 伊坂幸太郎 | Main | ミステリ・オールスターズ(アンソロジー) »

書籍☆☆」カテゴリの記事

Comments

家族がいない・・子どものいじめ問題の次は・・家族問題がきましたねぇ・・

Posted by: セイレーン | February 09, 2014 at 11:16 PM

今から香港マカオに行ってきます。

Posted by: オサムシ | February 08, 2014 at 05:56 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/58802921

Listed below are links to weblogs that reference 世界地図の下書き 朝井リョウ:

« ガソリン生活 伊坂幸太郎 | Main | ミステリ・オールスターズ(アンソロジー) »