« 銃/遮光  中村文則 | Main | 『ハンガーゲーム2』 »

『キャプテン・フィリップス』

2009年のソマリア海域人質事件がテーマ。
4日間にわたる人質生活と、
海軍特殊部隊ネイビーシールズによる救出作戦の、

『キャプテン・フィリップス』
201311

見て来ました~。
原題: CAPTAIN PHILLIPS
製作年度: 2013年
監督: ポール・グリーングラス
上映時間: 134分
キャスト  トム・ハンクス バーカッド・アブディ
      バーカッド・アブディラマン

2009年4月、ソマリア海域を航海中のコンテナ船、
マークス・アラバマ号を海賊が襲撃。
武器を所持していた4人の海賊に、
武装していなかったアラバマ号はあっという間に
占拠されてしまう。

船長のリチャード・フィリップス(トム・ハンクス)は、
20人の乗組員を自由にしてもらう代わりに
自らが海賊の人質となり……。

**************************************

実際の事件を扱っているだけに、かなり真剣。
ソマリア海賊の彼らの背景にも同情すべき点が・・・。
彼らの生活水準はかなり厳しいものですし、
彼らの上前を吸い取る上の人・・・ひどいです。

それでも船を襲って良いという理屈にはならないし、
そしてそれに甘えてもいけないと思う。

「海賊」と言う言葉。昔聞いたけど、今また聞くとは
思わなかったです。
単独で航海している大きな船を狙う。
放水で撃退しようにも、緊急時訓練が十分でなければ
どこかに反故が出る・・・。

実際に起きているのが怖いです。
航海が「男のロマンだ」と言う時代もありましたが、
今は武器なども進化しており命がけですね。

ジャックされた時どう行動するか・・・
人間の根本的なものが試される、ってのもこわいです。

そういえば、リチャードは仕事に戻ったそうです。
それもまた根本的な部分、ですね。
家族を愛し、仕事に誇りを持つ、人格者だなぁ、と
思いつつ、自分じゃ無理だなぁ、と。

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 銃/遮光  中村文則 | Main | 『ハンガーゲーム2』 »

映画2014」カテゴリの記事

Comments

海賊って、野生の熊が森林がなくなって餌がなくなって人間を襲うようになった話と似ているように思えます。。

Posted by: セイレーン | February 04, 2014 at 09:18 PM

これ気になっていたんですよね。
最近映画館に行けないので残念。

近所に映画館が出来るという話がとん挫したらしく本当に残念です。

コンセントの英単語ありがとうございます。
socket outletが一番しっくりきました。

Posted by: nanamama | February 03, 2014 at 11:23 PM

これ観たいと思っていたんですよ。
実話好き!
海賊なんてまだいるんだぁ〜!?って感じだけど、それが現実なんですよね。
本当に日本は平和だわぁ〜♪

Posted by: mahalobunny | February 03, 2014 at 07:10 AM

これもたぶん見ないなあ。

Posted by: オサムシ | February 03, 2014 at 06:41 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/59009371

Listed below are links to weblogs that reference 『キャプテン・フィリップス』:

« 銃/遮光  中村文則 | Main | 『ハンガーゲーム2』 »