« 『REDリターンズ』 | Main | 人柱はミイラと出会う 石持浅海 »

『劇場版SPEC 結(クローズ)』

TVの再放送など、盛り上がりましたね。
「SPEC」。いやぁ好きでした。
以前、記事にも書きましたね。3年も前かぁ。
その劇場版2作、一挙紹介~。

『劇場版SPEC 結(クローズ)』
漸(ゼン)の篇 と 爻(コウ)ノ篇 です。
201311_spec

製作年度: 2013年
監督: 堤幸彦
上映時間: 94分 上映時間: 91分
キャスト 戸田恵梨香 加瀬亮 向井理

時を止められる無敵の超能力者ニノマエ(神木隆之介)との
激しい戦いに勝利し、当麻(戸田恵梨香)と瀬文(加瀬亮)は
虫の息で病院に搬送される。

一瞬二人の距離は近づいたかのようにも思えたが、
同じ頃、ある人物は着々と世界の終息に向けて準備を
進めていた。
やがて特殊能力者たちが世間を騒がせ始め、
当麻の中のSPECがついに覚醒し……。
*********************************************

いやぁ~!!
こんなに広い世界観でしたっけ??(;^^)。
「トリック」位のプチ、だと思ってたんですが・・・。

意味分からなかったですわ、うん(;^^)。
「ファティマ第三の予言」 wikiによると、

1916年春頃、ファティマに住む3人の子供の前に
「平和の天使」と名乗る14-15歳位の若者が現れ、
祈り方を教えた。その後も天使の訪問は続き、
1917年5月13日、ファティマの3人の子供たちの前に
謎の婦人が現れて毎月13日に同じ場所へ会いに
来るように命じた。
子供たちは様々な妨害にあいながらも
「聖母マリア」と名乗る婦人に会い続けて様々な
メッセージを託された・・・。

ファティマ第1が「死後の地獄の存在」が明らかに、
ファティマ第2が「大戦争の終焉と勃発」が明らかに、
ファティマ第3が「1960年になったら公開せよ」。

結局2000年になって「ファティマ第3の予言」は、
「教皇暗殺だった」と発表されたんですが、
地獄に大戦争と来て、3つ目が「暗殺」って・・・
ちょっとしょぼい感じします、はい。

だって、1960年に文書を見た教皇が絶句して封印、
次の教皇も見た後数日人事不省に陥った、と。
更には1981年には「文書を公開しろ」とハイジャック
事件まで起きたって言うんだから・・・。

で、確かに今回の映画の「予言」なら納得かなぁ。
なるほど、そりゃ「大事」だよね、って。

映画を見ていて、色々思い出しました。
TVでもちょこっとしか出てないけど「佐野元春」さん、
父親役だったのよね~、とか
最後の「朝倉!」って・・・誰だ?!とか(;^^)。

そうそう、この映画の大島優子の役柄が、
「安堂ロイド」の人格変換後の彼女と同じかぁ、とか
まぁ色々遊んでくれますね、TBS。

これで終わっちゃうのかぁ~、なんか寂しい。
そうだ、「トリック」も見に行かないと、だなぁ。

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 『REDリターンズ』 | Main | 人柱はミイラと出会う 石持浅海 »

映画2013」カテゴリの記事

映画2014」カテゴリの記事

Comments

こちらも全然見てないです。
トリックも初期の頃は見ていたのですが。

Posted by: オサムシ | January 28, 2014 at 06:29 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/58778626

Listed below are links to weblogs that reference 『劇場版SPEC 結(クローズ)』:

« 『REDリターンズ』 | Main | 人柱はミイラと出会う 石持浅海 »