« とっぴんぱらりの風太郎 万城目学 | Main | スタッキング可能 松田青子 »

トラップ・ハウス 石持浅海

君たちは、ここから出られないよ。
一生ね。

トラップ・ハウス 石持浅海


読了です。

大学卒業を間近に控えた本橋大和は、級友たちと
車2台に分乗し、郊外のキャンプ場に出かけた。
先乗りしたはずの幹事の姿は見えないが、
チェックイン済みのトレーラーハウスに向かう。

見慣れない宿泊施設に興奮した九人全員が
中に入って、そのドアが閉まったとき、
復讐劇の幕が開いた―。

はたして彼らは、生きてここから出られるのか!?―。
*********************************

キャンピングカーが「宿泊もできる自動車」に対し、
トレーラーハウスは「移動もできる住居」だ。

これ、重要なキーです(^o^)。

以前、どっちも宿泊したことがあります。
違い、と言えば前に運転席があるかないか、だけ。
トレーラーハウスはコンテナのでかいようなもの。
室内に入ってしまえば&地面に固定されていれば
移動するとは思えない快適さ。

なのに、ある意味「密室」になりえる訳です・・・。

これはね~、ホントネタがばらせないのがもどかしい!
特にクライマックス。もうドキドキでした。
「犯人当て=謎解き」の部分もホント分からなかった。
裏を読む、とか推察する、って事をせずに読むので
まぁ私って単純σ(^_^)、って思います。

うまい設定だなぁ~と。展開も私好み♪
それだけに一気読みしてしまいましたわ~。
所々、「う~ん」って思う箇所がない訳じゃないけど
勢いでいけちゃうんですよね~。

いやぁ、やっぱり好きな作家さんですわ。
頑張って全作品制覇したいと思います!

読書記録をつけているサイト、「読書メーター」の
「マイデータ」ってのを見たらあらビックリ。
「近藤史恵」さんが一番割合が高くなってる・・・。

20140116

うん、がんばろっっと(^o^)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« とっぴんぱらりの風太郎 万城目学 | Main | スタッキング可能 松田青子 »

書籍☆☆」カテゴリの記事

Comments

キャンピングカーとトレーラーハウス
違いを考えたことがなかったですが
なるほど。
こちらの本、面白そうですね。
読書メーター、名前はこちらで聞いたことがありますが、
本をあまり読まないから使ったことがありません。

Posted by: ジャランこ | January 18, 2014 at 08:14 PM

どちらも宿泊したことがないです。
キャンピングカーは一度体験してみたいけれど、トレーラーハウスは窓がないと言うイメージで怖いです。

nanagonの学校の3学期のおすすめ本の紹介です。
・「柔らかな頬」著桐野夏生
・「またまたたいへんないきもの」著早川いく
・「月魚」著三浦しをん
・「沼地のある森を抜けて」著梨木香歩
・「男は女より頭がいいか」著ジョン・ニコルソン

どれも読んでみたいなぁ~と思っています。

Posted by: nanamama | January 18, 2014 at 07:08 PM

外での宿泊は日本ではほぼビジネスホテル
海外ではホテルか日本人の方経営の
B&Bです。年末年始のイタリア旅行は
2つの日本人奥さんのB&Bを使用しました。

Posted by: オサムシ | January 18, 2014 at 12:44 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/58508583

Listed below are links to weblogs that reference トラップ・ハウス 石持浅海:

« とっぴんぱらりの風太郎 万城目学 | Main | スタッキング可能 松田青子 »