« 温かな手 石持浅海 | Main | ようこそ授賞式の夕べに 大崎梢 »

ブックジャングル 石持浅海

「『いいか』、『君は』、『僕が』、『護る』」
「君は、俺が護る-これからも」

ブックジャングル 石持浅海


読了です。

図書館に閉じ込められた男女五人の恐怖の一夜。
閉鎖された市立図書館に忍び込んだ青年2人と少女3人。
突然、青色のラジコンヘリに襲われる!。
姿を見せない殺人者との一夜の暗闘・・・。
*************************************

石持氏の設定(発想)に驚く3日間、でお送りしています。
(^o^)(^o^)(^o^)(^o^)(^o^)

とにかくすごいなぁ~、って感じ。
まず、「公共の図書館が閉館する」ってあるんだな、って。
勿論、老朽化とか、理由はいろいろあるんでしょうが、
我が家の周り、増えることはあるけど減る事がない。
ウン十年経っても代わり映えしないだけですけどね(;^^)。

閉館したことを知らずに、最後の挨拶に訪れた青年2人。
本をもらい忘れて、取りに訪れた少女3人。
何が目的か、ラジコンヘリ遣い3人・・・。

まさかね~って冒頭から始まります。
ここは「トレーラーハウス」を舞台にした「トラップハウス」と
同じような感じ。ところがそこから色々・・・。

針がついたヘリにティッシュ包みをぶら下げたヘリ、
本と本の隙間をくぐりぬけて低空飛行で襲うヘリ・・・。
いやいや、すごいっす~。

ただ後半ちょっと失速・・・。
いつになったら脱出できるの?どうなるの??
って思っていただけに、う~ん急にテンポ悪し・・・。
そこは残念ですが、設定の面白さで一気読みしちゃいました!

これも面白いですよ♪

夜の図書館、ってぜひ一度行ってみたいな、って思います。
ある図書館では『子供向け』に「夜のお泊り会」なんてのが
あるそうです。

最近は色々なサービスがありますよね。
IKEYAでもお泊り会をやっていたりしますし。
いいなぁ~、私が子供の頃はそんなの無かったです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 温かな手 石持浅海 | Main | ようこそ授賞式の夕べに 大崎梢 »

書籍☆☆☆」カテゴリの記事

Comments

お泊まり会なんてあるのですか、今の時代ってなにか事故があったら大変そうですけれどね。。

Posted by: セイレーン | February 02, 2014 at 11:17 PM

nanamamaは夜の水族館という企画に行ってみたいです。
たしか三重県の水族館でやっていたはず。

Posted by: nanamama | January 31, 2014 at 11:34 PM

図書館 たしかに増減はあまりないですね。

Posted by: オサムシ | January 31, 2014 at 06:42 AM

おもしろそうですね。
この作家さん、アメリカの図書館にもあるかなぁ〜!?
検索してみます。

Posted by: mahalobunny | January 31, 2014 at 06:26 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/58803031

Listed below are links to weblogs that reference ブックジャングル 石持浅海:

« 温かな手 石持浅海 | Main | ようこそ授賞式の夕べに 大崎梢 »