« 人柱はミイラと出会う 石持浅海 | Main | ブックジャングル 石持浅海 »

温かな手 石持浅海

ホンソメワケベラ、もといニセクロスジギンボ
で、「ギンちゃん」。

「温かな手」 石持浅海


読了です。

大学の研究室に勤める畑寛子の同居人・ギンちゃんは
名探偵。サラリーマンの北西匠の同居人・ムーちゃんも
名探偵。
人間離れした二人は、彼らが遭遇した殺人事件や騒動を、
鮮やかに解き明かす!

********************************************

題名と話の内容の違いに驚くことばかり。
なんていうか、設定(発想)が面白い石持浅海さん。

これなんか、異種交流の話ですからね~(;^^)。

寛子が勤める研究室で殺人が起きた。
いつも素晴らしいデータをまとめてくれる学生が殺された。
彼女はなぜか寛子の白衣を身にまとっており、
寛子が疑われる羽目に。

ところが帰りが遅いのを迎えに来たギンちゃんは
現場を一目みるなり、犯人を当ててしまった!
飛躍しすぎた感のあるその推理に全員衝撃を受ける・・・。

とにかく眼の付け所がなんか違う。
「え?そこ?」って思うところに眼が行って、
他の人がウンウンうなっているところで真実を見抜く・・。
聞いてみると「なるほど」と思うんだけど、
そこからその結論、って・・・って。

さて冒頭の「ホンソメワケベラ、もといニセクロスジギンボ」、
どんな魚か、ってググってもらえると分かります。
そして、もう1人の「ムーチャン」。

こちらは「C.L.ムーア」作の
大宇宙の魔女―ノースウェスト・スミス (ハヤカワ文庫 SF 36)
のイメージから取った名前なんだそうです。
こちらの本は未読なんですよね。
機会があったらその内読んでみたいと思います。

この本もお勧めです♪ 人を小ばかにしているようで、
温かさを感じる作品です。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 人柱はミイラと出会う 石持浅海 | Main | ブックジャングル 石持浅海 »

書籍☆☆☆」カテゴリの記事

Comments

目の付けどころが違う人ってnanamamaの周りではあまりいないので、そういう人にあってみたいです。

Posted by: nanamama | January 30, 2014 at 11:18 PM

異種交流 なかなかないです。

Posted by: オサムシ | January 30, 2014 at 06:49 AM

目の付けどころの違う人の意見っておもしろいから好きです。

Posted by: mahalobunny | January 30, 2014 at 06:38 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/58775012

Listed below are links to weblogs that reference 温かな手 石持浅海:

« 人柱はミイラと出会う 石持浅海 | Main | ブックジャングル 石持浅海 »