« スタッキング可能 松田青子 | Main | 館シリーズ1 綾辻行人 »

限界集落株式会社 黒野伸一

自分たちはいずれ居なくなるが、
この村と畑は残って欲しい-

限界集落株式会社 黒野伸一


読了です。

「限界集落」、「市町村合併」、「食糧危機」、
「ワーキングプア」、「格差社会」などなど・・・。
日本に山積する様々な問題を一掃する、前代未聞!
逆転満塁ホームランの地域活性エンタテインメント!!

起業のためにIT企業を辞めた多岐川優が、
人生の休息で訪れた故郷は、限界集落と言われる
過疎・高齢化のため社会的な共同生活の維持が
困難な土地だった。

優は、村の人たちと交流するうちに、集落の農業経営を
担うことになる。現代の農業や地方集落が抱える
様々な課題、抵抗勢力と格闘し、限界集落を
再生しようとするのだが……。

*****************************************

本屋さんで「文庫化!」と平台積みされており、
帯には「どんとこい!TPP!」の文字・・・。
なんとなく覚えていて、借りてみました。

限界集落(げんかいしゅうらく)とは、
過疎化などで人口の50%以上が65歳以上の高齢者に
なって冠婚葬祭など社会的共同生活の維持が
困難になっている集落を指す、日本における概念。

と、wikiにあります。うちの集落はどうなんだろ??
人口分布、詳細は不明ですが(;^^)、
そもそも、集落内の人数が少ないし、年寄りしか目につかん。
うん、「限界集落」と言って良いかも(;^^)。

田舎、なんですが、なまじ、駅(街中)から近いし、
部落の中を通る県道は抜け道として使う人も多い。

でも住民はどんどん減ってる、んですよね。
小学校がね、集団登校なんですよ。
これは私が小学生だった頃から、ずっと続いている事。
ただ、その人数がね、どんどん減ってる・・・。

私の頃は10人前後いたはずなんですよね。
それが、毎朝4,5人位しか見かけない・・・。
う~ん、少ないな、ってね。

高齢化による村の老化、はかなり大変。
ゲートボールも人が集まらなくなった、とか(;^^)。
しかもこの本に出てくる村ほど、農業が盛んな訳でなく、
「良いなぁ、こういう場所」って、ってホント思いました。

ある意味、サクセスストーリーですし、途中で波がある、
のもお約束ですが、発想が珍しく、面白かったです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« スタッキング可能 松田青子 | Main | 館シリーズ1 綾辻行人 »

書籍☆☆」カテゴリの記事

Comments

駅から近いのはいいですよね(^-^)

Posted by: セイレーン | January 22, 2014 at 06:19 PM

nanamamaもnanagonも集団登校でした。
nanapapaはどうなんだろう?
小学校と中学校が一緒で高校はよそへ出てかないといけないところだから登校も大変だったみたいな話は聞いたことがあります。
それに最寄りの駅まで車でも20分位は軽くかかるところだから井の中の蛙状態なところです。

Posted by: nanamama | January 20, 2014 at 01:20 PM

私は集団登校ではなかったのですが、
今や集団登校の方が多いのでしょうね。

Posted by: オサムシ | January 20, 2014 at 06:51 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/58601448

Listed below are links to weblogs that reference 限界集落株式会社 黒野伸一:

« スタッキング可能 松田青子 | Main | 館シリーズ1 綾辻行人 »