« 限界集落株式会社 黒野伸一 | Main | 館シリーズ2 綾辻行人 »

館シリーズ1 綾辻行人

mahalobunnyさんのblogで拝見し、
「じゃぁ最初から順番に読んでみるか」と
図書館で順番に借りてきた、こちら。

館シリーズ 綾辻行人


読了です。
◆十角館の殺人(1987年9月初出)
  無人島・学生7人・そして誰もいなくなった
◆水車館の殺人(1988年2月初出)
  塔・藤沼一成・色盲
◆迷路館の殺人(1988年9月初出)
  地下迷路・小説家・鹿谷門実デビュー
◆人形館の殺人(1989年4月初出)
  京都・マネキン・アンフェア
◆時計館の殺人(1991年9月初出)
  江南再び・古峨倫典・七色の虹

冊数が多いので、三題話風に書かせて頂きました。

いやぁ~好きだよ、うん(^o^)。
正統派推理小説、ですね~。

初出↑を見ればかなり古いんですが、そこは気になる
ほどのものではなく(その時代を全部知ってるしね)、
いやぁ楽しめました。

さすがにこれだけ古いと図書館で【一気借り】、が
できて、読了までの間、ど~~~っぷりと
浸かることができました(^o^)。

実は主人公の「島田潔」、最初はイマイチだった。
あまり好きなキャラじゃないし、なんか口煩いと言うか
でしゃばりと言うか・・・(;^^)。
どう見ても「頭が良さそう」には思えない。

そんな彼がシャキシャキと謎解きをしていくのは
すっきりしますが、かなり突き放した感じもあり・・・。
作者本人が言ってましたが、シリーズ化するなら
もう少し名前とか考えたのになぁ、と(;^^)。
うん、そう思う。

文体は読みずらくないし、逆にサクサク読めるので
謎解きはラストのクライマックスで、と思っている方は
伏線も全てすっ飛ばして、楽しんでください(^o^)。

私はあまり読み込まない(mapを作ったりメモしたりしない)
ので、一気に読んでほわぁ~、って浸るのが好きです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 限界集落株式会社 黒野伸一 | Main | 館シリーズ2 綾辻行人 »

書籍☆☆☆」カテゴリの記事

Comments

見事に並びましたね。
好きな本を一気に読むって
気持ちが良いでしょうね。
私は好きな所を歩く方が気持ちいいけどね。

Posted by: ジャランこ | January 21, 2014 at 09:40 PM

ここら辺までは読めるんですよね。
この後の暗黒館の殺人とかになると、
読み進めるのが辛い(^_^;)
また、この頃の綾辻さんに戻ってくれないかなぁ。

Posted by: butaneko | January 21, 2014 at 07:05 PM

えっ!?推理小説を読むのにマップとかメモとかする人がいるんですね。
そっちの方が驚きました。
でも、読み込む人とかってそうなのかも。
nanamamaは頭ん中で想像しながら読むのが好きだなぁ~

Posted by: nanamama | January 21, 2014 at 01:02 PM

いっぱいありますね。

Posted by: オサムシ | January 21, 2014 at 06:51 AM

うわっ!全部借りられたんですね。いいなぁ〜♪
私は、迷路と水車は未読です。そのうち・・・。
本当に正当派推理小説って感じで、「推理小説読みたい!」って時にいいですよね。

Posted by: mahalobunny | January 21, 2014 at 06:04 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/58733992

Listed below are links to weblogs that reference 館シリーズ1 綾辻行人:

« 限界集落株式会社 黒野伸一 | Main | 館シリーズ2 綾辻行人 »