« ハワイ旅行記1310 会計報告 | Main | 清須会議 三谷幸喜 »

ツナグ 辻村深月

使者と呼ばれる人間が窓口になって、
依頼人の依頼を受けて、会いたい死者に
交渉するんだ。
会うつもりがあるかどうか、気持ちを確認して、
承諾が得られれば、その人に会うことができる

ツナグ 辻村深月


読了です。

突然死したアイドルが心の支えだったOL、
年老いた母に癌告知出来なかった頑固な息子、
親友に抱いた嫉妬心に苛まれる女子高生、
失踪した婚約者を待ち続ける会社員……

ツナグの仲介のもと再会した生者と死者。
それぞれの想いをかかえた一夜の邂逅は、
何をもたらすのだろうか・・・?
**********************************

映画を観たのが2012年12月
「そのうち、本も読んでみます」と書いて1年弱。
ようやく読めました。

映画とほぼ同じ展開で進みます。
かなり原作に忠実に作ったんですね。

ただ映画では3人だった依頼人が原作では4人。
最初の依頼人は結構最後に関わってくるのに
いさぎよく削ったものですね~。

映画ではちょっと分からなかった部分が本だと
分かったりするので、よかったです。
でも、映画で泣いてしまったものだから、
「感情を解放」しちゃったから、記憶が残ってない・・・。
1年経ってないのにこの体たらく。イカンです、な。

作品中に「卵焼きおにぎり」ってのが出てくるの。
ふつうの家は海苔で巻くおにぎり。
これをふりかけを混ぜて握ったご飯を、
小麦粉と溶いた卵につけて、一面ずつフライパンで
焼いて固める。
そうすると、表面が卵で黄色くコーティングされた
おにぎりができる、と。

おいしそぉ~。やったことなかったなぁ。
今度やってみよっと♪

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« ハワイ旅行記1310 会計報告 | Main | 清須会議 三谷幸喜 »

書籍☆☆☆」カテゴリの記事

Comments

感情を解放しなくても、記憶に残らない私。
テレビのCMを見すぎて、ちょっとお腹いっぱいな感じだったけど
今なら、映画も見たいなあ。

卵焼きおにぎり、食べたら感想聞かせてね。

Posted by: ジャランこ | December 07, 2013 at 09:15 PM

卵焼きおにぎり、どこかで見たことがあります。

今nanamamaは柳広司作「ジョーカー・ゲーム」が読んでみたいです。

Posted by: nanamama | December 07, 2013 at 09:14 PM

そのうち、本も読んでみますと言って
日時たっても実際読まれるのがすごいです。

Posted by: オサムシ | December 07, 2013 at 07:55 AM

卵焼きおにぎり美味しそうですね。
ちょっとひと手間だけど・・・笑!

Posted by: mahalobunny | December 07, 2013 at 05:27 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/58297341

Listed below are links to weblogs that reference ツナグ 辻村深月:

« ハワイ旅行記1310 会計報告 | Main | 清須会議 三谷幸喜 »