« 先生と僕 坂木司 | Main | 竹内真 図書室のキリギリス »

大きな音が聞こえるか 坂木司

一人旅って、ある種の人にとっては大切な経験なのよ。
したがらない人にとってはさほど重要じゃない。
問題はしたくなっちゃった人の方なの。

今現在、やらなきゃいけない事があるのに、
それでも何かがしたい。取り上げられると
全力で抵抗する。それのためならどんなくだらない
努力だってする。
それが旅に向かう人だっていること、分かるかな??

「大きな音が聞こえるか」 坂木司

読了です。

八田泳、高校一年生。そこそこ裕福でいわゆる
幸せな家庭の息子。帰宅部。
唯一の趣味はサーフィン。
凪のように平坦な生活に自分を持て余している。
だがそんな矢先、泳は製薬会社に勤める叔父が
ブラジル奥地へ行くと知らされた。
さらにアマゾン川の逆流現象=ポロロッカで波に乗れる
という情報を聞いて―
小さな一滴が大きな波紋を生んでいく、等身大の成長物語
********************************************

さー。ざー。ざーっ。ざざー。
ざざざざざ。どどどどど。
ががががが。ごうんごうんごうん。
がしゃがしゃがしゃ。どかんどかんどかん。ざんざんざん。

茶色の波が3m位の高さで迫ってくる。
その波頭がトップで砕けて一気に崩れ落ちる。
波が川の両岸を削り取っている・・・。

本を読んでいて情景が目に浮かぶ事は多々あります。
ブラジルはアマゾンの奥地、なんて見たことないけど、
くっきりと浮かびましたね。

川を逆流する現象(=ポロロッカ)、聞いたことあります。
それ程気にも留めずにいましたが、この本を読んで
主人公の泳(えい)同様、凪の心が徐々に揺さぶられて、
一気に盛り上がっちゃいましたよ。

これ結構厚いんです。
それに「和菓子のアン」とかと違って多少読みづらい。
でもそれが、高校生の泳(えい)の気分を表していて、
徐々に目的が1つになっていくにつれ夢中になって・・
ってね(^o^)。

まぁとにかく四の五の言わずに見てみて~。


日産でこんなTVCM、そういえば覚えが・・・(;^^)
ロングライド、は非常に体力を消耗します。

スノーボードで恐縮なんですが、長い距離を滑る、って結構大変。
身体に変な力が入っているとその分疲れるし、足腰や膝の
柔らかさなどにも影響してくる。
「バランス」が大事なんですよね。

東北のスキー場とかは結構この長い距離が滑られるんです。
「アルツ磐梯」とか好きだったなぁ~。
上から下まで1本、途中で止まることなく、滑りおりるのって
メチャ快感でした~!!(^o^)。
ただこれを数本やると、死人、になりますけど(;^^)。

運動しない方は旅物語として&青春物語として、
運動する方はそっち物語として、(; ̄ー ̄)...ン?
ぜひ読んでみてください~。

さて、これにて「坂木司」氏の全刊行作品読了!
好きなのは
 ◆大きな音が聞こえるか
 ◆ひきこもり探偵シリーズ
 ◆ホリデー&ホリデー   ですかね。
でも全部お勧めですよ♪

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 先生と僕 坂木司 | Main | 竹内真 図書室のキリギリス »

書籍☆☆☆」カテゴリの記事

Comments

最近は娘と二人旅が楽になってしまって
一人旅してないなあ~
でも一人で旅に出たくなることあります。

サーフィンとかスノボーはできないので
旅物語として読みたいです。

Posted by: ジャランこ | December 20, 2013 at 10:34 PM

結局年末年始に読む本決められてないです。
nanagonの学校に「ひきこもり探偵シリーズ」あるかなぁ~

Posted by: nanamama | December 20, 2013 at 10:31 AM

最近は一人旅ばかりです。

Posted by: オサムシ | December 20, 2013 at 06:57 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/58428980

Listed below are links to weblogs that reference 大きな音が聞こえるか 坂木司:

« 先生と僕 坂木司 | Main | 竹内真 図書室のキリギリス »