« ハワイ旅行記1310 EAST HONOLULU CLOTHING | Main | 水上音楽堂の冒険/船上にて 若竹七海 »

大密室 アンソロジー

密室とは・・・
密閉された部屋のことである。
密閉と言っても空気を遮断しているという意味ではなく
(その場合には気密室などと言う)、
外部から人が侵入出来ないという意味である。
ただし、出入口がないわけではない。

「大密室 アンソロジー」

読了です。

有栖川 有栖/ 壺中庵殺人事件
恩田陸/ ある映画の記憶
北森鴻/ 不帰屋(かえらずのや)
倉知淳/ 揃いすぎ
西沢保彦/ 怪獣は密室に踊る
貫井徳郎/ ミハスの落日
法月綸太郎/ 使用中
山口雅也/ 人形の館の館

7人の手練れ(テダレ)による密室アンソロジー!
*******************************************

いやぁ、これはアンソロジーとは言え、時間かかった。
密室=推理もの、はじっくり読まないと、という事で
結構持ち歩く羽目になりました(;^^)。

「昔流行ったよね~」って言う感じが最近たまらない。
そういえばあの頃、競うように読んでたよなぁ、と。
懐古趣味、って訳じゃないですが、
その頃に抜け落ちていた作品、結構ありますね。

今回の作品は好きな作家さんが半分、って感じ。
ってか、中には「これ密室ぢゃねぇよ」と言うような(;^^)
微妙な作品があったり・・・。

そして、「北森鴻/ 不帰屋(かえらずのや)」。
これは、今まで紹介した「香菜里屋」シリーズや、
「冬狐堂」シリーズではない「蓮丈那智」シリーズです。
あ、このシリーズも読まないとなぁ~。

シリーズものはあちこちの図書館に散らばっているので
借りるのが一苦労なんです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« ハワイ旅行記1310 EAST HONOLULU CLOTHING | Main | 水上音楽堂の冒険/船上にて 若竹七海 »

書籍☆☆」カテゴリの記事

Comments

私は恩田さんしか知りません(*^-^*)

Posted by: セイレーン | November 30, 2013 at 08:39 PM

nanagonは今赤川次郎にはまっています。
nanamamaも30年くらい前にはまりまはた。
懐かしく、また読みたいなぁ~と思っています。

Posted by: nanamama | November 29, 2013 at 08:51 PM

いろんな作家さんが入っている本って楽しいですよね。
でも・・・なかなかこちらの図書館とかでは見ないです・・・残念。

Posted by: mahalobunny | November 29, 2013 at 11:15 AM

有栖川 有栖 しか名前 知らないです。

Posted by: オサムシ | November 29, 2013 at 06:42 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/58246609

Listed below are links to weblogs that reference 大密室 アンソロジー:

« ハワイ旅行記1310 EAST HONOLULU CLOTHING | Main | 水上音楽堂の冒険/船上にて 若竹七海 »