« 探偵今泉シリーズ 近藤史恵 | Main | 砂漠の悪魔 近藤史恵 »

南方署強行犯係シリーズ 近藤史恵

ひとりでいるのと、だれかといるのは、ちがうのです。
彼女と別れてもかなしくはありませんでした。
なぜなら、自分はこの先、彼女の中で生きていける、と
言う事を知っていたからです・・・。

南方署強行犯係 近藤史恵
◇狼の寓話
◇黄泉路の犬


読了です。

◇狼の寓話
大阪の南方署、刑事課に配属の會川圭司は
最初の現場でどじを踏んでしまった。
ヘタレな刑事は担当を外され、次に廻されたのが
夫が殺され、失踪した妻が疑われている殺人事件。
新しく組んだ相棒は黒岩という女刑事。
こちらもお荷物扱いのようだが…。

◇黄泉路の犬
東中島で強盗、家にいた姉妹に刃物をつきつけて脅し、
二万円を奪取。でも、それだけじゃない。
可愛がっていたチワワも攫われたという。
事件はそのままになったかと思われたが、
二ヶ月後、思わぬところから顔を出したのだった!
*********************************************

「狼」に「犬」と続くシリーズもの、ということで
借りてみました。
wikiで調べて借りてみたんですが・・・
う~ん、とね(;^^) って感じです。

あまりにもドジすぎるでしょ、って感じの新入りに
良く性格が分からない先輩女性刑事。
ハードボイルドタッチなイメージかと思いきや、
表紙絵がこれぢゃぁ・・・(;^^)ね。

新入りは兄貴と二人暮し、先輩は恋人と二人暮し。
で、兄貴が先輩にひとめぼれして、
先輩は恋人との相談を彼らにする・・・
面白い関係のまま進んでいきます。

疎ましがられてるけど、実力はある先輩刑事。
気付かない処に目をつけて解決に導きます。
が、2作目は・・・後味悪かったかな(;^^)

愛犬家には、と言うか人間全てしんどいと思う。
近藤さん、犬の話とか書いているなぁ、とは思ったけど
アンソロジーの短編から2作目、なので
ここでこういう話を書いているとは、ってビックリ。

ただ、あっさり&つるっと読める作品なので、
それほど時間をかけずにいけると思います。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 探偵今泉シリーズ 近藤史恵 | Main | 砂漠の悪魔 近藤史恵 »

書籍☆☆」カテゴリの記事

Comments

犬 一度 飼いたいです。

Posted by: オサムシ | October 25, 2013 at 06:47 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/58192943

Listed below are links to weblogs that reference 南方署強行犯係シリーズ 近藤史恵:

« 探偵今泉シリーズ 近藤史恵 | Main | 砂漠の悪魔 近藤史恵 »