« 『風立ちぬ』 | Main | 時鐘(とけい)館の殺人 今邑 彩 »

卍の殺人 今邑 彩

彼は結婚詐欺師でも女たらしでもなかった。
彼は私から何も奪わなかった。
ただ、何も与えてくれなかっただけだ。

男は内心ひやりとした。
あのとき、彼はあの女と一緒にこのまま
行ってしまったら、と本当に考えていたのだ。
それは脳裏をほんの一瞬よぎった考え

卍(まんじ)の殺人 今邑彩

【送料無料】卍の殺人 [ 今邑彩 ]

【送料無料】卍の殺人 [ 今邑彩 ]
価格:680円(税込、送料込)


読了です。

一人の老婆とその双子の娘を頂点にした一族。
卍をかたどった屋敷に暮らすこの二つの家族は、
鏡に映った像のように互いに比べ合い、競い合っていた。

一方、競争から逃れ、上京していたこの家の養子の
恋人となった私。
結婚を反対され、養子縁組解消を申し渡された彼に伴われ、
この屋敷を訪れることになったのだが・・・。

美しいが邪悪な精神を持つ従妹、長い廊下一面に
はめ込まれたフランス窓、夜中に歩くというイタチの剥製―
そして当惑する私の目の前で殺人が・・・。
*****************************************

家の形が「卍(まんじ)」になってる、って・・・
さすが、1989年のミステリだわぁ~(^o^)。
色々な家の形のミステリを当時読みましたね~。

何せかの有名な「東野圭吾氏」でさえ、
「回廊邸殺人事件」なんてのも発表してるし~。

懐かしさ、を感じますよ、はい。
昔読んだミステリと同じ匂いがプンプン。
密室殺人、とかトリックとか使い古された感があるけど
なんかそういうのに「良いわぁ~(*'▽'*)♪」って思う。
やば、やっぱ歳取ったな(;^^)。

で、これは男女の愛憎劇も根底にあり、
冒頭の文章が結構怖く感じますわ~。

結構最後の方まで設定が凝っていたので、
最後「あれ、終わっちゃうの??」と悲しくなる位。
もう少し、全て明らかになって終わって欲しい、と
思っちゃう位。
でもまぁこれ位の謎がある方が良いのかな?
記憶に残りますよね。

単行本にしては珍しい「上下2段組」の本。
おかげで読み応えもあって楽しめましたわ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

気付いたら10月ですね。
2013年もあと2ヶ月。今年は結構良い年になるかな?
って思ってた2012年末。
気付いたらどうなることもなく終りかけてますわ・・・。

|

« 『風立ちぬ』 | Main | 時鐘(とけい)館の殺人 今邑 彩 »

書籍☆☆」カテゴリの記事

Comments

家の形が卍だと 自分だけの庭ができる・・とか
でも日陰になっちゃって花を育てるのは難しいですね。

Posted by: セイレーン | October 02, 2013 at 09:54 PM

記憶に残る本いいですね。
最近nanamamaの記憶に残る本ないなぁ~

Posted by: nanamama | October 01, 2013 at 09:57 PM

綾辻行人の館シリーズとかどうですか?笑!
最近いくつか読みました。
ザ・推理小説って感じ。

Posted by: mahalobunny | October 01, 2013 at 07:31 PM

家の形が「卍(まんじ)」とはすごいですね。

Posted by: オサムシ | October 01, 2013 at 06:46 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/57915781

Listed below are links to weblogs that reference 卍の殺人 今邑 彩:

« 『風立ちぬ』 | Main | 時鐘(とけい)館の殺人 今邑 彩 »