« シンデレラ・ティース 坂木 司 | Main | 猫は知っていた 仁木悦子 »

静おばあちゃんにおまかせ 中山七里

皆様にお知らせです。ほんゆ~ことtakoingは・・・

201310b

どす(;^^)。
皆様のところへは当分お伺いできません。
申し訳ございませぬ・・・<(_ _)>。
ただ、記事は更新継続中~。

**********************************************

「正義と言うのはね、困っている人を助けること、
飢えている人に自分のパンを分け与えること。
正義の定義なんてそれで充分」

「静おばあちゃんにおまかせ 中山七里」


読了です。

警視庁捜査一課の葛城公彦。
法曹界を目指す女子大生の高円寺円(まどか)。

円はかつてある事件の関係者で、葛城は彼女の
的確な洞察力から事件を解決に導いたことがあった。

円は中学生時代に両親を交通事故で亡くし、
元裁判官だった祖母の静とふたり暮らしをしている。
静はいつも円相手に法律談義や社会の正義と矛盾を
説いており、円の葛城へのアドバイスも実は静の推理
だったのだ・・・。

「静おばあちゃんの知恵」
「静おばあちゃんの童心」
「静おばあちゃんの不信」
「静おばあちゃんの醜聞」
「静おばあちゃんの秘密」  の5編です。

******************************************
「岬洋介シリーズ」として紹介した「中山七里」さん。
他にも面白そうなのは・・・と物色して読みました。

表題にある
Grandma Shizuka knows best. とあるように
家にいながら謎を解決しちゃう静おばあちゃん、
カッコいいっすのぉ~。

検事として勤めてきただけに、理路整然と説く姿、
身内にいたら煙たく感じるかも(;^^)だけど、
決して真っ当だけじゃない、たまにちゃかしたり、
からかったり、と愛情込めて接してくれる・・・。

最近こういうばーちゃんもの、好きみたい(^o^)。
っていうか、まっすぐ生きてきた人を書いた作品が
好きなのかもしれない。

勢いで読ませるもの、最近の流行を書いたもの、
それはそれで面白いんだけど、なんかスピード感が
違うなぁ、って(年寄りクサイ考えですが;^^)。
こういうお話だと芯が1本あるから、ずれない、ぶれない。
そこが何となく良いのかも。

そしてAMAZONにあった「著者お約束のどんでん返し」
うんうん、確かに・・・(;^^)。
どうも本を読んでいると「疑う」という事を知らないようで
ついつい引っかかっちゃうんですよね(;^^)。

読み終わって「ε=Σ( ̄ )ホッ」として、ウルっときて、
ついつい読み直しちゃった位です(;^^)。

|

« シンデレラ・ティース 坂木 司 | Main | 猫は知っていた 仁木悦子 »

書籍☆☆☆」カテゴリの記事

Comments

世間一般のおばあちゃんのイメージと違いますね。
かっこいい。

Posted by: ジャランこ | October 16, 2013 at 08:51 PM

そろそろ帰国かな?
台風の影響が出ていませんように!!

Posted by: nanamama | October 16, 2013 at 11:45 AM

結構 長い 海外逃亡ですね。

Posted by: オサムシ | October 16, 2013 at 06:46 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/57998756

Listed below are links to weblogs that reference 静おばあちゃんにおまかせ 中山七里 :

« シンデレラ・ティース 坂木 司 | Main | 猫は知っていた 仁木悦子 »