« 女清掃員探偵 キリコシリーズ 近藤史恵 | Main | 南方署強行犯係シリーズ 近藤史恵 »

探偵今泉シリーズ 近藤史恵

自分の身体以上に人を好きになれば、
どこかに無理がくる。
自分の身体の範囲で相手を愛して、
時が来れば忘れていくこと、
それが人間にとって、一番自然な形なのだ。

世の中の出来事は全て愛が絡んでくる・・・
「探偵今泉シリーズ 近藤史恵」


読了です。

***************************************
ねむりねずみ(1994年7月 東京創元社)
ガーデン(1996年2月 東京創元社)
散りしかたみに(1998年3月 角川書店)
桜姫(2002年1月 角川書店)
二人道成寺(2004年3月 文藝春秋)

探偵今泉シリーズ、と題させて頂きましたが、
舞台は「梨園」、そう歌舞伎の世界です。

歌舞伎なんて、と思いつつ、最近梨園絡みの
Newsが多く、「どんな世界なんだろ?」
「歌舞伎ってどんなん?」って興味がわいてきて。

この歌舞伎の世界でそろそろ人間国宝になろうか、
という女形、「瀬川菊花」師匠の下、研鑽の日々を
重ねる「小菊」。
その小菊と同窓の今泉、そのアシスタントの山下少年が
愛の絡んだ事件を解決していきます。

ただ「ガーデン」ってのは初期に書かれた作品で
これだけは毛色が違います。
歌舞伎は一切出てこないし、山下少年との
馴れ初めなんかも救いようがない(;^^)感じ。

歌舞伎ってホントわからないんですよね~(;^^)
日本の古典芸能、と言われており、高校の頃などは
「芸術鑑賞会」などで見に行ったりした覚えはありますが、
何の演目だったか?一切記憶なし~。

なお、作品中で演じられる歌舞伎の演目はこんな感じ。
源平布引滝/絵本太閤記/仮名手本忠臣蔵/鏡獅子
/怪談乳房榎/伽羅先代萩/摂州合邦辻/二人道成寺
興味のある方は読前後に映像を観てみるのも良いかも。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 女清掃員探偵 キリコシリーズ 近藤史恵 | Main | 南方署強行犯係シリーズ 近藤史恵 »

書籍☆☆☆」カテゴリの記事

Comments

歌舞伎は昔 新聞の勧誘の人が券をくれて見に行くものでした
歌舞伎は座席でお弁当を食べてもいいんだよと言われましたが
新しくなった今の歌舞伎座はどうなのかなー

Posted by: セイレーン | October 25, 2013 at 07:53 AM

狂言は何度か見ていますが、
歌舞伎は見たことがないかも。

たしかに最近、梨園絡みのニュース多いですよね。

「怪談乳房榎」ウォーキングしているとその舞台のお寺へ行くことがあるので
興味あります。

Posted by: ジャランこ | October 24, 2013 at 09:53 PM

歌舞伎 現場で見たことないです。

Posted by: オサムシ | October 24, 2013 at 06:56 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/58155508

Listed below are links to weblogs that reference 探偵今泉シリーズ 近藤史恵:

« 女清掃員探偵 キリコシリーズ 近藤史恵 | Main | 南方署強行犯係シリーズ 近藤史恵 »