« 猫弁と指輪物語 猫弁3 大山 淳子 | Main | フロム・ミー・トゥ・ユー 東京バンドワゴン8 小路 幸也 »

ミステリー傑作選48&51 殺人の教室&犯人たちの部屋

最近「アンソロジー」にちょっとはまり中。
色々な作家さんの作品が読めて、
新しい作家さんにも出会えたり、とおいしいので。

殺人の教室 ミステリー傑作選 48
犯人たちの部屋 ミステリー傑作選 51

読了です。

殺人の教室 ミステリー傑作選 48
「なけなし三昧」――宮部みゆき
「いてもたっても」――奥田英朗
「チルドレン」――伊坂幸太郎
「緋友禅」――北森鴻
「縊心伝心」――法月綸太郎
「犬 Dog」――乙一
「バルーン・タウンの手毬唄」――松尾由美
「鏡の家のアリス」――加納朋子
「犬も歩けば」――笹本稜平
「見えない悪意」――緑川聖司

犯人たちの部屋 ミステリー傑作選 51
「ラストドロー」――石田衣良
「蕩尽に関する一考察」――有栖川有栖
「招霊(「妹のいた部屋」改題)――井上夢人
「盗まれた手紙」――法月綸太郎
「瑠璃の契り」――北森鴻
「死者恋」――朱川湊人
「絵の中で溺れた男」――柄刀一
「走る目覚まし時計の問題」―松尾由美
「神国崩壊」――獅子宮敏彦
「Y駅発深夜バス」――青木知己


最初の3品は既読、でした_| ̄|○
良く中身確認して借りろよ、って感じで(;^^)。

でもそれ以外は馴染みの方もお初の方も、
色々な作品が堪能できました~。
グロイのとかもあったけどね(;^^)

好きだな、と思ったのは「緋友禅」「瑠璃の契り」
の北森鴻氏。
画廊を持たない古美術品のバイヤーを旗師と言う。
凄腕の目利きと評判の「冬狐堂  陶子」が
ある画廊で衝撃の作品を見つけ足を止める。

「緋色」を制圧した三十点余りのタペストリーを
120万の現金一括で買い取ったが、
いつまで経っても作品は届かず、住居を探して
訪ねていくと・・・。
この方の文章は結構好きでしたわ。

この「冬狐堂」はシリーズになっているそうで、
狐罠(1997年5月 講談社)
狐闇(2002年5月 講談社)
緋友禅(2003年1月 文藝春秋)
瑠璃の契り(2005年1月 文藝春秋)  となってます。
ちょっと読んでみようかな、と思ってます♪

後は「犬も歩けば」笹本稜平、「見えない悪意」緑川聖司
「招霊」井上夢人、「死者恋」朱川湊人
「走る目覚まし時計の問題」松尾由美、なども

結構面白かった。

こうやって知った作家さんの本を探してみようと
思ってます。知らない名前が多いけど(;^^)。
又アンソロジーは短編集なので、通勤時に
適当に区切って読める、のが良いですね。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 猫弁と指輪物語 猫弁3 大山 淳子 | Main | フロム・ミー・トゥ・ユー 東京バンドワゴン8 小路 幸也 »

書籍☆☆」カテゴリの記事

Comments

殺人とタイトルにあるということは殺人なんですよねー なんか今はそういう気分でもないかなー。

Posted by: セイレーン | September 07, 2013 at 10:59 PM

あはは、takoingさん、既読が含まれていたのですね。
アンソロジー、読むのが遅いくせに消化不良な気がして
あまり得意ではないです。

Posted by: ジャランこ | September 07, 2013 at 12:04 AM

知らない作家さんが多かったです。
nanamama的には、目次に「グロイ」とかマークつけて欲しいかも。

Posted by: nanamama | September 06, 2013 at 04:51 PM

いろいろ あるんですね。

Posted by: オサムシ | September 06, 2013 at 06:51 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/57798938

Listed below are links to weblogs that reference ミステリー傑作選48&51 殺人の教室&犯人たちの部屋:

« 猫弁と指輪物語 猫弁3 大山 淳子 | Main | フロム・ミー・トゥ・ユー 東京バンドワゴン8 小路 幸也 »