« ミステリー傑作選48&51 殺人の教室&犯人たちの部屋 | Main | 4TEEN 石田 衣良 »

フロム・ミー・トゥ・ユー 東京バンドワゴン8 小路 幸也

「お寺のたくさんあるあたり」で、あるいは
「夏目漱石や森鴎外の影を偲ぶ辺り」にある
築70年を越える木造家屋の1Fに
「古本屋 バンドワゴン」があります。

以前、こちらの本を一気に紹介しましたっけ。
その最新作(2013.06時点)が出ました。
「フロム・ミー・トゥ・ユー 東京バンドワゴン8 小路 幸也」


読了です。

堀田家随一のイケメン、青の出生の秘密とは?
(「紺に交われば青くなる」)、
藤島社長と堀田家の初めての出会いとは?
(「縁もたけなわ味なもの」)、
地味な紺が、亜美を射止めたきっかけは?
(「愛の花咲くこともある」)。
老舗古書店「東京バンドワゴン」に舞い込む謎を、
大家族の堀田家があふれる人情で解決する
人気シリーズ第8弾、番外編。
書き下ろし3編を含む全11編。
******************************************

話が何か進むのか??と期待してたんですが、残念。
今回は番外編でした。

孫までいる我南人と奥さんの出会いの話、から
80歳を越えた勘一さんの若い頃の話、
研人くんのおとぼけな話、などなど。
ホコホコ心が温かくなってくるお話ばかり、です。

いつもこの本は、数年前に亡くなられた大ばあちゃん
(勘一の妻)の「語り」から始まるんですよね。
それがなかったので「ちょっと淋しい」と思ったら、
最後に大ばあちゃんの存在感ドカ~ンのお話が。

前回の時にも書いたんですが、
「あの頃、たくさんの涙と笑いをお茶の間に届けてくれた
テレビドラマへ。」というキャッチコピー。

正にその通り!な作品です。
しっかし、彼らのご飯風景、と言うのは良いですね~。
例えば朝ごはん
トーストの場合、手作りのジャムに卵は目玉焼き、
ベーコンを一緒に焼いて、サラダは昨夜作り置きした
マカロニサラダにレタスにトマト。
玉ねぎ&じゃがいも&ニンジン&キャベツの入った
ミネストローネスープを作り、珈琲と牛乳。

あ、でもトーストは一度に4枚しか焼けないので、
皆順番待ち(;^^)。
この本を読むと、皆でワイワイおいしいものを食べる、
ってホント良いなぁ、って思います。
お腹空いてきちゃった・・・(;^^)。

そうそう、こちらのシリーズ、ドラマ化されるそうです。
2013年10月秋ドラマ 日本テレビで 毎週土曜日21:00~。
誰が誰を演じるのか、発表もされているそうですが
どうだろう?? 多分観る、かな♪(^o^)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« ミステリー傑作選48&51 殺人の教室&犯人たちの部屋 | Main | 4TEEN 石田 衣良 »

書籍☆☆」カテゴリの記事

Comments

ポテトサラダは食べるけれどマカロニサラダって食べなくなりました。

Posted by: セイレーン | September 08, 2013 at 09:30 PM

朝食風景・・・
もりぞの家とは大違い
朝はぼ~~~っとしてほとんど食べられないもりぞと
朝は新聞から目が離せない旦那・・・
なので朝食は簡単に1品で済む
おにぎり・パンケーキ・肉まんETC
子供たちがいなくなってからは更にひどく
ジュースとか果物・ゼリーなど
もはや料理らしきものも食べない朝食です・・・

Posted by: もりぞ | September 08, 2013 at 12:53 AM

朝食のメニュー聞いて、我が家はそんなに用意できないなぁ~と。
特にスープは無理だわ。
毎日お弁当作りと並行しているのがまずだめなんだろうね。
もっと早く起きて色々準備すればいいのに、なかなか早く起きられないnanamamaです。

Posted by: nanamama | September 07, 2013 at 08:55 PM

ドラマ化されるのですか。
それでもたぶん見ないと思いますが。

Posted by: オサムシ | September 07, 2013 at 08:34 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/57806110

Listed below are links to weblogs that reference フロム・ミー・トゥ・ユー 東京バンドワゴン8 小路 幸也:

« ミステリー傑作選48&51 殺人の教室&犯人たちの部屋 | Main | 4TEEN 石田 衣良 »