« 2020年夏期オリンピックの東京開催決定についての一考察 | Main | 学校では教えてくれない日本語の秘密 土屋秀宇 »

全国アホ・バカ分布考-はるかなる言葉の旅路 松本 修

昨日の記事に対し、コメントありがとうございます。
9日(月)のネットは騒がしかったですね。
20130909


おいおい、「事実上否定」しちゃうんかい(;^^)。
聖火リレーも東北を巡るそうですので、ぜひぜひ
皆様に海沿いを南下してきて頂きたいですね(^_-)-☆。
そして、東京。4088億円もあるんだって~。
そのお金の一部でぜひ、東京湾に原発作りましょ。
・・・・・・・( ̄  ̄) しらぁ~

**********************************************

「帰っていく人達のカッコウを見てください。
来る時は下向いてこそこそ来たけども、
今はみんな、胸張ってえばって行くよ~。」

まさかこの本で心動くとは・・・の
全国アホ・バカ分布考-はるかなる言葉の旅路 松本 修


読了です。

大阪はアホ。東京はバカ。境界線はどこ?
人気TV番組に寄せられた小さな疑問が
全ての発端だった。

調査を経るうち、境界という問題を越え、
全国のアホ・バカ表現の分布調査という
壮大な試みへと発展。

各市町村へのローラー作戦、古辞書類の渉猟、
そして思索。ホンズナス、ホウケ、ダラ、ダボ…。
それらの分布は一体何を意味するのか??

*******************************************

nanamamaさんが
>そうそう、今かなり気になっている本があります。
> 「全国アホ・バカ分布考-はるかなる言葉の旅路」という
>本で、どこかで借りれないか探しているところです。

とコメントいただいて、「へぇ、面白そう」と図書館検索したら
すぐ借りられました・・・((^┰^))ゞ テヘヘ。
ところが、これが読み終えるのに【かなり】の時間を
要しました・・・_| ̄|○

これ、言語学の領域ですよぉ~(;^^)。
もうちょっと違う感じかと思ってました。
でもそうよね、やるならば徹底しなくては・・・と。
しかし、「知の壁」はかなり、高かったです。

「探偵ナイト・スクープ」と言う番組へ寄せられた
「私は大阪生まれ、妻は東京出身。言い争うとき、
私は『アホ』と言い、妻は『バカ』と言います。
耳慣れない言葉でお互い大変傷つきます。
アホとバカ、この2つの間の言葉に境界線があるのでは?
調べてください」と言うハガキがきっかけでした。

確かに『アホ』って関東ではあまり言わない気が・・・。
相手に向かって言うならば「アホ」より「バカ」かなぁ。

で、そのハガキから調査を開始したら・・・
静岡までは「バカ」、ところが名古屋で「タワケ」が出た・・・(;^^)。
岐阜でも「タワケ」、滋賀・米原では「アホ」・・・
どうやら滋賀と岐阜の県境、関が原あたりにあるらしい。

番組1回目ではここまでしか放映しなかったそうですが、
ここで「バカとタワケの境界は?」
「西(広島)とか行くとどうなる?」
と新たな疑問がどんどんわいてきて・・・更に番組秘書が
「九州はバカ、ですね~」と言ったからもう大変。

つまり、「アホとバカの境界線」は東と西であるが、
西にも境界線がある、という事に?!

そこからが番組はすごかった(いや松本氏、がか?;^^)
全国の市町村、3千箇所以上にアンケート用紙を送付、
回収率約42%、と言う結果に。
その回答から得られたものは・・・

実は東北と九州では似たような言葉が使われていたり、
京都を中心として、同心円状に言葉が広がっていく様が
はっきりと見て取れた!

なんて話だけなら面白いんですが、それだけでこの
分厚さが埋まるわけもなく(;^^)
色々話が展開していくわけです。

私が住む千葉県にも方言はあります。
以前、記事でも書きましたけど。)
地方などでは「方言がキツイ」と言われる事があったりして
今は「標準語で」と言う風潮も強いですよね。
でも、実はこれらの言葉は京都から派生して、
長い年月をかけて地方へと広がっていった言葉、なんです。

冒頭の文章は、言葉にコンプレックスがあった、
東北地方でやって講演を聞きに来た聴衆をさして
言った言葉、なんです。

なんか最近「日本語」とか「歴史」とかって「古さ」に
興味を持ち始めています(^o^)。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 2020年夏期オリンピックの東京開催決定についての一考察 | Main | 学校では教えてくれない日本語の秘密 土屋秀宇 »

書籍☆☆☆」カテゴリの記事

Comments

これ読まれたのですね。
残念ながらこちらでは借りれなくて。

はい、名古屋は「タワケ」って言います。

今nanagonがタイトル「パズル」脚本が蒔田 光治, 林 壮太郎, 遠藤 彩見, 大野 敏哉, 進藤 良彦の本にはまっています。

なんでも「先生にイライラするんだよね」でも続きが気になると言ってます。

Posted by: nanamama | September 11, 2013 at 12:02 AM

アンケートは面白そうですね。答えた方々も興味を持って参加したのでしょうから^^

Posted by: セイレーン | September 10, 2013 at 10:38 PM

本は読んでないですが、
関西の人間ですので、
番組の方は見てました。
これ結構何度か番組内で
再放送ではないですが、
何度かやってました。

Posted by: オサムシ | September 10, 2013 at 06:52 AM

言葉って本当におもしろいですよね。
私は神戸出身で、小学校の時に関東に引っ越して「方言」でいじめられました・・・泣。
そのおかけで今では完璧バイリンガル! 笑!!
誰も関西出身だとはわからないそうです。
が・・・家族と話す時はもちろん神戸弁がでます。
関西弁と言っても神戸と大阪、京都などかなり違いがあるんですよ。

Posted by: mahalobunny | September 10, 2013 at 02:03 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/57826018

Listed below are links to weblogs that reference 全国アホ・バカ分布考-はるかなる言葉の旅路 松本 修:

« 2020年夏期オリンピックの東京開催決定についての一考察 | Main | 学校では教えてくれない日本語の秘密 土屋秀宇 »