« 『真夏の方程式』 | Main | カフーを待ちわびて 原田 マハ »

ダークルーム 近藤史恵

恋に悩み、仕事に悩み、そして人生に悩む女たち。
立ちはだかる現実に絶望し、窮地に立たされた
彼女たちが取った行動とは。
日常に潜む人間の狂気と、明かされる驚愕の真相・・・。

「ダークルーム 近藤史恵」

読了です。

**********************************************
8編の短編集なんですが、これが結構怖かった~。
表紙がね、階段の上、もれる光、その向こうには??
ってな感じのものなんである程度覚悟はしてた、
でもでもね、1作目の「マリアージュ」はちょっと悲しい話。

「なんだ、それほどでもないかな?」と思ってたら
2作目の「コワス」・・・目一杯こわかった_| ̄|○

その後は社会のどこにでもころがっていそうで、
でもこういう「悪意」とかにはなじみがないだけに
うん、変な気分(;^^)。

作品によっては10年以上前に書かれたものもあり、
作品のばらつきがちょっと気になります。
短編集、ってどうしても本にしにくいから、
あちこちで投稿されたのを集めるのに時間がかかるのかな。

だから中には「これはイマイチ」と思うものもありますが、
そこは短編、さらっと読んで次へいけちゃう気安さが良い。

結構前になるんだけど、「乃南 アサ」さんの本を
まとめて読んだ時があったんですよ。
ただ「女性のいやらしさ」とか「意地悪さ」をまざまざと
見せ付けられて、一部のシリーズを除き、
読むのをやめたんですよね。

この本を読んだ時、「乃南 アサ」さんに似てるな、
でも彼女のほど「煮詰まってないな」と(;^^)。
さらっと書くそこはかとない「悪意」。
これなら読めるぞ、うん。

あ、でも歳くったせいかな?
今なら乃南 アサさんの本も面白く感じるのかしら?

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 『真夏の方程式』 | Main | カフーを待ちわびて 原田 マハ »

書籍☆☆☆」カテゴリの記事

Comments

あ 珍しくtakoingさんに追いつきました。ちょうどこの本を借りてきたところです。でも忙しくて読む暇がなくて^^l

Posted by: セイレーン | August 01, 2013 at 11:07 PM

表紙が重々しく感じますね。
結局この夏バタバタしていて本がなかなか読めてません。

Posted by: nanamama | August 01, 2013 at 08:28 PM

ジブリ美術館はたしか10時・12時・14時・16時からの入場でその時間から以降の閉館までいても可能です。ですので、10時からの方がお得なだけですが、
人気のカフェ麦わら帽子に行くなら12時ではかなり
並ばないといけないからです。土日および平日の10時以外なら結構あいてますが、どちらにしても当日は無理ですべて事前予約です。

Posted by: オサムシ | August 01, 2013 at 06:36 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/57620676

Listed below are links to weblogs that reference ダークルーム 近藤史恵:

« 『真夏の方程式』 | Main | カフーを待ちわびて 原田 マハ »