« 思い出のとき修理します。 | Main | 千葉でモーニング(KOMEDA) »

解錠師 スティーヴ・ハミルトン

「カギのかかる部屋」でしたっけ?
嵐の大野くんのドラマ。
結構面白かったんだけどね~。
あ、原作読むの忘れてた・・・(;^^)。

解錠師(原題:The Lock Artist ) スティーヴ・ハミルトン


読了です。

八歳の時にある出来事から言葉を失ってしまったマイク。
だが彼には才能があった。
絵を描くこと、そしてどんな錠も開くことが出来る才能だ。

孤独な彼は錠前を友に成長する。
やがて高校生となったある日、ひょんなことから
プロの金庫破りの弟子となり、芸術的腕前を持つ
解錠師に……
非情な犯罪の世界に生きる少年の光と影
**************************************

このミステリーがすごい! 2013海外編第1位
週刊文春海外ミステリーベストテン海外部門第1位
のこの作品は
エドガー賞 長編賞を受賞しており、
その他各賞にもノミネートされたそうです(2011年)

気にはなってたんですよね~。本屋に並んでて。
それが図書館の棚に普通に並んでる。
う~ん、田舎って素晴らしい!

が、読んだらあまり面白くなかった・・・_| ̄|○
面白くなったのは後半残り1/3・・・。

8歳の時の「ある出来事」・・・
これがね~、厳しいっす。
そして、高校生の時の「ある出来事」・・・
色々な出来事が彼を非情な世界に送り込み、
彼はそこから抜け出せるのか??

そこを書くのに1/3もいらない、ってのが、ねぇ。
やれ、勿体無い(;^^)。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 思い出のとき修理します。 | Main | 千葉でモーニング(KOMEDA) »

書籍☆☆☆」カテゴリの記事

Comments

嵐にあまりnanagon共々興味がないのでドラマも見てないんですよね。


「ミリオンセラーガール」をやっと読み始めました。

Posted by: nanamama | July 15, 2013 at 11:20 PM

こんばんは。ただいま帰ってきました。不在中訪問いただきありがとうございます。最終日にまさかのハプニングが起き、どうなるかと思いましたが、なんとか帰ってこれました。詳細は後のブログにて☆

Posted by: オサムシ | July 15, 2013 at 09:26 PM

こちらが「カギのかかる部屋」の原作ですか?
娘が嵐ファンだったので(最近ちょっと過去形?)
見ていましたが、思ったより面白かったような気がします。
原作も読んでみたいですが、ドラマとは違っていそうですね。

Posted by: ジャランこ | July 15, 2013 at 12:26 PM

翻訳版は苦手です・・・。
日本語がよっぽと上手に書かれていないと、なかなか入り込めないです・・・。
原作の方が理解し易いでしょうね、きっと。

Posted by: mahalobunny | July 15, 2013 at 11:04 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/57525560

Listed below are links to weblogs that reference 解錠師 スティーヴ・ハミルトン :

« 思い出のとき修理します。 | Main | 千葉でモーニング(KOMEDA) »